長年の趣味であるオーディオを中心に,ジャズボーカルなどなどの音楽,読んだ本や日々の出来事についての雑感などを書いていきます。
長年の趣味であるオーディオを中心に,ジャズボーカルなどなどの音楽,読んだ本や日々の出来事についての雑感などを書いていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


コメントの投稿


秘密にする

カスタムモードとPLLモード

 日曜日にプライトロンのテストをしていたとき,あることを思いついた。今までDAC(インフラノイズDAC1)のクロックは「カスタムモード(DAC内部のクロック整形回路を通すもの)」だったが,「PLLモード」にしてみたのだ。今までと違い,ローゼンダールのクロックから良質なクロック信号がオーディオインターフェースを通じて流入するのだから,クロックを整形する「カスタムモード」の優位性が崩れるのではないかと感じたからだ。
 実際,PLLモードの方が少し良いようだ(これはプラセボ効果かもしれないので,またstill_crazyさんにも聞いてもらって確認してみたい。)。
スポンサーサイト


コメントの投稿


秘密にする
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。