長年の趣味であるオーディオを中心に,ジャズボーカルなどなどの音楽,読んだ本や日々の出来事についての雑感などを書いていきます。
長年の趣味であるオーディオを中心に,ジャズボーカルなどなどの音楽,読んだ本や日々の出来事についての雑感などを書いていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


コメントの投稿


秘密にする

リピート

CDをリピートしたまま聞くことが多い。嵌まると何度聞いても飽きない。何度も聞いているうちに、段々ディテールにピントが合ってくる。
聞いていて段々好きになってくるのが本物だと思う。
そのようにして最近お気に入りになったのが、erin mckeownだ。
最初にerin mckeownを知ったのは昨秋オフ会で伺ったWさん宅だった。
戯れる会やオフ会の効用の一つは、こういう自分では見つけられない盤を知る場であることだ。



リピートに耐えないCDは、棚に収まってしまって滅多にきかない。
そうやって考えていくと、こんなに多くのCDが要るのだろうかとも思う。

ところが、自分にはコレクター的なところもあって、ある歌手が好きになると、そのCD全部を集めたくなるのだ。
あと一枚とか二枚がなかなか手に入らない場合、執念が生まれる。
そしてようやくコンプリートした場合、手放し難くなる。
Meredith d'Anbrosio(メレディス・ダンブロージオ)などその口である。

私はジャケット写真につられてCDを買うことも多い。
ところが、残念ながら、良い写真のCDの歌手が、マンネリにならずに、良いCDを出し続けることは少ない。
同じ調子で同じような曲想の歌ばかり歌っていては、飽きるなといっても無理である。
しかし、Meredith d'Anbrosioのジャケットは、絵がほとんどである。
昔から活動しているので、今は本人は妙齢の女性だが、以前からジャッケット映えしないことを認識しているのだろう。
それでもMeredith d'Anbrosioを買ってしまったのは、決して上手いからではない(ヘタウマの範疇だろう。)。その素朴な飾らない声に惹かれたからだ。
有名な歌手とは言えないかもしれないが、手に入れて一度聞いてみてほしい。
一人でじっくり聞くと心に染み渡る。

今手に入るCDを下に並べておく。ここに掲げた以外は、結構高額になってしまっている。


どうもmono-monoさんのブログを見に行った後は、ついついスタイルを無意識に真似してしまうようだ。
それだけすぐれた文章だからだが。お許しください。




スポンサーサイト


コメントの投稿


秘密にする
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。