長年の趣味であるオーディオを中心に,ジャズボーカルなどなどの音楽,読んだ本や日々の出来事についての雑感などを書いていきます。
長年の趣味であるオーディオを中心に,ジャズボーカルなどなどの音楽,読んだ本や日々の出来事についての雑感などを書いていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


コメントの投稿


秘密にする

相性が悪い

 ところで僕はシュレッダーと相性が悪いらしい。実は一昨日(29日),シュレッダーが届いたが,これが何と3台目である。
 最初のシュレッダーに対する不満は,裁断サイズが大きすぎて情報が容易に読み取れることと,大きすぎることで,2台目で,それらの不満は解消した。しかし2台目も,1)裁断ゴミを捨てるとき機械部分を持ち上げて取り外さなくてはならず,その機械部分がとても重いので面倒である。2)それ故に別にゴミ箱が要るので,スペースを取る,といった不満があった。
 これを解消すべく,引出し式の裁断くず入れを持つタイプに替えたわけだ。引き出し式ならば,普段はくず入れを引き出しておけば,ゴミ箱として使えるから,ゴミ箱を捨てることができる。

 届いたのはコクヨS&Tの,デスクサイドシュレッダー スノーホワイト KPS-X80Wという機種である。実際見てみると,コンパクトで引き出しも使いやすい。安全装置もしっかりしている。それに嬉しいことにカタログから想像した以上に静かで,今までがいかに五月蠅かったを実感してしまった。

 難点といえば,くず入れ部分の高さが低く,A4の書類(細断不要なもの)をそのまま入れられない(折っていれないといけない)ことだ。事前に測らなかった自分が悪いのだが。今回どちらかにしようか悩んだコクヨS&Tのデスクサイドシュレッダー KPS-X120Wなら,問題なかったかもしれない。
 それと,CDやカードを細断する機能もない(無いことを承知で買ったのだが)。
 結局,今回も,最後のシュレッダーにはならなかったようだ。まだ遍歴は続きそうである。


スポンサーサイト


コメントの投稿


秘密にする
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。