長年の趣味であるオーディオを中心に,ジャズボーカルなどなどの音楽,読んだ本や日々の出来事についての雑感などを書いていきます。
長年の趣味であるオーディオを中心に,ジャズボーカルなどなどの音楽,読んだ本や日々の出来事についての雑感などを書いていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


コメントの投稿


秘密にする

マーラー交響曲第1番/小林研一郎+名古屋フィル

 さて本当は,10月10日に参加したレクストの名古屋イベントの話を書くつもりだったが,先に今日のトピックを書き残しておきたい。

 今日は第18回岡崎市民クラシックコンサートがあった。曲目は,まず,ショパンのピアノ協奏曲1番(三浦友里枝(P)・小林研一郎+名古屋フィル)アンコール曲(曲目失念)があって,休憩。ついで題名に書いたとおり,マーラー交響曲第1番/小林研一郎+名古屋フィルそして盛大な拍手でアンコール(曲目失念)であった。

 通勤でじっくり聞いたマーラーの交響曲だが,1番を聞くのは結構久しぶりだった。というより,実際,コンサートで聞くのは初めてなのだ。
 曲が始まる前に,各楽章の主題についてコバケンさんが解説してくれた。それも,その主題を担当する奏者を指名してメロディーを奏でてもらい,これが繰り返し出てくるとか,1楽章と2楽章は同じ主題で,3楽章も実は同じ主題であるなどの説明は,市民コンサートということで,あまり詳しい人が多くはないことを熟知した上での丁寧なものだった。指揮は昨年同様,全身で指揮する感じで,熱がこもっていた。
 マーラー1番は,今まで聞いた中で,もっともダイナミックレンジの広い曲であった。少数の弦楽器だけで奏でられる旋律から,金管楽器,打楽器総動員のフォルテシモまで,とにかくレンジが広い。そしてダイナミックである。
 クラシックはほとんど聞かない妻も,「これぞオーケストラという感じだね」と言っていた。
 打楽器の役割,特に小音量での使い方と大音量での使い方については,見ながら聞くことで理解できた部分があった。銅鑼の小音量での使い方など,実に興味深かった。それとトライアングルが所々で効果的に使われていた。

 ツィッターで,今日参加することを知っていたgifu-raotaさんに連絡を取り挨拶できたことも収穫だった。

 帰路,バナナレコードで思わぬ拾い物(Jazz Bar 2008,松田美緒のアトランティカ等)をしたことも今回の副産物であった。今月は,111 Years of Deutsche Grammophonが届いていて聞くものには困らないので,買うつもりはなかったのだが。
来月もDG111の2を予約してあるので,CD入手は抑えないといけない。








スポンサーサイト


コメントの投稿


秘密にする
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。