長年の趣味であるオーディオを中心に,ジャズボーカルなどなどの音楽,読んだ本や日々の出来事についての雑感などを書いていきます。
長年の趣味であるオーディオを中心に,ジャズボーカルなどなどの音楽,読んだ本や日々の出来事についての雑感などを書いていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


コメントの投稿


秘密にする

PC工作(小まとめ)

 Audio(準)専用PCは,まだ完成ではないが,一応使えるようになったので,このあたりで小括をしておこう。

今回のAudio(準)専用PCの特徴

☆高音質化
 今までのVIAチップ採用のものから,TIチップ採用のIEEE1394ボードへ(ただし2つのうち1つだけ。まだもう1つVIAチップ採用ボードが残っている。)

☆映像関係は簡素に。
 動画は常用PCで見るので,映像関係は簡素にした。オンボードで比較的良いグラフィックス機能を持つAMD890GX採用のマザーボードを選択したのは,このためである。グラフィックボードを使わないことで,消費電力が少なくできるし,ノイズの発生も少ないはずである。

☆高速化
 Cドライブは,SSD(MLCとしては高速なもの)として,快適化も目論んだ。CPUも最高クラスではないが,低速でもない。メモリーも比較的高速だが,容量は標準的である。

☆ノイズ対策
 CPUファン用のノイズフィルターと,玄人志向のNO-PCIプラスを採用した。また,ATX電源はケーブルプラグインタイプを選んだ。さらに上に書いたとおりグラフィックボードを使わなかった。またCPUはマザーボードの付属ソフトEasy Energy Saverにより電圧を落とした。

☆静音化(退化)
 今までがファンレス電源+ヒートシンク型CPUクーラーであったのに比べれば,今回はどちらもファン付きであるから退化である。しかし,どちらのファンも低騒音で,思ったよりも気にならず,安心した。

今後の作業予定
1)RAMディスクの設定
2)Fireface400の設定
3)Cubaseの設定
4)XP,Cubaseの各種軽量化
5)予算ができたら,TIチップ採用のIEEE1394ボードを追加
6)予算ができたら,SOtM SATA noise filter追加
7)電源ケーブルツイスト
8)電磁ノイズ吸収シール貼り付け
9)ケースファンをより低騒音のものに交換,コンデンサー追加
スポンサーサイト


コメントの投稿


秘密にする
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。