長年の趣味であるオーディオを中心に,ジャズボーカルなどなどの音楽,読んだ本や日々の出来事についての雑感などを書いていきます。
長年の趣味であるオーディオを中心に,ジャズボーカルなどなどの音楽,読んだ本や日々の出来事についての雑感などを書いていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


コメント


やっぱりアンプの制振は音質向上には有効なのでしょうね。私は以前はプリアンプのみインシュレーターを咬ませてありましたが、パワーアンプは何もしていません。パワーアンプも足まわりによって変わってくるんでしょうね。
UX-3SE2は手放してしまうのはとてもおしいですね。ただSACDマルチがご希望であれば仕方がないかなあ。
私はDP-77を導入する際、SACDマルチも気にはなったんですが、ショップの人と相談の結果、SACDマルチはSPのポジションを厳密にやらないといけないと聞いたものですから、うちのような狭い部屋ではそれは難しいかなと思い、それよりは2Chを極めたほうがいいのかなと感じ、その結果いろいろ視聴しDP-77に決定したわけです。
ではまた。
2008-01-20 日 19:42:10 /URL /ts-hobby /編集

ts-hobbyさん
SACDマルチのかないまるさんの記事
http://kanaimaru.fc2web.com/4ch_club/0f.htm
を読まれましたか。
これを読むとポジションは融通が効くことが分かります。
是非ご覧ください。
さらにこれを読むとSACDマルチにどうしてもしたいという私の気持ちもお分かりいただけるかと。

2008-01-20 日 22:46:05 /URL /toku1209 /編集

コメントの投稿


秘密にする

SACDの良さ

 昨日からSACDを聞いている。SACDに関しては,特に何もグッレードアップしていないはずなのに,なぜかとても良い。
 矢野顕子のHome Girl Journey(2ChSACD専用盤。品切れなので,下にCD盤を掲載しておく。)では,超低音の空気振動が以前よりさらに明確に感じられるようになった。

 どうして良くなったか考えてみたが,強いて言えば,パワーアンプの制振と,まだ書いていないが仮にやってみたプリアンプの制振ぐらいである。それと最近,家族が留守のときに大音量で聞いているので,それがシステムのブレイクインになったのだろうか。

 UX-3SE2でそのままSACD Multiができたら,どれほど良いだろう。しかしi-link入力のあるマルチプリアンプが出現しないままi-linkという規格そのものが消滅してしまいそうな現状からすれば,ここはUX-3SE2を手放すしかないのかなと考え始めている。

スポンサーサイト


コメント


やっぱりアンプの制振は音質向上には有効なのでしょうね。私は以前はプリアンプのみインシュレーターを咬ませてありましたが、パワーアンプは何もしていません。パワーアンプも足まわりによって変わってくるんでしょうね。
UX-3SE2は手放してしまうのはとてもおしいですね。ただSACDマルチがご希望であれば仕方がないかなあ。
私はDP-77を導入する際、SACDマルチも気にはなったんですが、ショップの人と相談の結果、SACDマルチはSPのポジションを厳密にやらないといけないと聞いたものですから、うちのような狭い部屋ではそれは難しいかなと思い、それよりは2Chを極めたほうがいいのかなと感じ、その結果いろいろ視聴しDP-77に決定したわけです。
ではまた。
2008-01-20 日 19:42:10 /URL /ts-hobby /編集

ts-hobbyさん
SACDマルチのかないまるさんの記事
http://kanaimaru.fc2web.com/4ch_club/0f.htm
を読まれましたか。
これを読むとポジションは融通が効くことが分かります。
是非ご覧ください。
さらにこれを読むとSACDマルチにどうしてもしたいという私の気持ちもお分かりいただけるかと。

2008-01-20 日 22:46:05 /URL /toku1209 /編集

コメントの投稿


秘密にする
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。