長年の趣味であるオーディオを中心に,ジャズボーカルなどなどの音楽,読んだ本や日々の出来事についての雑感などを書いていきます。
長年の趣味であるオーディオを中心に,ジャズボーカルなどなどの音楽,読んだ本や日々の出来事についての雑感などを書いていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


コメントの投稿


秘密にする

SSD導入までのLong & Winding Road

 さて,またまた間が開いてしまった。皆様の推測どおり,パソコンと格闘していたのである(現在進行形)。

 前回の記事のあと,更新インストールで暗証番号を要求されたが,そのメモも行方不明(多分PCの中)なので,結局更新インストールも諦めた。

 いよいよ最後の手段である。
 予めDドライブはバックアップしてあったので,今までのハードディスクを外し,SSDをCドライブとして,別のHDD(WDの2.5インチ320GBタイプ)をDドライブとして,新規インストールするという方法である。

 順調に行ったと思ったが,終わってからマイコンピューターを見て愕然とした。なんとドライブ名がCではなく,Eになっているではないか。どうしてこんなことが起こったか。実はバックアップ用のUSB接続のHDDを外すのを忘れたのだ。そのため,バックアップ用のUSB接続のHDDをCドライブと認識してしまったようだ。

 そこで別のPCからネットで調べてみると,起動ドライブのドライブ名変更は有料ソフトを使えば簡単だが,そうでないと高度な(危険な)操作を必要とするらしい。そこで,一度SSDを初期化し,USB接続のHDDを外し,再度新規インストールにトライ。今度は無事Cドライブと認識された。

 そして次は各ソフトウェアのインストールであるが,グレードアップインストールや敵対インストール(例:ワードがインストールしてあるのが一太郎の廉価版インストールの条件である。)の関係で順にインストールしていなかねばならない。
 今回実行した順序は,
  MSワークス→MSオフィス95→一太郎8→MSオフィス97→一太郎13→MSオフィス2000パーソナル→無線LAN→WINDOWSの更新インストール→サンダーバードインストール→メール設定→IE8インストール→お気に入りとクッキーのインポート→その他の各種ソフトのインストール(進行中)
である。

 MSに対抗する安価な互換オフィスを入れてしまおうかとも思ったが,そうしたオフィスにはデータベースソフトが入っていない。音楽ソフト関係をアクセス97で管理している関係で,MSオフィスを切ってしまうわけにもいかないので,今回は見送った。

 手数はかかるが,トラブルは起こらず,順調にインストールは進んだ。
 ところが,何回か再インストールしているうちに,起動画面から前に進まない事態が発生した。
 このとき,従来のHDD(旧Cドライブ)を外付けケースに入れて,必要なデータを参照していたのであるが,じっくり考えると,どうもWINDOWSが,Cドライブが二つあると認識して,選択に迷って止まったのではないかと思われたので,外付けケースを外して再起動すると無事解消した。

 現在は,この状態であるが,静かなのは当然として,起動や再起動が苦にならないのも大きい。待ち時間が圧倒的に短くなったからである。
 SSDは思っていた数倍快適である。
 今は,必要なソフトを厳選してインストールしている。
スポンサーサイト


コメントの投稿


秘密にする
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。