長年の趣味であるオーディオを中心に,ジャズボーカルなどなどの音楽,読んだ本や日々の出来事についての雑感などを書いていきます。
長年の趣味であるオーディオを中心に,ジャズボーカルなどなどの音楽,読んだ本や日々の出来事についての雑感などを書いていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


コメントの投稿


秘密にする

のだめカンタービレ 最終楽章 後編



 少し前のことになるが,公開初日の17日に「のだめカンタービレ 最終楽章 後編」を妻と見た。
 以下は,ネタバレがあるので,未鑑賞の方はご注意を。
 とにかく期待以上だったことは言える。もう一度見ようと妻と話している。


 原作を読んでいただけに,同じ終わり方だと,ちょっと欲求不満が残るところだった。
 もちろん音楽に完成はないので,成長途上の二人にとって,真の上がりは有り得ない。しかし,完になるのだったら,のだめが望む千秋とのピアノ協奏曲はやらせてあげたかった,というのが,原作を読んだ人の気持ちではないだろうか。

 今まで概ね原作に忠実な映画化だったが,最後に来て良い意味で,期待を裏切り,映画的な終わり方をしたものだ。
 もちろん完璧な協奏曲シーンでないにしろ,ミルヒーの想像シーンで,それも冒頭だけにしろ,二人が協奏曲を演じようとしてホールに立つシーンだけは見ることができたのだから,まあ良しとしなければならない。

 そして千秋こと玉木宏の指揮も,ドラマ当時よりも上達したことが良く分かるし,三木清良役の水川麻美のヴァイオリンも見事だった。

 のだめと千秋だけでなく,峰と清良,黒木君とターニャのカップルも良い雰囲気で終わったし,ランランのピアノは本当にのだめ的で,乗り移ったかのようだった。

 前編は,千秋の音楽的成長のドラマだったが,後編はのだめの音楽的,人間的成長のドラマだった。
 DVD化が待ち遠しい。通しで見てみて,どう印象が変わるだろうか。
 原作を読んでいただけに,同じ終わり方だと,ちょっと欲求不満が残るところだった。
 もちろん音楽に完成はないので,成長途上の二人にとって,真の上がりは有り得ない。しかし,完になるのだったら,のだめが望む千秋とのピアノ協奏曲はやらせてあげたかった,というのが,原作を読んだ人の気持ちではないだろうか。

 今まで概ね原作に忠実な映画化だったが,最後に来て良い意味で,期待を裏切り,映画的な終わり方をしたものだ。
 もちろん完璧な協奏曲シーンでないにしろ,ミルヒーの想像シーンで,それも冒頭だけにしろ,二人が協奏曲を演じようとしてホールに立つシーンだけは見ることができたのだから,まあ良しとしなければならない。

 そして千秋こと玉木宏の指揮も,ドラマ当時よりも上達したことが良く分かるし,三木清良役の水川麻美のヴァイオリンも見事だった。

 のだめと千秋だけでなく,峰と清良,黒木君とターニャのカップルも良い雰囲気で終わったし,ランランのピアノは本当にのだめ的で,乗り移ったかのようだった。

 前編は,千秋の音楽的成長のドラマだったが,後編はのだめの音楽的,人間的成長のドラマだった。
 DVD化が待ち遠しい。通しで見てみて,どう印象が変わるだろうか。
スポンサーサイト

コメントの投稿


秘密にする
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。