長年の趣味であるオーディオを中心に,ジャズボーカルなどなどの音楽,読んだ本や日々の出来事についての雑感などを書いていきます。
長年の趣味であるオーディオを中心に,ジャズボーカルなどなどの音楽,読んだ本や日々の出来事についての雑感などを書いていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


コメントの投稿


秘密にする

桜が好きなわけじゃないけれど

nagoya Castle3/30

 3月も,もう終わりである。花冷えというが,真冬に逆戻りしたような寒さだ。一昨日などマフラーを仕舞ったことを後悔したほどだった。
 昨日のお昼は転入者と外食したが,途中で桜が咲いていた。七分咲きか八分咲きぐらいだろうか。上の写真はそのときのものである。
 しかし,転勤してからもう一年が経ってしまった(3月25日異動だったから,1年過ぎているのである。)。実感としては本当に早かった。何時もながら,もう職場のパートナーとの別れがやってくる。また1から関係を築かなくてはならないのが,つらいところである。これからしばらくは過誤にも気を付けなくてはならない。

 ところで今日は久しぶりに休暇を取り,家でボウッとしていた。音楽をたっぷり聞こうと思っていたら,春休みで子供らがいて,浸りきれそうにないので,少し聞いただけだ。
 先日購入したLPたちだが,意外と悪くないようだ。1)ショパン:ピアノコンチェルト1番/中村紘子+LSO(ロンドンフィル)と2)ブラームス:交響曲1番/カール・ベーム+BPO(ベルリンフィル)を聞き終えて,今は3)チャイコフスキー:交響曲5番/スベトラノフ+USSR STATE S.Oを聞いているが,1)と2)は状態も良い。パチパチ音も余りしなかった。特に1)の中村紘子はなかなか力強い演奏で,音に力があった。残念ながら,今聞いている3)は,録音が悪い上にスクラッチノイズも多く,ハズレであった。

 そうそう,昨日はウディ・アレンの怪作Zelig(邦題カメレオンマン)が届いた。多重人格者Zeligが,その人格毎に外見もカメレオンのように変えてしまうという話なのだが,実際には存在しない人物Zeligを,時事ニュースのドキュメンタリーに紛れ込ませて,有名人を引っ張り出してZeligについて糞真面目に評論させたりする面白真面目なコメディーである。説明すると単純な話に聞こえてしまうかもしれないが,実に面白いのである。1983年作品。上映当時,映画館では見たが,なかなかDVDにならず,ようやくDVD化されたので,入手したというわけ。
 しかし,入手したことに満足してしまって,実際は本当に退屈したときしか見ないかもしれない。




スポンサーサイト


コメントの投稿


秘密にする
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。