長年の趣味であるオーディオを中心に,ジャズボーカルなどなどの音楽,読んだ本や日々の出来事についての雑感などを書いていきます。
長年の趣味であるオーディオを中心に,ジャズボーカルなどなどの音楽,読んだ本や日々の出来事についての雑感などを書いていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


コメントの投稿


秘密にする

冬休み

 オヤイデへの注文は,幸いにも在庫があったようで,今日発送したとのこと。これでこの休みのネタができた。
 そろそろ種明かしをしておくと,iPhone関係の小物とは,「HPC-D3.5 ポータブルアンプ用 オリジナル・ドックケーブル」である。これでiPhoneのヘッドホン端子の可変抵抗をスルーできる。
 近い将来には,
iPhone

オヤイデHPC-D3.5ドックケーブル

FiioE5 ポータブルアンプ

ヘッドホンaudio-technica ATH-CK90PRO
で,一応の完結とする予定である。だが,このヘッドホンは,取り寄せが1~3週間かかるということで,完結形は先の楽しみになりそうだ。

 今日は,日中は資源ゴミを回収所に持ち込んでから,ちょっとした買物をして家に戻った。夕方,ブックオフオンラインから荷物が届いた。本が2冊「火星のアトランティス2」(荒巻義雄著),「ついこの間あった昔」(林望著)とCDが1枚「新世界から」(ケルテス指揮ウィーンPO)だ。
 ケルテスは,エソテリックでSACD化されたことで,名前だけ知っていた。クラシックは,まだまだ知らない曲ばかりなので,少しでもレパートリーを広めたい。
 そしてまだ読み始めたばかりだが,「ついこの間あった昔」は,自分の生まれ育った昭和30年代には無くなりかけていた風景,記憶からはほとんど薄れている風景がそこにある。これは楽しめそうだ。

 そして夕食後,「のだめカンタービレ最終楽章 前編」を見に行った。二度目である。
 今まで同じ映画を繰り返し見ることはほとんどなかった。記憶にあるのは,ダ・ヴィンチ・コードぐらいである。この映画は少々難解だったので,再度見てようやく十分理解できた。
 「のだめ」の場合は,ディテールを楽しむのと,別の劇場の音響システムで音楽を聞くために見たかったのだ。漫画で予習してあるためか,新しい発見はそれほど多くなかったが,演奏場面は,さらに理解できるようになった。
 一つ文句を言うと,最初の楽友協会でのシーンは,もう少し豪華な内装の雰囲気が分かるようにしてほしかった。せっかく運良く撮影を許されたのだから。





スポンサーサイト


コメントの投稿


秘密にする
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。