長年の趣味であるオーディオを中心に,ジャズボーカルなどなどの音楽,読んだ本や日々の出来事についての雑感などを書いていきます。
長年の趣味であるオーディオを中心に,ジャズボーカルなどなどの音楽,読んだ本や日々の出来事についての雑感などを書いていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


コメントの投稿


秘密にする

ネバーエンディングストーリー

 12月14日 グイン・サーガ130巻を購入した。ついに最終巻の宣告が。普段の半分の厚さ。栗本薫さんは,衰えた体力の許す限り,死力を振り絞って書いたのであろう。初めて喪失感がこみ上げてきた。

 読み終えると,まったく筆力に衰えが見られないことに驚かされた。天に嫉妬されたのだろうか。
 結末がないのが,(梅原猛の言う)「物がたり」の本質かもしれないが,読者は結末を早く見たい。永遠の対立が,悲しい性(さが)である。しかし,グインサーガは本当のネバーエンディングストーリーになってしまった。
黙祷



スポンサーサイト


コメントの投稿


秘密にする
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。