長年の趣味であるオーディオを中心に,ジャズボーカルなどなどの音楽,読んだ本や日々の出来事についての雑感などを書いていきます。
長年の趣味であるオーディオを中心に,ジャズボーカルなどなどの音楽,読んだ本や日々の出来事についての雑感などを書いていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


コメントの投稿


秘密にする

ばらの騎士 ようやく入手

 さて,今日は妻が娘と出かけているので,夕食はフリーになった。そこで久しぶりに串カツの五條へ行った。満員かと思ったら,何と一人もおらず。驚いてしまった。しばらくして何組かお客がやってきたので,安心して帰れた。相変わらず美味しいのに,仕事帰りに飲む人が減っているということだろうか。
 名古屋駅に戻り,バナナレコードに寄ってみた。LPレコード用のビニール袋を買いたかったので,レコハンの収穫は期待してなかったが,何とCome Shineの「Come Shine」を発見・購入した。前に入手しそびれていた北欧の女性ボーカルだ。とにかく上手い。そして声が透明感があり,声の質が僕好みである。Come ShineのCDは前に1枚入手していたが,重なっておらずホッとする。

 そして帰宅すると不在連絡票が入っていた。HMVだった。しばらくして佐川のドライバーから電話があり,今から届けたいというので,もちろんOKした。当然明日になると思っていただけにうれしかった。
 久しぶりのまとめ買いである。メインは山本耕司さんお薦めの「ばらの騎士」のDVDだ。クライバー指揮ウィーン歌劇場1994年収録盤である。何しろ初めてなので,SACDを買う前にDVDでストーリーを把握したかった。ばらの騎士のDVDは色々あるのだが,これに決めたのはクライバーの指揮とオクタヴィアン役がオッターだったことかな。邪魔が入らない時にまとめてみることにしよう。
 もう遅いので,そのほかのCDについては,後日紹介する。



スポンサーサイト


コメントの投稿


秘密にする
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。