長年の趣味であるオーディオを中心に,ジャズボーカルなどなどの音楽,読んだ本や日々の出来事についての雑感などを書いていきます。
長年の趣味であるオーディオを中心に,ジャズボーカルなどなどの音楽,読んだ本や日々の出来事についての雑感などを書いていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


コメントの投稿


秘密にする

いまごろ

 ようやく届いたAb und ZuのCD「TOTALY」。調べてみたらHMVに注文したのが,6月13日だったから,手元に来るまで2か月以上かかったことになる。まあ,廃盤とか品切れとかでないだけ上出来とも言える。
 手元に来て初めて分かったのだが,ノルウェーで1996年に録音,発売されたものだった。ということは,愛聴盤の「スパーク・オブ・ライフ」より前の録音だ。早速聞いているが,アレンジがちょっとロック調かな。しかし,全曲ギンギンのロックという訳ではなく,しっとりしたAnne-Marie Giortzの声が味わえる曲もちゃんとあり,一安心。
 とにかくこのグループの魅力はAnne-Marie Giortzの声にある。やや低めの落ち着いた声で,クールな中に可憐さと温かさを感じさせる。
 今でも「スパーク・オブ・ライフ」は販売されているようだ。小唄路線が好きな方は是非入手されたい。



スポンサーサイト


コメントの投稿


秘密にする
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。