長年の趣味であるオーディオを中心に,ジャズボーカルなどなどの音楽,読んだ本や日々の出来事についての雑感などを書いていきます。
長年の趣味であるオーディオを中心に,ジャズボーカルなどなどの音楽,読んだ本や日々の出来事についての雑感などを書いていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


コメントの投稿


秘密にする

井上祐美子/公主帰還


一昨日(1月4日)読み終えた。
一度図書館で借りて読んでいるのだが,文庫になったので購入した。
前に読んだのは,刊行直後だから98年か99年だったと思う。読み返してみるとほとんど覚えていなかったので,もう一度新鮮な気持ちで楽しめた。

 やはり図書館で借りて読んだだけでは当に読んだという感じがしない。林望先生も言われるようには手元に置くものだ。

 井上さんの文章は,とても好きである。格調が高いのに読みやすい。史実をよく調べつつ,どこまでが史実で,どこからがフィクションか境界線をうまくぼかしているので引き込まれる。ストーリーも,続きを読みたくなるもので,ついつい読みふけってしまう。

 しばらく新作が出ていなかったが,今度「朱唇」というのが出たそうだ。作家を辞めたのかと心配していたが安心した。これは入手しなくては。

スポンサーサイト


コメントの投稿


秘密にする
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。