長年の趣味であるオーディオを中心に,ジャズボーカルなどなどの音楽,読んだ本や日々の出来事についての雑感などを書いていきます。
長年の趣味であるオーディオを中心に,ジャズボーカルなどなどの音楽,読んだ本や日々の出来事についての雑感などを書いていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


コメントの投稿


秘密にする

フォノイコライザーほか

 今日はiPhoneは異常なく動作した。昨日のことはどうして起きたのだろう。解析力があるわけでもないので迷宮入りかな。

 ところで,戯れる会の友人から長いことお貸しいただいていたShelTer社(国産だったのだ)のModel916だが,晴れてお支払いをして自分のものになった。
 デザインは無骨だが,とても便利でSN比も良い。MMとMCを1系統ずつ繋いでおけるし,前面に電源スウィッチやセレクターがあるので,ツインアームにも対応できる。
 調べてみるとSTEREO SOUND誌の2001年春号(138号)のアナログ特集で紹介されていたから,その少し前に発売されたのだろう。ネットで検索すると,「国産らしい真面目な音」とか「ジャズ向き」とかの評価が出ていた。

 帰宅すると京都レコードからのCDが届いていた。前から集めているMEREDITH D’AMBROSIOのLITTLE JAZZ BIRDとバックが嶋津健一トリオというだけの理由で落札した畑路子のSkylarkだ。iPhoneにコピーしたので,明日通勤で聞いてみよう。

 iPod touch(第1世代)とiPhone3GSの音質の比較を23blogでされていた。私のiPod touchは第2世代なので,また違うかもしれないが,実は私も同様の感想を持っていた。ただ,私は駄耳なので,気のせいかと思っていた(笑)そして最大音量がちょっと低く感じたので,ヘッドフォンアンプを経由すれば同レベルになるのだろうと思っていた。iPod touchはまだ使えないままなので,記憶の中の音との比較に過ぎないが,音が悪くなっているとすれば,多くの機能との同居が原因であろう。
スポンサーサイト


コメントの投稿


秘密にする
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。