長年の趣味であるオーディオを中心に,ジャズボーカルなどなどの音楽,読んだ本や日々の出来事についての雑感などを書いていきます。
長年の趣味であるオーディオを中心に,ジャズボーカルなどなどの音楽,読んだ本や日々の出来事についての雑感などを書いていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


コメントの投稿


秘密にする

贅沢な気分

 この土日は,二日とも午後から当番で仕事が入って,気分転換は不十分だった。

 しかし今日は良いことがあって,still_crazyさんからサンバレーSV-192Sをお借りできて,USBDAC(Ayre QB-9)との比較ができることになったのだ。今日は取りあえず通電しておこう。
 しかし考えてみれば厳密な比較は困難である。USBDAC試聴のため,CD再生はPremium2→PC(再生ソフトCubase Studio4)→USBケーブル(何の変哲もないプリンタ用)→USBDAC→プリアンプとしてあるが,単純にSV-192SをUSBDACと置き換えた場合,少々貧弱と思われるSV-192SのUSBレシーバーを経由することになり,SV-192Sに不利であるし,PC(再生ソフトCubase Studio4)→IEEE1394ケーブル→Fireface400→SV-192S→プリアンプという,普段の再生ルート中のステラボックスST2をSV-192Sに置き換えるやり方だと,Fireface400が挟まる分,経路が一つ増えて,これも厳密な比較とは言えないからだ。ただし,SV-192Sにはワードクロック入力できるというメリットがあるので,不利が補えるかもしれない。
 何はともあれ,気になる新製品のQB-9と,前から聞きたかったSV-192Sをまとめてじっくり聞けることに感謝しよう。
スポンサーサイト


コメントの投稿


秘密にする
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。