長年の趣味であるオーディオを中心に,ジャズボーカルなどなどの音楽,読んだ本や日々の出来事についての雑感などを書いていきます。
長年の趣味であるオーディオを中心に,ジャズボーカルなどなどの音楽,読んだ本や日々の出来事についての雑感などを書いていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


コメントの投稿


秘密にする

のだめカンタービレ原作入手

 今日はお昼を妻と穂波で食べて,午後は2時間ほどテニス。2週間ぶりだったので,身体が重い。

 書き漏らしたが,実は昨日ブックオフオンラインから「のだめカンタービレ」の原作コミック全21巻(古書)が届いていた。オフ会終了後読み始め,今全巻を読み終えた。1巻目を読み始めたときは,余りにもテレビ版そっくり(つまりテレビが原作に忠実に作られていたということ。)で,一言一句違わないので,このまま最後まで行くのかと心配になった。しかし,4巻目ぐらいから少しずつテレビでは省略されていたエピソードが目につき始め,16巻目からはヨーロッパ編にも描かれていないエピソードになって,テレビと同じところはテレビを思い出しながら,新しいところはドキドキしながら,とにかく最高に楽しめた。
 大部分のキャラクターは,テレビと違和感がない。つまりテレビの俳優選びが絶妙なのだ。あるいは演技力が凄いのか。
 調べてみたらまだ22巻は出ていないのだ。次は何時出るのだろうか。待ち遠しい。

 一緒に届いたのが,Akikoのムード・インディゴ(SACDマルチCh)。不思議なことにとてもハイレベルで録音されている。コンプレションしてあるとすると折角のSACDのワイドレンジをスポイルしていることになって勿体ないのだが。それはさておき雰囲気はとても良い。
スポンサーサイト


コメントの投稿


秘密にする
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。