長年の趣味であるオーディオを中心に,ジャズボーカルなどなどの音楽,読んだ本や日々の出来事についての雑感などを書いていきます。
長年の趣味であるオーディオを中心に,ジャズボーカルなどなどの音楽,読んだ本や日々の出来事についての雑感などを書いていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


コメントの投稿


秘密にする

敵は自分の中にいる。

 さて,また間が開いてしまった。木曜の夕方には,仕事関係の研究会があり,その後親しい同僚と外食して,家に戻ったのが10時ごろだった。そして金曜日は,仕事関係の山場があり,うまくはいったものの,とても疲れてしまった。帰路,ブックオフに寄ったところ,井沢元彦の「英傑の日本史」の幕末・新撰組編(文庫版)があったので購入した。疲れたときとか,飲んだときの帰り道というのは,本とかCDを買ってしまう確率が高い。私の場合は,そういう買物がストレス発散になっているのだろう。飲んだときは,自制心が弱くなって,財布の紐が緩むだけかもしれないが。今のところ,飲んで記憶を失ったことはない(電車で寝過ごしたことはあったが。)ので,大丈夫だろう。

 そんなわけで今日になったのだが,ひどくなってきた口元の腫れを診てもらおうと皮膚科に行って,帰ってくると午後2時近くだった。激しい雨で午後のテニスは中止だったので,自分の部屋で,ブログ巡回をしたり,部屋の整理(捨てる本や資料を選ぶ程度だが。)をしたり。
 その傍らSACD2Chを聞いた。今まで,nanosyncs(クロックジェネレーター)が,フォノイコの後ろの操作しにくい位置にあって,ソース毎に出力周波数を変えるといった操作がしにくいため,44.1KHz固定だったのだが,ふと思いついて,フォノイコの位置を変え,nanosyncsの前を明けて操作しやすくした。SACDの場合は48KHzが相応しいと聞いているので,その都度操作できるようにしてみたのだ。そのせいなのか,どうなのか,久しぶりに聞いたSACD盤(しかもハイブリッドでなく専用盤)のHome Girl Journey(矢野顕子)は,今までで聞いた中で最高ではないかと思えた。しかし,これは思いこみかであろう。このところじっくり,大きな音で聞く時間がなかったから新鮮だったかもしれないのだ。たとえ気のせいでも,良い音だと感じながら聞けるのは嬉しいことだ。

 ゴールデンウイークは,暦どおりだから2日~6日の5連休+29日だが,そのうち1日は多分日帰り旅行,0.5日×2はテニスで,残りが4日ある。目標は4月16日に書いたとおりだが,その後思いついたこととしては,1)オーディオ機器の端子のクリーニングと周辺の清掃,2)ヤフオク出品(E-MU0404とか聞かないCDとか本とか)ぐらいだろうか。

 オーディオ・ベーシック50号の「音を良くする50のヒント」を読んでいてグサっと来たのが,村井裕弥さんの,スピーカーのセッティングについての記事の中の「反対しているのは家族じゃなくて,あなたの中の面倒くさがり屋なんだ」という言葉。重い腰を上げてやってみようかな。

スポンサーサイト


コメントの投稿


秘密にする
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。