長年の趣味であるオーディオを中心に,ジャズボーカルなどなどの音楽,読んだ本や日々の出来事についての雑感などを書いていきます。
長年の趣味であるオーディオを中心に,ジャズボーカルなどなどの音楽,読んだ本や日々の出来事についての雑感などを書いていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


コメントの投稿


秘密にする

サキ/ベスト・オブ・サキ1

 昨日は,近くのイオン岡崎SCが大拡張して,「ソフトオープン」と称して実質オープンしたので,夕方,妻と下見に行った。面積は倍近く増えたようだ。飲食店が増えたのはうれしいが,広すぎるし,照明が明るすぎてまぶしすぎる。ヴィレッジヴァンガードが入店したのは嬉しいが。
 その後,スポーツクラブへ。通常は月・水・金に行くが,今週は,月曜日に疲れが出たのと,今日が仕事の関係で行けないこともあり,火・木にした。クラブでは,トレーニングは1日おきが効果的と言われているのだ。

 今日は夕食を妻と正式オープンしたイオンSC内で食べてきた。正直好みにピタリの店がなく,結局トンカツのサボテンにした。その後,自宅でゆったり。

 仕事は一段落したというか,近い締切りの仕事が片付いただけで,年内最後の大物が時間がかかるので,着手しないといけない。しかし,金曜の夜はさすがに手をつける気にはならない。

 今,お風呂タイムに読んでいるのはベスト・オブ・サキ1である。オフ会の移動中に読み始めたのだが,読む前の予想を裏切り,実はブラックユーモアであった。サキは,「ブラックユーモア」という言葉ができる前の人(第一次大戦中に46歳で戦死)なのだが。悪魔の辞典(アンブローズ・ビアス)が1911年で,サキの掲載作品群が1912~14年刊行だから,ほとんど重なっている。このころからブラックユーモアを発表できる環境になってきたのだろうか。気が重くなる残酷なものから,笑い飛ばせるものまで様々である。しかし,筒井康隆好きの私は,ブラックユーモアに耐性があるので,楽しめている。


スポンサーサイト


コメントの投稿


秘密にする
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。