長年の趣味であるオーディオを中心に,ジャズボーカルなどなどの音楽,読んだ本や日々の出来事についての雑感などを書いていきます。
長年の趣味であるオーディオを中心に,ジャズボーカルなどなどの音楽,読んだ本や日々の出来事についての雑感などを書いていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


コメントの投稿


秘密にする

読み終えた本と届いた本

 毎日オーディオネタを書けるほど工作力や資力がないし,(だからこそミドルリミッターと称している。)。それ以外にも書いておきたいことがあり,オーディオネタが続くとそういうテーマが溜まってしまう。

 読書関係も,いくつか書き漏らしているが,余り時間が経つと自分の中の鮮度が下がってしまって,意欲が湧かない。しかし,今日はちょうどタイミングが良い。
 god-zi-lla さんではないが,通勤時間がほとんどないので,読書時間が減っている。
メインの読書タイムは,前にも書いたとおり,長風呂中である。しかし夏になると暑すぎて風呂が短めになるので,なかなか読書も進まない。

 そうした中でも昨日ようやく読み終えたのが,イタリアからの手紙(塩野七生著)だ。短編集だが,昭和47年(1972年)発刊だからもう36年も前のイタリア各地とイタリア人についてのエッセイ集で,解説者が書いているように「味がある」「多様なエッセイ」の集合体で,決してイタリアとイタリア人を美化しているわけではないが,愛が籠もった視線で見ていると感じられる。しかしべとつかず,爽やかである。ローマ人の物語のような長編だけでなく,短編もお薦めである。

 そして今日届いたは下の2冊。谷甲州の「覇者の戦塵シリーズ」の空中雷撃と田中芳樹の野望円舞曲第7巻だ。
 谷甲州の理系的というかシステム工学的アプローチによるSFや架空戦記は大好きで,ほとんど揃えている。
 田中芳樹については説明は不要であろう。しかし当に遅筆で,続きを読みたいのに停まっているシリーズものばかりである。共著になってもいいから続きを読みたいな。


スポンサーサイト


コメントの投稿


秘密にする
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。