長年の趣味であるオーディオを中心に,ジャズボーカルなどなどの音楽,読んだ本や日々の出来事についての雑感などを書いていきます。
長年の趣味であるオーディオを中心に,ジャズボーカルなどなどの音楽,読んだ本や日々の出来事についての雑感などを書いていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


コメントの投稿


秘密にする

グイン・サーガ118巻

 SFのファンであると自己紹介に書きましたが,今は馴染みの作家が新作を出すとそれをフォローするという程度です。そして今日入手したのが,来ならギネスブックに掲載されるべき世界一の長編小説グイン・サーガの118巻です(当初119巻と書いていましたが,よく見たら118巻でした。訂正します)。

 残念ながら第1巻は後から入手したので,手元にあるのは改訂版ですが,5巻目くらいから,新刊が出るごとに買い続け,一緒に年を重ねています。手元のグイン・サーガ読(1995年刊)を見ると第1巻は1979年9月出版ですので,大学卒業してすぐの時期でした。第1巻を見落としたのは,まさに就職後のバタバタで見落としたと思われます。

 グイン・サーガは,語り部により語られる物語です。栗薫さんは,ほとんど自動筆記に近いのではないかと思うほど,神に選ばれた人なのでしょう。ほとんど同年代の栗さんが,グイン・サーガを完結させるまで長生きして欲しい,自分も見届けたいと願っています。
と言いつつ,「ネバーエンディングストーリー」でいいのかもしれないとも思ってしまいます。
スポンサーサイト


コメントの投稿


秘密にする
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。