長年の趣味であるオーディオを中心に,ジャズボーカルなどなどの音楽,読んだ本や日々の出来事についての雑感などを書いていきます。
長年の趣味であるオーディオを中心に,ジャズボーカルなどなどの音楽,読んだ本や日々の出来事についての雑感などを書いていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


コメントの投稿


秘密にする

解決

 今日は職場の懇親会。先ほど帰ってきたら,昨日の問題が解決していたので,ほっとした。しょせん少数派のオーディオマニア,仲間の輪は拡げていきたいものだ。

 懇親会前のちょっとした時間に中古レコード店に寄ってみたら,JAZZのCDでは収穫がなかったが,クラシックのコーナーで思わぬ収穫が。SACDマルチのバッハだ。Akademie Fur Alte Musik Berlinが,ブランデンブルク協奏曲ほかの曲を演奏している。ネット検索したが,情報が掴めない。
 さてどんな演奏だろうか。

追記
 ちょうど同じSACDヤフオクに出ていたので紹介しておく。→終了したがデータだけ参照されたい。

追記2(6/28)
 音はとても良い。1988年録音を2005年にSACD化したものだった。しかし,とても現代的な演奏で,テンポが早い。多分超絶技巧なのだろう。
しかし,昔風のゆったりしたバッハに慣れた私の耳にはちょっと忙しげに感じてしまう。
まあ,何度も聞いているうちに,良いところが見つかることも,よくあることなので,最終評価は保留だ。

スポンサーサイト


コメントの投稿


秘密にする
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。