長年の趣味であるオーディオを中心に,ジャズボーカルなどなどの音楽,読んだ本や日々の出来事についての雑感などを書いていきます。
長年の趣味であるオーディオを中心に,ジャズボーカルなどなどの音楽,読んだ本や日々の出来事についての雑感などを書いていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


コメント


おめでとうございます。今までの努力(苦労)も、この音を聞くことが出来れば『 報われますよね !』。
テスターの扱いや手技も2段階くらいアップしたことだと思います(笑)。
2008-05-11 日 00:58:28 /URL /PC_Audio /編集

おめでとうございます。これで2本目、3本目と作れますね。シルクチューブよさそうですね。エソのilinkに比べるとストレートな感じがしたのですがシルクチューブを使うことによってまた変わるんだろうなぁと思いました。試してみようと思いましす。
2008-05-11 日 09:03:57 /URL /本日のコーヒー /編集
ありがとうございました
PC_Audioさん,本日のコーヒーさん色々とご教示ありがとうございました。
確かにスキルの面でも一人で取り組むことで習得できたものは大きかったと思います。
ながら聞きしていても,くっきり分かるほど音質が向上しています。
シルクチューブの有無での比較試聴は,近くご報告できると思います。
もう1本も続けて作成にかかろうと思います。(あと2mケーブルや材料は揃えてあります)。今度はインターフェースとPCの間に使う予定です。
2008-05-11 日 09:18:58 /URL /toku1209 /編集

おめでとうございます!!旅先でも無線LANが入ればチェックしておりました。ですから今朝、大阪の師匠の方に無事完成の報告をしておきました。その方いわく、「それぐらいは苦労した方がいい」とのありがたいお言葉(笑)。引き続き、頑張ってください。
2008-05-11 日 21:22:32 /URL /ShowG /編集

ShowGさんありがとうございます。
心が温まったり,引き締まったりします(笑)。
確かにトントン拍子の怖い物知らずも,先々恐ろしいですよね。
今回のような弱電はともかく,将来電源をいじることを考えれば,慎重な上にも慎重にすることが必要ですね。
また例会で会いましょう。
2008-05-11 日 21:31:15 /URL /toku1209 /編集

いやあ、まあ納まって良かったですね。傷は軽くて済んだようです。

【多分、こういう経過をたどったであろう推測】
1.ちゃんとしたつもりの半田付け不良に気づかず、焦って何回も抜き差し→中国製の弱い1394レセプタクルを「こじる」結果になる→さらにコンタクト悪化
2.半田付け不良を発見して対処。→しかし1394ポートに2本差し、デイジーチェーン(絶対に不可!!1394は1ポート=1チップに1機器)をやってビジーになったためノイズが出てあわてる。→また何回も抜き差し
3.PCIボードの差し込みも甘かった→また何回も抜き差し

【今後の対策】
結局不安定なコンタクトの端子が沢山残った状態になったわけです。
コンタクト活性剤などでのコンタクト状態改善、良いコンタクトのケースの選別、引き回しの工夫、例えばケーブルをラックにくくりつけるなどの工夫などで良好なコンタクトを確保しましょう。
そして予備を確保しておくこと。

【失敗学】
僕も「思いこみで手順を省く」ことを何回もやって、失敗を繰り返しています。
僕は神あるいは神々は人間の不完全さを自覚させるために、この世に半田付けというものを生み出した、と考えています。日々是修行、色即是空でありまする。
2008-05-11 日 23:33:54 /URL /大天使心得 /編集

大天使心得さん,ありがとうございます。
原因は推測されたとおりでしょう。
対策は順次試してみます。
>僕は神あるいは神々は人間の不完全さを自覚させるために、この世に半田付けというものを生み出した、と考えています。
これも名言ですね。私の名言集に記録させてください。重ね重ねありがとうございました。
2008-05-11 日 23:49:14 /URL /toku1209 /編集

コメントの投稿


秘密にする

IEEE1394ケーブル-今度こそ完成

Fire7s
 
 IEEE1394ケーブルの仕上げをして,もう一度繋いでみるが,ノイズは相変わらずだ。
 そこでPCの蓋を開き,余っていた別のIEEE1394ボードを挿してみた。
 そしてそのボードに作成したばかりのケーブルを挿す。
 ところが今度もCDドライブを認識しない。
 そこでボードの差し込みが甘かった可能性を疑い,蓋を開けてボードを押してみたら,やっぱり甘かった(笑)。本当に詰めが甘い。
 今度こそ大丈夫だろうと思い結線するが,やはり認識しない。
 そこで何度も抜き差ししたり,違う端子に挿したりしてみると,3回目ぐらいにようやく認識した。そして ノイズも納まった。

 今はようやく無心に音楽を聞いている。
 ノイズがなくなってみると,単にケーブルを替えただけとは信じられないほど,全ての面で1段ステージを上がったような音だ。
 しかし2日ぐらいブレイクインが必要と先輩諸兄から伺っているので即断は避けよう。
 お手伝いいただいたstill_crazyさん,ご教示いただいた皆さん,ありがとうございました。
スポンサーサイト


コメント


おめでとうございます。今までの努力(苦労)も、この音を聞くことが出来れば『 報われますよね !』。
テスターの扱いや手技も2段階くらいアップしたことだと思います(笑)。
2008-05-11 日 00:58:28 /URL /PC_Audio /編集

おめでとうございます。これで2本目、3本目と作れますね。シルクチューブよさそうですね。エソのilinkに比べるとストレートな感じがしたのですがシルクチューブを使うことによってまた変わるんだろうなぁと思いました。試してみようと思いましす。
2008-05-11 日 09:03:57 /URL /本日のコーヒー /編集
ありがとうございました
PC_Audioさん,本日のコーヒーさん色々とご教示ありがとうございました。
確かにスキルの面でも一人で取り組むことで習得できたものは大きかったと思います。
ながら聞きしていても,くっきり分かるほど音質が向上しています。
シルクチューブの有無での比較試聴は,近くご報告できると思います。
もう1本も続けて作成にかかろうと思います。(あと2mケーブルや材料は揃えてあります)。今度はインターフェースとPCの間に使う予定です。
2008-05-11 日 09:18:58 /URL /toku1209 /編集

おめでとうございます!!旅先でも無線LANが入ればチェックしておりました。ですから今朝、大阪の師匠の方に無事完成の報告をしておきました。その方いわく、「それぐらいは苦労した方がいい」とのありがたいお言葉(笑)。引き続き、頑張ってください。
2008-05-11 日 21:22:32 /URL /ShowG /編集

ShowGさんありがとうございます。
心が温まったり,引き締まったりします(笑)。
確かにトントン拍子の怖い物知らずも,先々恐ろしいですよね。
今回のような弱電はともかく,将来電源をいじることを考えれば,慎重な上にも慎重にすることが必要ですね。
また例会で会いましょう。
2008-05-11 日 21:31:15 /URL /toku1209 /編集

いやあ、まあ納まって良かったですね。傷は軽くて済んだようです。

【多分、こういう経過をたどったであろう推測】
1.ちゃんとしたつもりの半田付け不良に気づかず、焦って何回も抜き差し→中国製の弱い1394レセプタクルを「こじる」結果になる→さらにコンタクト悪化
2.半田付け不良を発見して対処。→しかし1394ポートに2本差し、デイジーチェーン(絶対に不可!!1394は1ポート=1チップに1機器)をやってビジーになったためノイズが出てあわてる。→また何回も抜き差し
3.PCIボードの差し込みも甘かった→また何回も抜き差し

【今後の対策】
結局不安定なコンタクトの端子が沢山残った状態になったわけです。
コンタクト活性剤などでのコンタクト状態改善、良いコンタクトのケースの選別、引き回しの工夫、例えばケーブルをラックにくくりつけるなどの工夫などで良好なコンタクトを確保しましょう。
そして予備を確保しておくこと。

【失敗学】
僕も「思いこみで手順を省く」ことを何回もやって、失敗を繰り返しています。
僕は神あるいは神々は人間の不完全さを自覚させるために、この世に半田付けというものを生み出した、と考えています。日々是修行、色即是空でありまする。
2008-05-11 日 23:33:54 /URL /大天使心得 /編集

大天使心得さん,ありがとうございます。
原因は推測されたとおりでしょう。
対策は順次試してみます。
>僕は神あるいは神々は人間の不完全さを自覚させるために、この世に半田付けというものを生み出した、と考えています。
これも名言ですね。私の名言集に記録させてください。重ね重ねありがとうございました。
2008-05-11 日 23:49:14 /URL /toku1209 /編集

コメントの投稿


秘密にする
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。