長年の趣味であるオーディオを中心に,ジャズボーカルなどなどの音楽,読んだ本や日々の出来事についての雑感などを書いていきます。
長年の趣味であるオーディオを中心に,ジャズボーカルなどなどの音楽,読んだ本や日々の出来事についての雑感などを書いていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


コメントの投稿


秘密にする

JAZZ喫茶WING

 9日の日曜日,堺からの帰途,逸品館に寄ったのだが,その後,すぐ近くにあるJAZZ喫茶WINGに寄った。大阪の師匠の推薦で,オーディオが凄いらしいということだった。
 実は初訪問ではない。逸品館への通り道にあるので,4,5年ほど前に立ち寄ったことがある。そのときは,satoriアンプで固めていて,スピーカーも違っていた(マスターによれば当時はJBLだったとのこと。)。
 それが,今回は,自作のプリ,パワー,電源部になっていた。配線が分からないが,大きな円筒形のコンデンサーがたくさんあった。
 また,PCオーディオを導入されていて,プレクスターのプレミアムⅡをケースに入れずにドライブされていた。インシュレーターで支えて,ウエィトを置いて,出力側は,IEEE1394変換基板(多分玄人志向?)が筐体の後に付いていた。そこからノートパソコンに結線されていた。それにFireface800?,エソテリックのG-0(S?)クロック,DCSのDAC(型番聞き忘れました。)を経て,アンプへという流れだ。 スピーカーは立松音工の美しい仕上げのボックス及びホーン。ユニットはアルテックとのこと。
いろいろ情報交換できて有益だった。JAZZ喫茶なのにコーヒー300円は安すぎてびっくり。
近鉄特急の運行が乱れていて,ゆったりできなかったのが残念である。
スポンサーサイト


コメントの投稿


秘密にする
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。