FC2ブログ
長年の趣味であるオーディオを中心に,ジャズボーカルなどなどの音楽,読んだ本や日々の出来事についての雑感などを書いていきます。
長年の趣味であるオーディオを中心に,ジャズボーカルなどなどの音楽,読んだ本や日々の出来事についての雑感などを書いていきます。

紅茶と水

IMG_1495_convert_20131010194842.jpg
商談で東京に来ていたTasteaの山口君と会った。
宿泊先が半蔵門駅のそばのホテルだったので、近くのカフェバーに当てずっぽうで入った。
そこで見つけたのがこの照明だ。
前にインテリア雑誌で見かけて、気になっていた照明。
いつかは欲しいけれど、これにあった部屋を構築するのは大変そうだ。
そして、BGMには、最近の愛聴盤KING of ConvenienceのRiot on a Empty Streetが流れていた。


更にメニューには、ヒューガルテン(絶品のベルギービール)がある。
ここまで好きなものを揃えてもらうと、参りましたという感じだ。
店の名前は「HEARTS」という。
また何かの機会に利用したい。

さて、紅茶のプロである山口君の話は、水の重要性というものだった。
確かに紅茶でも、コーヒーでも99%は水分なのだから、考えてみれば当然かもしれない。
軟水というと口当たりがやわらかいのではと思ってしまうが、実は軟水ほど硬く感じるそうだ。
お勧めは和歌山、三重県の水で、特に熊野古道の水、菰野の水が良いそうだ。
その他白神山地の水、立山の水、豊田市の水道水も。
大手ではサントリーの水(取水地が三つある。)の中の大山のものが良いそうだが、関東ではなかなか手に入らない。
あと富士山の水は、井戸によって、地下水の経路の岩質によるのか、味も硬度もバラバラらしい。
アルカリイオン水は、最悪で、紅茶には酸性水が向いているそうだ。
これからは、コーヒー、紅茶には、ミネラルウォーターを使うことにしよう。
スポンサーサイト