長年の趣味であるオーディオを中心に,ジャズボーカルなどなどの音楽,読んだ本や日々の出来事についての雑感などを書いていきます。
長年の趣味であるオーディオを中心に,ジャズボーカルなどなどの音楽,読んだ本や日々の出来事についての雑感などを書いていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ZUMBA

毎週木曜日の夜にスポーツクラブでズンバのクラスがある。職場の飲み会等がないときはほとんど参加している。

ズンバとは、Wikipediaによれば、
「コロンビアのダンサー兼振り付け師であるアルベルト・"べト"・ペレズによって創作されたフィットネスプログラムである。 主にラテン音楽のステップ(サンバ、サルサ、メレンゲ、マンボなど)から引用されたものが多い。その他にもヒップ・ホップや格闘技の動作、インド舞踊、ベリーダンス、歌舞伎など の動きも含まれている。エアロビクスな どのその他のフィットネス、エクササイズプログラムに比べて、ダンスステップを基本としており、クラブなどでの「実用性」にも富み、それが昨今の人気に繋 がっていると 見る向きもある。 ズンバ(zumba)とは、コロンビアで使用されるスペイン語で「早い動きで楽しむ(お祭り騒ぎ)」[1]を意味している。

1999年にコロンビアからアメリカへ移ったペレズにより、2001年、最初のズンバクラスがマイアミで行われた。それ以来、 現在では1200万人以上の愛好者がおり、125カ国以上、110,000以上のスタジオで毎週ズンバのクラスが開催されている。」

(引用終わり)

今回調べてみるまで、これほどの人気があるプログラムだとは知らなかった。

要は、ラテン音楽に合わせて踊るのだが、細かな動作についての「しきたり」が無く、インストラクターが言葉で指示することもないので、私のようなトシの者でも恥ずかしがらずに参加できる。ステップはおおよそついていけているが、手の振りや身体の動きはまだまだだ。

前置きはともかく、音楽に乗って身体を動かすことがこんなに楽しいことだとは思わなかった。
「振りコピ」が流行っているのもそういうことなのだろう。

そして、ラテン系の陽性な音楽で底抜けに楽しいのも良い。
今や膝を痛めてから控えているテニスに変わる、私の一番のストレス解消法である。
ちなみに二番はオーディオから良い音楽を聞くことで、不動の定位置である。



スポンサーサイト

先進国中最下位の最低賃金

これは労働法の本に書いてある事実である。「そもそも、日本の最低賃金は、フランス1308円、英国1227円(ともに2007年時点)などと比べて大きく下回り、先進国中では最低水準にあります」

これは労働契約法制定時(2008年3月1日施行)の同法のQ&Aの一部である(118ページより。タイトルはメモし忘れた。)。

「多くの国が最低賃金を全国一律で定めている中で、今のままでは、日本の最低賃金が先進国中では最下位に陥ることは明らかな状況になっています。」

このような状況の下で最低賃金制度の撤廃を唄ったり(後に批判を受けて「見直し」に修正)、最低賃金が低すぎるから生活保護以下の生活しかできないのが真実なのに、最低賃金を引き上げるどころか、生活保護の水準を引き下げようとする政党がある。これでは本末転倒である。

しかし、ねたみ深い国民性が、それを後押ししているのが情けない。人の幸福を喜んでやることはなく、人の不幸を見て我が身の幸福を喜ぶ国民に未来はあるのだろうか。



雨の日と水曜日は

なぜ月曜日でないのかとツッコミが来そうだが、これは実は私がスポーツクラブに行けない日なのだ。
スポーツクラブまでは、自転車でさえ10分かかる。

単身赴任で自転車しか交通手段を持たない私には、雨の日に歩いて行く気力はないし、往復40分以上の時間ももったいない。

そして水曜日はクラブの定休日である。

岡崎にいたとき、定休日が月に1回しかないクラブに行っていた私には驚きだったが、近隣のスポーツクラブは、皆毎週定休日がある。

そして何故か土日は早く終わるのだ。意味が分からない。

スポーツクラブで風呂に入り、調理器具をIHにすればガス契約をしなくて済むのではないかと思っていた皮算用はもろくも崩れた。

ただ、たまたま一番近かった、現在通っているスポーツクラブは水曜日が定休である。

ちょうどStudioK'Sの音楽喫茶が水曜日なので、ちょうど良かったのだ。

そして仕事の飲み会が入っていない限り、ほとんど毎週音楽喫茶に通って料理名人の山本耕司さんの美味しい食事と音楽と雑談を楽しんでいる。



花よりも花の如く11巻

何度か紹介している成田美名子のコミックだが、11巻が出たので、早速購入し、すぐに読み終えた。
坂道のアポロンも良かったが、泣かせる仕掛けは少ないものの、何時もじっくり考えさせてくれるのが、本作だ。
名セリフがあったので引用しておこう。
「年を取るというのはマトリョーシカみたいなものでねえ
20歳の自分も5歳の自分も中にいるんだよ
どんな大人も20歳でも5歳でもあるんだ」
(引用終わり)
新鮮だったのが、真上からのアングル。表情を描かずに心理的描写をする映画的な技法だ。
今回のテーマは、伝統的芸能では、内弟子あるいは、親子代々がまだまだ圧倒的だが、役者の家に育っていない主人公が、周囲の親子代々の人たちとのギャップあるいはハンデに悩むところだろうか。
ハンデといえば、泥酔して高尾山中に迷い込み、盲目の鍼灸師に助けられ、その鍼灸師の自然音に対する鋭い感覚を目の当たりに見て、感じて、ちょうど演じようとしていた能の弱法師(盲目になった俊徳丸が主人公)に生かすことができそうなところで、次回に続いた。
また続きは1年前後先だから、こちらにも忍耐が要求される。待ち遠しい。




坂道のアポロン

友人が絶賛する坂道のアポロンを読んだ。
僕は漫画の絵に好き嫌いがあり、嫌いな絵(例えばジョジョとか魁男塾など)だと読む気にならないのだが、幸い許容範囲だった。

最初から引き込まれた。
僕と同年代ではなく、少し年上の世代の青春記ではあるが、青春の切なさや甘酸っぱさなどが、思い出される。
好きになった人は違う人を好きで、好きになってくれたときには違う人を想う。
自分の青春時代はそんなことばかりだった。といっても、私の場合、前者が圧倒的に多かったが。
そして物語の陰影を深くしているのが、家庭問題、人種問題だ。そして大学紛争も。
モチーフになっているジャズも本流ジャズばかりだったが当時の最新ジャズだったのだろう。
アニメも見なくては。


浦島太郎

再開してはみたものの、休止中はほとんどのオーディオ系ブログを巡回しておらず、浦島太郎状態。
かろうじて「音と戯れる会」の例会と掲示板と山本耕司さんのHPだけでオーディオと繋がっていたというのが真実。
リンク先の皆様、申し訳ありません。おいおい復習していきます。


システム紹介

前にシステム紹介を更新したのが,2010年の9月20日でした。その後の変化は少ないのですが,再開にあたり、紹介しておきます。

前回の紹介以降導入したものには※印を付しました。

1 CD再生システム

   プレクスター/プレミアム2+LC-AUDIO XO2 33.8688MHz+DENTEC PPU12(電源)+COOLMAX/ドライブケース (IEEE1394伝送用に三田の24.5760MHzクロック基板をインストール済み+トランス式定電圧電源GSV1200から給電))。ただし,ケースは使わず,シャーシ(と基板)のみをコーリアン板でサンドイッチしたもの
   ↓  自作IEEE1394ケーブル(Cat7LANケーブル使用シルクチューブ付き)
   ↓
デスクトップPC
・CPU:AMD/PhenomⅡX4 965BE
・CPUクーラー:Scythe/SCKBT-1000(KABUTOクーラー)
・CPUクーラー用のノイズ低減ボードSOtM FAN noise filter(追記)
・RAMメモリー:CFD/Elixir W3U1600HQ-2G(計8G)※4Gを追加
・マザーボード:GIGABYTE/GA-890GPA-UD3H(REV2)
・SSD:CFD/CSSD-S6M64NMQ
・※電源:Sea Sonic/SS-550KM
・ケース:Antec/P182
・IEEE1394ボード PCIexpres/SUNIX FWA2414A
・IEEE1394ボード PCI/センチュリー
再生ソフト Cubase STUDIO4
RAM DISK Tweeker使用
   ↓  自作IEEE1394ケーブル(Cat7LANケーブル使用シルクチューブ付き)
   ↓
   ↓ クロックジェネレーター Rosendahl/Nanosyncs
   ↓       ↓
  オーディオインターフェースRME Fireface400+トランス式定電圧電源GSV1200から給電+コンデンサー・アレイ
   ↓
  DAコンバーター STELLAVOX ST2(改)
   ↓
  プリアンプTRIGON/SNOWWHITE
   ↓
  パワーアンプQUAD/405-2 × 2台( ※2台目を接続し、上下バイアンプにした。)
   ↓
  スピーカーB&W/Nautilus804

   
2 SACD2Chシステム

  クロックジェネレーターRosendahl/Nanosyncs
   ↓
  ユニバーサルプレーヤーESOTERIC/DV-60(アナログ2Ch出力)
   ↓
  プリアンプSNOWWHITE  
   ↓
  パワーアンプとスピーカーは1と共通

3 SACD,DVDサラウンドシステム(休止中)

  クロックジェネレーターRosendahl/Nanosyncs
   ↓
  ユニバーサルプレーヤーESOTERIC/DV-60(アナログ6Ch出力)
   ↓(フロントL,R,C,Sub出力)     ↓(サラウンドリア出力)
  ノイ・ボックス(アナログダウンミックス) リア用アンプ エレキットTU-879S
   ↓                        ↓
  プリアンプSNOWWHITE リアスピーカーMONITOR AUDIO /RADIUS180
   ↓
  パワーアンプとフロントスピーカーは1と共通


4 アナログシステム(休止中)
  カートリッジ ラックスマンLMC-1とOrtphon MC-3000
   ↓
  プレーヤー  KENWOOD KP-9010
   ↓
  フォノイコライザー Shelter916
   ↓
  プリアンプSNOWWHITE  
   ↓
  パワーアンプとスピーカーは1と共通

5 放送受信・録音(休止中)

  CDR YAMAHA/CDR-HD1300
  DAT SONY/DTC-ZA5ES,Pioneer/D-05
  CS-PCM Tuner MDR-2000
  FMTuner ONKYO/T-425AT
  サンプリングレートコンバーター BEHRINGER/SRC2496(DAT,CDRのデジタル信号のジッター低減とアップコンバートに使用)


6 Accesory
  使用中
   アコースティックリバイブ RD-2
   ゴトウ総合音響 CDシンクロシート
   ラック クアドラQ4MP
   SKC 除電ブラシほか 
休止中
   多数。



ブログ再開

お久しぶりです。ご無沙汰しております。

2年近く間が空いてしまいましたが、再開します。

実は再開しようと書きかけては踏ん切りがつかず止めたことは数回あります。
止まっていたものを動かすには、動かしつづけるのと比べて大きなエネルギーが要るのは、何でも同じです。

今回「ブログ 再開」で検索してみると結構な数がヒットしました。
ある意味安心しました。まあ人間だもの(みつを)、色々あるわけだ。

書きたいことは溜まっているような気もするけれど、整然と書く技量はないので、そこはご容赦願います。
プロフィールにも変更がありますが、ボチボチ行くことにさせてください。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。