FC2ブログ
長年の趣味であるオーディオを中心に,ジャズボーカルなどなどの音楽,読んだ本や日々の出来事についての雑感などを書いていきます。
長年の趣味であるオーディオを中心に,ジャズボーカルなどなどの音楽,読んだ本や日々の出来事についての雑感などを書いていきます。

相性が悪い

 ところで僕はシュレッダーと相性が悪いらしい。実は一昨日(29日),シュレッダーが届いたが,これが何と3台目である。
 最初のシュレッダーに対する不満は,裁断サイズが大きすぎて情報が容易に読み取れることと,大きすぎることで,2台目で,それらの不満は解消した。しかし2台目も,1)裁断ゴミを捨てるとき機械部分を持ち上げて取り外さなくてはならず,その機械部分がとても重いので面倒である。2)それ故に別にゴミ箱が要るので,スペースを取る,といった不満があった。
 これを解消すべく,引出し式の裁断くず入れを持つタイプに替えたわけだ。引き出し式ならば,普段はくず入れを引き出しておけば,ゴミ箱として使えるから,ゴミ箱を捨てることができる。

 届いたのはコクヨS&Tの,デスクサイドシュレッダー スノーホワイト KPS-X80Wという機種である。実際見てみると,コンパクトで引き出しも使いやすい。安全装置もしっかりしている。それに嬉しいことにカタログから想像した以上に静かで,今までがいかに五月蠅かったを実感してしまった。

 難点といえば,くず入れ部分の高さが低く,A4の書類(細断不要なもの)をそのまま入れられない(折っていれないといけない)ことだ。事前に測らなかった自分が悪いのだが。今回どちらかにしようか悩んだコクヨS&Tのデスクサイドシュレッダー KPS-X120Wなら,問題なかったかもしれない。
 それと,CDやカードを細断する機能もない(無いことを承知で買ったのだが)。
 結局,今回も,最後のシュレッダーにはならなかったようだ。まだ遍歴は続きそうである。



スポンサーサイト




茶畑和也さんのイラスト展(11月4日)

tyaba

 さて,11月4日に,茶畑和也さんのイラスト展「おいしいレストラン」(11月1日~7日)に行ってきた。
 茶畑和也さんというイラストレーターを何で知っていたか?実は,中学の同級生で,同じ軟式テニスクラブに属して,ペアを組んでいたことがあるのだ。ただ,中学卒業以降特に連絡を取っていたわけではない。

 今年の夏ごろだったか,朝日新聞の地方欄に「碧南にゆかりの作家展」が行われるという記事が載っていた。私は愛知県碧南市出身なので,「碧南」という文字があるとつい記事を見てしまう。
 そこに「茶畑和也」という名前があった。「茶畑」という珍しい名前で,しかも名前まで一緒だから,これはあの茶畑君ではないかと気づき,ネットで経歴を確認すると,本人に間違いないことがわかった。
 そこでメールを出してみたのだ。それがきっかけで,今回の個展のことを知ったわけだ。
 茶畑君のホームページを見ると,どこかで見たことがあるイラストである。どうやら名古屋の鉄道の吊り広告で見たようだ。

 さて個展当日である。随分久しぶりだし,顔が分かるかどうか,ドキドキしながら画廊のドアを開けようとすると本人がドアを開けてくれた。
 それなりに(自分と同じように)年をとってはいるが,中学のときの面影が間違いなくある。向こうも昔の面影があると言ってくれた。
 思い出話や共通の面識のある同級生の話をして別れた。

 また,個展の予定が入ったらこのブログで紹介するので,名古屋近辺の方は是非足を運んでみてください。