長年の趣味であるオーディオを中心に,ジャズボーカルなどなどの音楽,読んだ本や日々の出来事についての雑感などを書いていきます。
長年の趣味であるオーディオを中心に,ジャズボーカルなどなどの音楽,読んだ本や日々の出来事についての雑感などを書いていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


何を削るか

 平日は自由時間が限られていて,夕食と風呂を除くと実質的に4時間ぐらいだろうか。スポーツクラブに行けば,更に2時間は減る。また,定期的に見ているオーディオ以外のサイト多数を巡回するだけで1時間近くかかる。

 オーディオ系のブログもRSSリーダーに登録しているものが増えすぎたため,全部巡回していると追いつかなくなっていた。そこに先日のPCの故障があったので,全てをフォローするのを諦めてしまった。

 結局,リンクしてくださっているサイトは見るにしても,それ以外は,土日等で余裕があるときにまとめて見るというスタイルになってしまった。
 そのお陰で,見逃した情報も色々ありそうだが,最近はそれもやむを得ないのかなあなどと考えている。

 64Bit,Win7,Ubuntu Studioもそろそろ検討は始めたが,ケース(AntecP182),DVD,HDドライブは使えても,マザーボードとCPUとメモリーはセットでアップグレードが必要で,数万は用意しないといけないだろう。そうすると,QUAD405-2の支払が終わるまでは動きはとれない。普通のUbuntuだけなら実験できそうなので,やってみようと思うが,そのほかは冬まで様子見かな。
 そういえば,今日とても魅力的なPCパーツを見つけたが,完売で次回入荷未定とのこと。残念である。定期的にチェックせねば。SST



スポンサーサイト

衝動買いの結果は?

 今日は資源ゴミ(段ボール,古着,新聞,雑誌,本)を出してから,妻と牧歌でお茶。喫煙席は空いていて,禁煙席だけ待たされる。このご時世だから,いまだに喫煙席の方が多いというのは,経営者として怠慢ではないだろうか。他の点は気に入っているのだが。
 今日はピーチフレーバーティーとさつまいもワッフルにした。美味だが,ちょっと甘すぎた。そして帰宅後,本や雑誌の整理をした。主にオーディオ関係で,古い方から順に押し出していって,ついに長岡鉄男のダイナミックテストの切り抜きを捨てることに決めた。
 といっても一応眺めながら捨てていくのだが,テストする機器自体がもうディスコンになっていて,良い評価のものでも,もうほとんど入手できないので,割と諦めがついて,あっさり捨てられた。しかし,ダイナミックソフトのページは,紹介されているソフトが珍しいものばかりなので,取っておくことにした。

 一昨日タワレコに注文したディスクがもう届いた。1-3週間かかると表示されていて,在庫整理なのにおかしいなとは思ったが,その「1-3週間かかる」というのが,実情に合わせていないということだろうか。まあ早く着いたので文句はないが。
 届いたのは,
1:Brahms: Sonata for Violin and Piano, etc; Vieuxtemps
アーティスト:Trio Grumiaux
2:TCHAIKOVSKY:VIOLIN CONCERTO OP.35/BRUCH:SCOTTISH FANTASY OP.46 :A.GRUMIAUX(vn)/J.KRENZ(cond)/H.WALLBERG(cond)/NPO
アーティスト:New Philharmonia Orchestra,Krenz, Jan
3:BRAHMS:PIANO CONCERTO NO.2/BEETHOVEN:PIANO SONATA NO.8 "PATHETIQUE" :MISHA DICHTER(p)/KURT MASUR(cond)/LGO
アーティスト:Kurt Masur,Leipzig Gewandhaus Orchestra
4:TCHAIKOVSKY:FRANCESCA DA RIMINI OP.32/SERENADE FOR STRINGS OP.48 :LEOPOLD STOKOWSKI(cond)/LSO
アーティスト:London Symphony Orchestra,Stokowski, Leopold/London Symphony Orchestra
5:BRAHMS:PIANO QUARTET NO.1 OP.25/NO.2 OP.26/NO.3 OP.60 :BEAUX ARTS TRIO/WALTER TRAMPLER(va)
アーティスト:Beaux Arts Trio
 そして開封すると何と全てSACDマルチだった。タワレコのページでは分からなかったので,期待していなかった。これはラッキーである。
 取り敢えず,1と5の2枚だけ聞いたのだが,収録が七十年代ということを考えると,とても良い録音だ。
 普通の土日だと休んだ感じがしないのだが,この自主連休はまあまあ休養になった。
☆ お風呂で読んでいる本
  帝都幻談(上)/荒俣宏著・・・「帝都」と言いつつ舞台は江戸。


衝動買い

 今日は有給休暇だが,持ち帰り仕事をした。途中1時間ほど「」でTea Timeをしただけで(今日はキャッスルトン茶園のムーンライト。素晴らしかった。),僕にしては真面目に取り組み(といっても例の如く集中するまでに時間がかかるだけで,実際にやっている時間は短い。),夕方までに一応片付いた。これで土日はしっかり遊べる。
 
 誰もいないので,しっかり音楽を聞きながら仕事・・・のはずだったが,娘が友達を連れてきたりして,大音量で聞けた時間は短く,ゲルギエフのマーラー6番と昨日購入のアムステルダム・ルッキ・・の2枚を聞いただけで,不完全燃焼だった。

 夜,たまたまTower Recordのメールニュースを見ていたら,「『Pentatone Classics』レーベル~在庫限定セール」で,SACDが1枚990円,2枚組で1490円という大バーゲン。思わず5組6枚ほど注文してしまった。演奏者は,名前だけ知っていて聞いたことはない,トリオ・グリュミオー,ボザールトリオ,ストコフスキー+LSO,クルト・マズアなど。曲はまだ手元にない,ブラームスとチャイコフスキーの協奏曲たちだ。マーラーの交響曲も集め終わっていないが,絞り込まずに色々な作曲家の作品を聞いていきたい。


休日

 昨日頑張って仕事を片づけ,金曜日に無理矢理休暇を取ったので,四連休である。その初日だから楽しいはずだが,あいにくの悪天候で爽快な気分になれない。
 昼は妻と「禅」で和食。リサイクルショップに寄ったが,D-RING FILE1冊を入手しただけで殆ど成果なし。

 戻って少ししたら,eBookOffから荷物が届いた。「ハイペリオンの没落」の下巻だ。少し前から集めているダン・シモンズのハイペリオンシリーズだが,ようやく最後のピースが埋まって,揃いになった。ハイペリオン上・下だけは数年前に読んだのだが,良かったことだけ覚えていて,中身はもう忘れている。難解(実際はそれほどでもないが,独特の世界設定を理解しないといけない。)で長大なので,一気に読まないと忘れてしまう。通勤の往復で読もう。

 通勤といえば,最近はほとんどマーラーなどの交響曲ばかり聞いている。ATH-CK90PROにしてから,低音もしっかり聞けるし,耳栓効果もあるので,電車の轟音もさほど気にならず,集中できるからだ。突然邪魔が入る家でのリスニングより良いぐらいだ。交響曲系が通勤で聞けるので,家ではヴォーカル系を聞くことが多くなった。

NEWArrivalCDs

 ダン・シモンズと一緒に,バルトリ(メゾ・ソプラノ)の「シャン・ダムール」とアムステルダム・ルッキ・スターダスト・カルテット(リコーダー四重奏団)の「リコーダー・ミュージック」も届いた。バルトリを買ったのは2回目だが,1枚目は少々好みと外れていた。しかし,1枚で見切りを付けるのも冒険なので,もう1枚買ってみたのだ。アムス・・・は,好きなリコーダーで,たまにはペトリ以外のも聞いてみようという訳だ。果たしてビンゴか外れかどちらだろうか。






筆無精

 またまたご無沙汰しました。
 毎日書く習慣がいったん崩れると,今度は書き始めるのにエネルギーが要るようになる。ここ数日書こう書こうと思いながら,なかなか着手に至らなかったのはそういうわけだ。実際は書いておきたいことはそれなりにあるのに。
 ここ数日間のトピックをメモしておこう。

☆ 奈良のマンペイ,アンナさんから家宴(いえうたげ)の招待状が届いた。実は招待状をいただくの自体を楽しみにしている。毎回違ったアイデアで,感心させられる。下に写真を載せておこう。
ieutage1ieutage2


 残念ながら,今回も行けそうにない。前回も行きたかったし,今回もそうなのだが,何分土日のうち1日は仕事をしないと追いつかない状態が続いているのでどうしようもない。

☆ 2/3に大学時代の友人(大阪在住)の息子さん夫婦のところにお邪魔した。こちらの大学に入った関係で少しやりとりがあったのだが,しばらく絶えていた。最近久しぶりにメールをいただき,ご招待いただいた。卒業しても愛知県で就職して,大府市に住んでいるというので,夕食をご馳走になった。
 奥様が名古屋ブルックナー管弦楽団でヴァイオリンをされていることで,音楽の話で盛り上がった。
 当然ブルックナーの話になり,私が今一つ好きになれないと言うと,中期(4-6番)はそうかもしれないが,前期と後期は良いので聞いてみてほしいという。それから,マーラーではサイモン・ラトルとベルリンフィルのものがお薦めだとのこと。これは聞いてみなくては。



☆ 引き続き,新しく届いた方のQUAD405-2を毎日聞いているが,先輩機と音が違うような気がしてならない。なんだか音が近いのだ。どちらが音が良いかと聞かれれば,新着の方が良いだろう。音が新鮮で生っぽい感じがする。もっと聞き続けて,コンデンサーのエージングが進むと,先輩機と同じところに落ち着くのか,それとも違うままなのか?
 このままだと左右スピーカーにそれぞれ405-2を当てるバイアンプをした場合に,左右で音質差が出て違和感があるのではないか。そう考えるとあせってバイアンプにしなくても,しばらく鳴らし込んでからでもいいかなと思ってしまう。まあボチボチいこか。


鮮度?

 今日は雨なので,スポーツクラブにも行かず,部屋でくつろいだ。
 新しく届いた方の405-2で聞いている。同じ405-2なのに,ちょっと音が荒削りで鮮度が高い。おそらくコンデンサーを交換した関係だろう。やはり慣らしが必要だと思う。ちなみにウエスタンラボ札幌は100時間ほど必要だと書いている。
 スピーカーケーブルやYラグやバナナ端子をどうしようかとか,アンプの置き場所とかを色々考えているが,こういうときが楽しいものだ。考えてみればヒューズも輸入しなければならない。端子類やケーブルも一つ一つは安いものだが,全部でみるとバイアンプも結構お金がかかる。
☆ 通勤や家で読んでいる本
  自作PCを30分で組み立て(GIGABITEの無料パンフレット)
  不思議百科(コリン・ウィルソン著)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。