FC2ブログ
長年の趣味であるオーディオを中心に,ジャズボーカルなどなどの音楽,読んだ本や日々の出来事についての雑感などを書いていきます。
長年の趣味であるオーディオを中心に,ジャズボーカルなどなどの音楽,読んだ本や日々の出来事についての雑感などを書いていきます。

ようやくOrpheus試聴

Orpheus

 今日は休みの初日だが,Orpheusを次の方へ巡回する期限も迫ってきたのに聞けてないので,色々試してみた。しかし,どうしてもデジタル出力から聞けないので(原因究明するほど時間が無い。),Orpheusをインターフェースとしてだけではなく,DACとしても使い,アナログ出力を取り出す方法を試してみたところ,無事音が出た(もちろんローゼンダールのクロックジェネレーターnanosyncsから基準信号を供給している。)。

 先日届いたWAONレコードのHiRes「うつろな瞳」をデータをHDDにコピーし,聞いてみたが,予想どおり素晴らしかった。
 しかし,一番驚いたのが,愛聴盤のミカラ・ペトリの(単なる)CD「ツィゴイネルワイゼン」で,こんなに音の良いCDだったっけ?と思うほど。後で聞いたハイレゾよりも良いのではと思うぐらいだった。考えてみるとこのCD「サウンド・インプルーバー(その後改名してサウンド・アップグレーダー)」(輸入終了,エソテリック扱い)で周囲を斜めに削ってあるので,その効果を割り引いて考えないといけないのかもしれない。

 Orpheus,これで値段がもう少し安ければ,飛びついてしまうかもしれないがお金がないので諦めの境地に入っており,安心である(苦笑)。
 ひとつだけ文句を言うと,フロントのLEDが賑やか,かつ明る過ぎるので,視界に入るところに置きたくはない。nanosyncsもLEDが目立つので,工夫しているが,業務用機器はみんなそうなのだろうか。




スポンサーサイト