長年の趣味であるオーディオを中心に,ジャズボーカルなどなどの音楽,読んだ本や日々の出来事についての雑感などを書いていきます。
長年の趣味であるオーディオを中心に,ジャズボーカルなどなどの音楽,読んだ本や日々の出来事についての雑感などを書いていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


雑用で右往左往

 結局長男の熱は金曜日も下がらず(39.4度!),耳鼻咽喉科へ行ってみたら別の病気と分かり,適した薬をもらって飲んだ結果,今朝までにほとんど全快した。
 
 さて,今日はとても忙しい日だった。午前中は,疲れが出て遅く目覚め,昼頃からショッピングセンターに行き,夏休みの日帰りバスツアーを予約したり,iPodの修理について質問したり,冷蔵庫の製氷機用給水フィルターを注文したり,iPone3GSを触ったり。3時過ぎに戻って1時間ほどテニスを。夕方敷地に除草剤を散布し,それから理髪に行って,夕食を近くの店で食べ,9時前にようやく帰宅した。

 戻ってネットを眺めていて,ヤフオクで気になっていたカーボンファイバー製のヘッドシェルaudionix CARBON FIBER SHELL CS-6を落札した。カーボン製シェルといえば,比較的安いものでも1万5千円前後するところを4千円台で入手したのだから,お金のない僕としてはありがたい。

 iPodの修理はすべてApple直接とのことで,電話問い合わせも90日経過後は有料という高飛車さ。実際iPodそのものは不具合はなく,パソコンにiPodを接続しても,itunesがiPodを認識しない(充電はできるが,itunesでは,「iPhoneが検出されましたが,正しく接続できませんでした。iPhoneを取り外して再接続してから,もう一度やり直してください。」と表示される。)という症状である。
 そこでWebで検索をかけてみると,同様の症状で困っている人は結構いるようで,現在,色々トライ中であるが・・・。初期状態に戻すことはできて復元もできたが,結局itunesは認識しない。もう深夜2時を過ぎたので今日はここまで。

スポンサーサイト

バーゲン参加

 結局長男の熱は下がるどころか逆に39度台になってしまい,かかりつけの医院で点滴を打ってもらった(生まれて初めて。)。当然定期試験は受けられなかった。試験はまだ2日あるので土日で回復してもらいたい。僕もうつされないよう気をつけないと。
 
 今日は仕事帰りに中古CD・レコードのバナナレコード栄店へ寄った。今日からバーゲンセール(全品2割引)だからだ。
 戦果は・・・・・前から探していたミカラ・ペトリの「ソルヴェイグの歌」を発見。これは思いがけぬ収穫だ。さらにそのうちに買おうと思っていたMORELENBAUM2/SAKAMOTOの「A DAY」(ニューヨークライブ)も安価で入手。ついでにカラヤン+ベルリンフィルの「ブラームスSym1」とクライバー+ウィーンフィルの「ブラームスSym4」も購入した。


 実は今まで交響曲は,どうも個々の楽器の音色が分かりにくく,五月蠅く感じて避けていた。だからソロとかデュオとか小編成を好んでいた(そのせいもあってバロック中心だった。)のだが,食わず嫌いは良くないのと,交響曲でも聞いていて楽しいものもあるのが「のだめ」のおかげで分かってきて,少し偏食を直すことにしたのだ。どのように聞いていくとよいのか,作曲家毎に集中して聞くか,ある交響曲を色々なオケや指揮者で聞くか,どちらが深く楽しめるのだろうか。先達のアドバイスをお待ちしております。

 夕食後,まずブラームスSym1を聞いたが,ところどころに「のだめ」で聞き慣れたメロディーが聞こえ,こういう風にサビの部分を切り取って使っているのかと感心しながら聞いていた。次いでペトリをかけると,予想より良い録音で,選曲も良く,嬉しくなった。このあたりからワインを飲み始めたので,ますます幸せな気分になる。

 特にマイケル・ジャクソンのファンではなかったが,突然の死は衝撃だった。高校生のころ,従兄弟の部屋でスリラーを聞いたことを,思い出した。
 しかし売り切った世界ツアーのチケット払戻しで興行元は大変な痛手だろう。社会に関わりを持つと,健康でないと大変な影響がある。マイケルとは比較にならないけれど僕でさえ少しは。


五嶋みどり/メンデルスゾーン&ブルッフ ヴァイオリン協奏曲集

 昨日まで湿度が高かったが,今日は少し爽やかだ。
 22日の夜は,雷雨を伴って土砂降りになり,昨夏の洪水を連想させて不安になった。幸い短時間で終わったので,寝付けた。

 さて一昨日(23日)は,五嶋みどりのメンデルスゾーン&ブルッフ ヴァイオリン協奏曲集が届いた。届いてみて初めて分かったのだが,このディスク,SACD(2Ch&Multi)専用盤であった。今までに入手した専用盤は2枚だけ(矢野顕子とマイルスでどちらも2Ch専用)だから,これは嬉しい。

 実は もみの木医院さんのHPに出ているSACDマルチ超優秀盤4枚のうち,手元に,チャイコフスキー 交響曲第5番 小林健一郎指揮 チェコフィル/ニューイヤーコンサート2002 小澤征爾指揮 ウイーンフィル/長岡京室内アンサンブル チャイコフスキー&モーツアルト室内楽曲他 の3枚を持っているのがわかり,残りの1枚がこの五嶋みどりということで欲しくなったわけ。
 またまたバンダレコード(パンダではないので念のため)のお世話になった。ポイントプレゼント(メール会員になると定期的にプレゼントされる。)とポイント値引を併せると,実質3割引き前後で買えるので,現在発売中の盤については愛用している。

 昨夜から長男が熱を出し,新型インフルかと心配したが,幸い風邪であった。そうはいっても38度7分という高熱なので心配である。明日から試験なのに・・・。夕方には37度台に下がったが。明日学校に行けるだろうか。


PCオーディオFan入手ほか

 今日は午後から家族が皆出かけて,私だけ留守番。ということで久々の遠慮無しのリスニングタイムだ。
 まず聞いたのが,河村尚子のショパンだ。完璧な演奏で,ダイナミックレンジが広く,力強い。そして優しさも備えている。他の人の同じ曲の演奏を聞いていないので,これがどれほど優れた演奏か評価ができないが,私には素晴らしく聞こえる。
 次いで,長岡京室内アンサンブルのセカンドを,今日はSACDマルチで聞いた。テレビコマーシャルやBGMに使われる曲があって親しみやすい上に,完璧なアンサンブルというか,一糸乱れぬ,本当の意味でのアンサンブルという感じだ。マルチの録音も素晴らしい。ボーナストラックのマーラーSym5より「アダージェット」が素晴らしいのにCDトラックのみというのが残念である。
 付録のマルチサウンドチェックトラックもやってみたが,サラウンドバックの音量設定が楽にできてとても良い。


 そうして聞いているうちに,待っていたものが届いた。AmazonからPCオーディオFanが届いたのだ。SACDを聞きながら読み始めると,今まで漠然としていた知識が整理できそうでとても良い。
 付録のハイレゾデータCDも素晴らしい。これだけでも買う価値は十分だ。
 海外のデータ直販サイトの紹介とか,メディアモンキーの話とか,あちこちから聞いてはいても,手を出せなかった部分がきちんと説明されている。
 とにかく「PCオーディオ」という呼称が本のタイトルになっただけでも意味がある。読んでみて改めて大推薦したのは間違いではないことを確信した。



グイン・サーガ127巻

 昼間は3時間ほどスポーツクラブへ。終わってから同じイオン内の書店に寄ったら,PCオーディオFanは置いてなかったが,グインの新刊(127巻!)を発見して即購入。次号も発行されると予告があった。次号が最終なのか,まだ書きためられた分があるのか。
 127巻を読んでも,まだ終わりに差し掛かっているという感じは全くない。山場にさしかかりつつあるなという感じだ。続きを読みたいが,栗本さんの製作ノート(それがあるとして,)に基づいて誰かが続きを書くということは不可能だろう。宇宙英雄ローダンシリーズのような訳にはいかないと思う。陰陽師のような短編集とは違って,多くの糸が絡まり,離れ,また別の糸と絡まり,最後には大団円に向かうのだろうが,栗本さんは「お筆先」なので,よくご自分でも次がどうなるか楽しみだと書いておられたから,綿密な構成は頭の中にしかなかっただろうから。



河村尚子/夜想~ショパンの世界

 午前中だけ休暇を取り,諸々の雑用を済ませる。思ったほどゆっくりは出来なかったが,用事のほかに,カフェ・ド・クリエでモーニングをしたり,バナナレコード名古屋駅店で中古レコード・CDを漁ったりできた。今日の収穫はKapellさんご推薦の河村尚子(夜想~ショパンの世界・SACD)である。夜は仕事関係の懇親会があるから聞くのは明日になるが,とても楽しみである。





諸星大二郎

 今夜もスポーツクラブへ。平日2回,土日で1回のペースで通うことになりそうだ。春の健康診断は,一応再検査の必要なしという結果であったが,LDLの値は平常値の上限に近く,やはり脂肪燃焼が必要である。今日はエアロ・ロー(=エアロビクス初級)のクラスを受けた。このぐらいなら何とかついていける。

 今日は早く出かけたので,クラブから戻ってからも時間はあったのだが,妻のヤフオク入札の手伝いをしたので,あっというまに深夜である。デッドヒートで何度目かの延長の末,何とか競り勝った。何を買ったのかというと,某グループのチケットである。馬鹿げた高値だが,本人がそれだけの価値を感じていて,自分の小遣いで行くというので応援したのだ。熱中できるものがあることは,何事にも熱中できないよりずっと良いことだしね。

 そういうわけで,今日はオーディオ関係は進展なし。通勤ではエクストンの10周年記念BOXの中から色々聞いている。
 オーディオとは関係ないが,職場からの帰り道に,ブックオフに寄って,諸星大二郎の大判コミックを入手した。「失楽園」「僕とフリオと校庭で」の2冊。新作ではないが状態は綺麗であった。読んでみると初見の短編も少しあって嬉しい。
西遊妖猿伝の大唐編も買わなくては。


PCオーディオFan」刊行

 一昨日(6/15)高音質なSACDマルチソフトが届いた。長岡京室内アンサンブルの第2作「In Memory of Hideo Saito」である。取りあえず2Chで流し聞きしたが,音質の良さは十分わかる。それに演奏が心地よい。おまけに貴重なサラウンドテストトラック付きだ。これも大阪の師匠ご推薦のソフトである。

  昨夜は,妻とスポーツクラブへ。バイク,ストレッチの後,久しぶりにスタジオレッスン(ウェイトトレーニング45分)に参加した。当然だが筋力は落ちていて,ウェイトを一段少なくしてもきついほどだった。
 お陰で夜は秒速で就寝できた。

 今夜は,「のだめカンタービレ」原作コミックを14巻から21巻まで再読した。これで2度目も終了だ。1回目に読むときは,ついつい話の筋を追いかけて先へ先へと進んでしまうため,ディテールの見落としが随分あったようで,今回の方がゆったり楽しめた。
 調べたところ,22巻は夏に出るようで,少し待たないといけない。この後,来年1月と3月に映画化される(ヨーロッパロケ)し,テレビドラマもまたやるらしい(こちらは具体的な情報はまだ得てない。)ので,まだまだ楽しめそうである。

 ところで19日に「PCオーディオFan」が刊行される。私も早速予約した。PCオーディオは,戯れる会の皆さんからいただいた情報で,それなりにやっているが,見落としも当然あるだろうし,ここらあたりで復習し,知識を整理することには意味があるだろう。ましてこれからPCオーディオを始めようという方には必読書となるだろう。
 それより何より大阪の師匠やStudioK’Sの山本さんが精魂込めて書き,金城編集長が休日返上でまとめた本だ。買って損はないと(中身も見ずに)断言してしまおう。





我慢も限界

 土曜日は,妻とスポーツクラブを下見に行き,結局前と同じジャスコスポーツクラブに妻と一緒に入会することにした。辞めて僅か2か月半だが,運動不足は確実に腹囲の拡大に結びつき,同じく運動の必要を感じていた妻がスポーツクラブに入会したいと言い出したので,私も便乗することができたのだ。
 別のスポーツクラブも考えたのだが,近さ(徒歩10分)と定休日が月1回しかないことが決め手となった。対抗馬は週1回定休で,距離もバス停4つ分ほどあるのだ。値段はちょっと安かったけれどね。

 今日は,早速スポーツクラブへ。妻は初めてなので,ガイダンスを受けた。私はバイク10分,ストレッチ,筋トレ,ウオーカー30分,振動(プルプル)マシンなど。やはり身体が硬くなっている。元々硬いのだが,更に硬い。ストレッチだけでも自宅で続けるべきだった。

 帰宅後,休憩を挟んでテニスを1時間半ほど。毎週1回やるとレベルは保てるが,上達は望めない。しかし,今の状況だと週2回以上テニスをするには犠牲にしないといけない事が多すぎる。次の異動のときに,職住近接のところへ行けることを期待しよう。

 ここのところ,ソフト入手以外に,オーディオ的な動き無しで我慢してきたが,そろそろ動きたくなっている。夏のボーナス(減ることは確定したが,出るだけでも感謝しないと。)で,オーディオ系の借金を予定どおり返済できたら,少しは動きたい。今は安くて効果のありそうなものを色々物色中である。


湿度

 昼休みに書いている(投稿するのは夜になるが。)。
 昼頃から晴れてきて,湿度も下がり,気持ちが良い。と言っていたらいきなり俄雨だ。愛知県図書館(歩いて5分ほど)に行くつもりだったが,中止である。

 住んでいる宿舎は古い(築40年以上経過。以前は幽霊屋敷と呼ばれていたが,リフォームされたので入居している。)木造家屋のためか,土台が低いせいか,ちょっと湿度が上がると,なめくじが廊下を這い回り,まことに不快である。

 職場も,執務室は冷房が入るのが来週からなので,今週は不快である。通勤も,最近は冷房が節約されているのか,湿度が高く不快である。

 こうなると,一日中爽やかな気分になれる時間がない。
 唯一自室で,除湿をかけて音楽を聞きながら色々やっている時だけが快適タイムということになる。

 その貴重な時間も,通勤に時間がかかるため,3月までよりずっと短い。CD等も,きちんと聞けるのは1~2枚ぐらいだ。何を聞こうかと考えるが,つい愛聴盤を手にとってしまう。新しく買ったCD等は,取りあえず聞くが,繰り返し聞くようになる盤は少ない。聞かずに置きっぱなしのCDが大多数である。CDももう少し絞り込んでもいい気持ちである。


メモ

 □ お借りした先へ,QB-9の感想文をようやく送った。
 □ 4月下旬からしていなかった,音楽DB(MSアクセス)への購入CDデータ入力をした。7枚+1箱(11枚入り)であった。
 □ 通勤の往復ではオーディオ・ベーシックを読んだが,睡眠不足が祟って,途中で寝込んでしまい,余り進まなかった。
 □ iTunesがiPod Touchを認識しなくなってしまい,曲の追加等ができず困っている。色々やってみたが,お手上げである。販売店に持っていくしかないのだろうか。


オーディオ・ベーシック51号発行ほか

 気温は27度くらいで,職場の冷房は28度にならないと入れてくれない。しかし湿度は高く,汗でぬるぬるして気持ちが悪い。
 仕事はヘビーな内容だったが,思いの外進展もあり,疲れたが充実感があった。

 帰途,定期購読しているオーディオ・ベーシックを取りに寄った。残念ながら今号は付録CD無しであった。付録CDは,企画が毎号面白く,マンネリ化せず,とても良い。多少安いよりもCD付きの方が楽しいのにね。次号にはJAZZのCDが付くようなので期待しよう。通勤中に読むとしよう。
 飯田さんのマルチフォーカスも成功裏に終了。目出度し目出度し。


 そして夜,ブックオフオンラインより,本とCDが届く。少しづつ揃えている夢枕獏の陰陽師シリーズ,今回は枝編と言うべき,絵=村上豊,文=夢枕獏コンビの第2弾「首」,荒俣宏の「帝都幻談」,のだめカンタービレ(の原作コミック)のオフィシャル・ファン・ブック,インゲル・マリエ・グンナシェンのCD「メイク・ジス・モーメント」である。

 早速お風呂で「首」を読了(絵も含めて122頁しかない短編なのだ。)。本来は怖い話だが,ほんわかした絵が中和して,すんなり読めてしまった。
 前にも書いたが,装丁が好きなので,このシリーズは単行本を買う。本来新品を買って作者を応援すべきなのだが,そこはリッチな方に任せて,私は古本で我慢する。


 お借りした先へ出すQB-9の感想文も書かないといけないのだが・・・。今はメイク・ジス・モーメントを聞きながらこの記事を書いている。




ここのところのオーディオ・音楽生活(報告)

 結構間が空いてしまった。いつもと違って,書くことが無かったわけではない。
 さて何から話そうか。やはり日付順に行こう。

 前回書き漏らしたが,同じ火曜日(6/2)の夕方イオンに行ったとき,ちょっとタワレコに寄ってみた。そうしたら50%オフコーナーがあった。JAZZとWORLDをチェックしたところ,JAZZコーナーでChano Dominguezのa cerate masを発見。そして,WORLDコーナーでは,前から探していたmaria ritaのsegundoを発見。予定外だがこれは見逃せないということでゲット。他にもいくつか買いたいものがあったが,ここは財布の紐を緩めると大変なことになるので,絞り込んだ。

 翌日(6/3)は予定どおり午後から休暇を取り,お借りしているQB-9とSV-192Sの比較を行った。夕方にはstill_crazyさんに加わってもらい,短時間だが充実した比較ができた。
 感想は後日書くけれど,僕はステラボックスDACの音を気に入っていることが分かった。しかしSV-192SのCPは抜群である。still_crazyさん,試聴させていただきありがとうございました。

 この日はブックオフより,CDアルフォンシーナと海(波多野睦美とつのだたかし)が届く。このCDも予想どおりとても良い。
 波多野睦美の声がとても好きだ。明瞭だが柔らかく,包み込むようで,安らぎを与えてくれる。彼女の声には夜の静けさが似合う。


 木曜(6/4)の夜,「のだめカンタービレ」の原作コミックを読みだしてしまった(2回目)。コミックの場合,初めて読むときは,つい先のストーリーの展開を知りたくて,読み急いでしまう。2度目になると,細部に目がいくようになって,ディテールで楽しめる。2度美味しいというわけだ。それにしても上野樹里ははまり役だった。

 昨日(6/6)妻と「天使と悪魔」を見た。世間では前作の「ダ・ヴィンチ・コード」より分かりやすいと,評判も良いようだが,私と妻の意見は,前作の方が良かったということで一致した。確かに分かりやすいのだが,ストーリーが1本の線でできている(どんでん返しは二重,三重にあるが。)のに対し,前作は何本かの糸からできていてそれが複雑に絡み合い,最後で一本にまとまるという感じで,原作本の長大さを強引に短くしたため,説明不足はあるものの,それは二回目に見たときには欠点ではなくなっていた。今回はそこまでの深みを感じなかった。

 そして今日は,スーパー銭湯の半額デーで朝湯をして,昼間は妻の買物に付き合い,午後は1時間半ほどテニス。少しは体重が減っただろうか。
 今は先日買ったmaria ritaのsegundoを聞いているが,maria ritaはとても上手い人だと思う。7曲目のsobre todas asなど心に染み渡る。



じっくり聞く時間が取りたい。

 仕事はちょうど端境期で,これから忙しくなる可能性は非常に高いのだが,当面は事前準備ぐらいしかやることがなく,先回りして仕事をしているものの,気は楽である。

 月曜日に健康診断があったが,ギリギリで「メタボには該当せず」でいけそうである。ここで油断すると大変なことになるから気を引き締めていこう。
と言いながら夕食は家族に付き合ってラーメン一国堂へ。美味しいことは美味しいが,油たっぷりで,身体に良いとはとても思えない。

 昨日は夕方仕事関係の研究会があり,時間が取れなかったので,SV-192Sを試聴することができなかった。今日も,まずQB-9を聞いて,次に移ろうというところで邪魔が入り,結局SV-192Sに行き着かず。
 明日は午後から時間が取れそうなので,じっくり比較しよう。タイムリミットが迫っている。


趣味としてのオーディオ

 人の褌で相撲を取りますが,bmwk_rsさんが素晴らしいブログ記事「スタートラインに立つ」を書かれているので,皆さん是非お読みください。謙虚なbmwk_rsさんの人柄が滲み出た,とても良い文章です。
 オーディオが趣味と言えるのは,こういう感じ方ができるからではないでしょうか。
 高価なシステムをポン置きしただけでは(他人(プロ)がきちんとセッティングしても同じです。)決して味わえない感動です。
 こういう経験を積み重ねて,前回の感動はまだ不完全だったと気付いていく,そして上がりは先だと知る。
 「その度にスタート地点に立っただけだと感じる」ところが,良いですね。自惚れが無いところが凄いなあと思います。

 では自分はどうか?(書きかけたのですが,まとまりませんので,続く)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。