長年の趣味であるオーディオを中心に,ジャズボーカルなどなどの音楽,読んだ本や日々の出来事についての雑感などを書いていきます。
長年の趣味であるオーディオを中心に,ジャズボーカルなどなどの音楽,読んだ本や日々の出来事についての雑感などを書いていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


タイムリミット

 昨日も,夜は仕事をした。それから,ここのところ緊張していたので,緊張を解すため,久しぶりに焼酎のお湯割りを飲みながら,Queffelecのバッハ名演集を聞いて,まったりしてから就寝。

 今日は10時ごろ起きた。久しぶりにたっぷり寝た気分である。朝食後,しばらくメールやWebチェックをしてから,少し仕事をした。

 夕方1時間だけテニスに行き,汗を流した。やはり一番のストレス解消法だ。

 夕食後,少し休憩してから再び仕事にかかる。仕事のBGMは,昨日同様Queffelecのバッハ名演集。聞いていると心が透明になる感じで,頭も冴える気がする。

 仕事も思いの外順調に進んで,転勤前に片づける目途が立った。
 しかし転勤先はスペースが狭く,参考図書や資料を置く場所が限られているので,古い分を廃棄し,選別して,身軽にしないといけない。これが結構な作業なのである。あと3週間が勝負だ。

スポンサーサイト

眠い

 夕食は外で讃岐うどんを。イオンの中の店だが,安い,美味いで気に入っている。
 その後は,今日も仕事。しかし,疲れが出てきたのか,眠いし,進まない。こんな日は寝てしまおう。

 寝る前に一つだけメモ。昨日書いたAnne Queffelecだが,今日は注文していたCDが届いた。バッハ名演集ということで,パルティータ5番,2番と半音階的幻想曲とフーガ ニ短調をソロで弾いたもの。ジャケットの写真が格好いいので,前から欲しかったもの。戯れる会例会での評判も上々だった盤だ(これだったと思うけど)。聞けるのは明日か明後日になるだろう。




やればできる(こともある)

 今夜も仕事をしている。こんなに真面目になれるなんてオレも捨てたもんじゃないなと,我ながら感心する。とはいっても外圧があったからこそできることで,余裕があるとき前倒しで仕事ができるかというと決してそんなことはなく,正に「小人閑居して不善を為す」で,ダラダラしているだけである。
 思ったより仕事が進んだので,少しは早く床に就けそうである。とはいっても日付変更線は過ぎているが。

 今日のBGMは,渡辺玲子のカルメンファンタジーとAnne QueffelecのSATIEだった。前者はちょっと激しすぎてBGMとしては向いていないようだ。やはりQueffelecのSATIEは何回聞いても良い。BGMとして流してきけば,それなりに心地良いし,じっくり耳を傾けると,心に染みいる素晴らしい演奏であることが分かる。




好きな音楽と良い音楽

 今日は,昨日書いた事情で,夜も持ち帰り仕事をした。
 BGMには昨日届いた2枚を聞いた。最近分かったのだが,私はどうもメゾ・ソプラノの音域の声が一番好みに合うようだ。デセイは素晴らしいし,Kapellさんが書かれたように線の細さが可憐な感じだというのも良く分かったが,それでもやはりオッターの方が好きなのである。考えてみると私の好きな女性ボーカルは,ノラ・ジョーンズしかりティアニー・サットンしかり,ほとんどがメゾ・ソプラノあるいは更に低い音域のような気がする。ソプラノは華やかすぎて,返って聞き疲れしてしまうようだ。


想定外

 思わぬ事態が起こった。異動が1週間早まったのだ。お陰で仕事の予定も大幅に狂った。これは土日共潰して仕事をしないと間に合わないかもしれない。もっと早く知らせて欲しいものだ。実は前にも同じ目にあっている。
 
 と文句をいいつつ,何時も参加しているエクササイズのある月曜なので,スポーツクラブには行った。しかし,3月一杯で一旦退会する届けもしてきた。通勤に時間がかかることと,忙しさの程度が分からないので,しばらく休んで様子を見ることにしたのだ。通勤自体が運動になるので,その効果で痩せるかもしれないしね。

 今日は,21日に書いたHMVからの荷物が届いた。ナタリー・デセイのヴォカリーズと渡辺玲子のカルメンファンタジーだ。後者はSACDだが,嬉しいことにマルチだった。今日は聞けなかった。明日は聞けるとよいのだが。




2.22

 2.22と数字は並ぶが,スロット(やらないけど。)と違って,特に良いことも起きない。
 今日は祖母の一周忌の法事。もう1年経ってしまったのか。終わって自宅に戻ったのが午後5時近く。グッタリ疲れて結局工作は手つかず。部屋も片付かないまま。ああイライラする。その上夜には飛び込みで仕事が2件も入る。こんなときこそ気を付けないとミスをしてしまう。もう寝ます。

 一つだけ書いておきたいことがあった。前回実家に行ったときは見あたらなかったサイモンとガーファンクルの「明日に架ける橋」(もちろんLP)を発見,回収してきた。最初に買った記念すべきLPだ。今聞くとどんな音だろうか。今聞いても感動できるだろううか。


講義終了

 昨日,ようやく研修も終わり,夜はその懇親会で,ほっとしてつがれるまま飲んでしまい,風呂も入らず寝てしまった。

 今日は,持ち帰り仕事に早くから手を付け,夕方までに仕上げた。お陰でテニスは行けなかったが。

 仕事が忙しいときは,つい間食に手が出てしまうし,運動量も少なくなるので,体重計に乗るのが怖い。その上,こういうときは,ついついモノを買うことでストレス発散をしてしまう。

 今日の場合は,HMVと楽天で,それぞれ貯まったポイント+αでCDを注文してしまった。HMVは在庫があるものなので,明後日あたり届くだろう。そうしたら紹介しよう。

 仕事が片付いたので,妻と外食する。といっても,最近外食が多く,そうそう贅沢はできないので,イオンの穂波で鉄板オムライスを食べた。いつもはカツ丼やおろしうどんを食べるのだが,初めて食べたオムライスも美味しかった。

 夕食後イオンの本屋に寄ると,「花よりも花の如く(成田美名子)」の6巻が出ていたので,当然購入。何だ少女マンガかと思ったそこのあなた,それは間違っている。下手な小説よりテーマ性は高く,能の世界についてのガイドになる。非常に細かいところまで考証をしながら書き込みされていて,年に1回ぐらいしか発行されないのも仕方がないと思わせる。これを読んでいると本物の能も見たくなるが,チェックが甘いのか,機会に恵まれない。


 次はコンデンサーアレイの工作にかかろう。


コーリアン板到着

 今日は昼頃からネットが不通になり。困り果てる。かなりのネット依存症かもしれない。有線LANの断線を疑ったのだが,それらしい箇所もない。結局再起動したら,何事もなく繋がった(お恥ずかしい。)。その後簡単な外食と買物をして,戻って自宅で雑用。時間が足りない。

 オーディオ関係では,ヤフオクで落札したコーリアンの板が届いた。元々は細長い板(長さ589ミリ,厚さ13ミリ,幅117ミリ)が4枚なのだが,2回はカットをサービスしてくれ,追加で2カット頼んで,切断の苦労を避けた。用途は先日書いたとおり。
 取りあえず,KP-9010の足の下に敷いた。幅が117ミリほどなので,前後に渡すようにして2枚使った。端切れは,FF400の上に置いたり,クロックの上下に置いたり。クロックについては,そのうちに強固に固定したい。薄いアルミケースなので。残りの長い2枚で,ラック内ラックを作ろうと考えているが,これは手が空いたときになる。おそらく5月かな。


レヴァイン指揮「魔笛」入手

 昨日はいろいろあって,書く時間がなかった。
 今日もあまり状況は変わらないが,メモとして書いておく。

 夕方家に戻るとバンダレコードからDVDが1枚届いていた。レヴァイン指揮の魔笛(ザルツブルグ音楽祭1982)だ。やはり歌劇は日本語字幕付きで画像を見ないと本当のイメージが掴めそうにないので,これから機会があれば少しずつ集めて行きたい。


 夜は久しぶりにスポーツクラブへ。考えてみると丸1週間ぶりだ。先週の火曜と同じく,バーベルを使う筋トレの45分レッスンに参加。その後25分ほど6.5キロ程度の速さで競歩。
 
 工作は中断したまま。金曜日の講義が終わるまでは,手を付けるのは難しいだろう。ああ早く聞いてみたい。

 次はSSD導入と思っていたが,先達の苦闘を拝見していると,ちと臆病になってしまう。静かさと低発熱は魅力だが,プチフリーズは困る。


頂上は過ぎたけれど。

 今日も仕事。午前中で昨日の件は一応終了。午後から,金曜日にある講義の準備にかかる。全く新しいテーマではなく,いくつかあるテーマをローテーションしていて,今回も2,3年前にやったものをUp to Dateするのだが,多勢の前で話すので,それなりに準備をしなくてはいけない。
 ある程度骨格ができたところで,今日は終わりにした。

 夕食後,気分転換に近くのスーパー銭湯へ行った。露天風呂は,さすがに寒いが,今日は4月の気温ということで,耐えきれぬほどの寒さではなかった。温泉ではないのが本当に残念だが,自転車で5分ほどと近いのが利点である。

 銭湯へ行く途中でブックオフに寄った。最近は滅多に行かないのだが,銭湯に行く時は,通り道にあるのでつい寄ってしまう。
 ふと見ると,SFとミステリーの名手山田正紀の「ミステリ・オペラ」のハードカバーが何と105円!ミステリーは買ってまでは読まないのだが,大ファンである山田正紀の作品なのでレスキューしてきた。もっとも山田正紀の場合,ミステリーとは言っても,SFのテイストがあるので,読む気になる。ただし難解すぎて理解困難なことも多いが。



また山場

 昨日は外食して買物したこともあり,結局コンデンサーアレイの製作には手がつけられず。風呂でグイン125(ヤーンの選択)を読了して,アルスラーン戦記13(蛇王再臨)にかかった。そしてついついコーリアンの細長い板4枚セットをヤフオクで落札してしまった。使い道は,ケンウッドのKP9010の下に敷くのと,ローゼンダールとP-172を重ねる小ラックにして使おうかと考えている。


 今日は,ネットで希望しておいたタカチのカタログが届いた。RSオンラインのカタログよりちょっと薄いが,それでも電話帳なみの厚さでびっくりする。どうもネットのカタログでは読みづらいので,リアルカタログが欲しくなったのだ。ケースのサイズとか構造も勉強できるだろう。

 午前中に郵便局と病院(処方箋をもらうだけ)に行って,午後は薬局と銀行(が揃っているイオン)に行ったが,用事だけ済ませて家に戻った。持ち帰り仕事と研修の講義の準備をしなければならないので,テニスも行きたいが我慢する。
 とはいっても,仕事にたどり着くまでには儀式(心の準備)が必要で,ブログをチェックしたり,メールを書いたり。実際着手したのは午後4時過ぎだった。そして先ほど,ようやく結論が見えてきて,ほっと一息である。といっても次は研修の準備にかからないといけないが。
 仕事のときはBGMはSACDだ。PCオーディオは,手間が掛かるのと,同じPCで一太郎とCubaseを動かすと一太郎が遅くなっていらつくので,BGM向きではない。今日聞いたSACDは,先日届いた逸品館お薦めの格安のジャズボーカルのオムニバス盤「JAZZ for the wee small hours」 と大石学の「NEBULA」。前者は,流し聞きした感触としては,玉石混淆かな。飽くまで好みにあうかどうかという観点からですが。大石学は,上手くてメロディーメーカーである。やはりインストの方がBGM向きで,気が散らなくてよい。


簡易工作-その2-

夕食後,コンデンサーアレイの製作に着手する。まず,ラグ板
ラグ板

の各端子(独立して絶縁している)を導通させるため,エレキット製作時に余っていた単線を半田付けする(下の写真は単線をカシメた状態。これから半田付けする。)
ラグ板2

ついで,コンデンサーのレイアウトを考え,auricap(黄色いコンデンサー)のケーブルを丁度良い長さに切り詰める。
仮配置

この後,片側の半田付けを終えたが,今日はここまで。


簡易工作着手

 午前中は久しぶりにで妻とお茶をする。紅茶専門店といえども,有名な愛知県特有のモーニングサービスは,きっちりついてくる。半熟ゆで卵,ハムサンドイッチ(ミニサイズ),フルーツポンチ(量はミニカップ1杯)がトレイに乗ってくる。ほぼ満席状態だった。紅茶も美味しいし,無料でこれだけ付いてくるのだから無理もない。

 父のCDプレーヤーだが,修理は一応できたが,CDメカの更新は出来ず(もうメカの在庫がないらしい。多分フィリップスメカだろう。),トレイの出し入れのベルトを交換し,ピックアップレンズの清掃をしただけの限定修理だった。上出来かな。

 午後はチェーザレ6を読んだり(読了した。),グイン125を読んだり(3分の1ぐらいまで)。

 夕食後,コンデンサーアレイの検討に入る。すぐにトランス電源の製作に入れないので(いつもの資金不足のため),当面ダイヤモンドの定電圧電源GSV1200(Premium2用とFF400用に計2台使用中)の出力側に入れてみようと考えている。眺めながらレイアウトを考えている時間が結構かかる。とりあえず木の板の上にレイアウトしてみることにして,コンデンサー,ラグ板の配置と配線を頭の中でシミュレーションする。結局,余分な配線を減らすため,6P1Lのラグ板(こんな感じのもの)で配線することにした。コンデンサーは,師匠筋に聞いて,SORENの51μF,auricapの10μF,5μF,1μF,0.1μFを使う。本格的なコンデンサーアレイとまでは言えないが,これでも効果は出るはずだ(アステアさんからの話)。途中の写真も出来るだけ載せていきたい。


いろいろ

 何となくパソコンにじっくり向かう時間がなくて,間が開いてしまった。何もなかったわけではないのだが。

 まず日曜日だが,昼食は妻と「野さしい菜」(和食メインのバイキング)に行き,帰りに買物をして戻る。それからテニスを2時間弱ほど。

 月曜日,アマゾンからCD1枚とSACD1枚が届く。ずっと入手しようと思っていたEva Cassidyと逸品館お薦めの格安のジャズボーカルのオムニバス盤「Jazz for the Wee Small Hours 」。
夜はスポーツクラブでエアロのみ。45分で汗だくになる。


 今日は,夕方妻とイオンへ買物に行き,久しぶりに書店へ。定期購読しているSTEREOだが,前ほど気が乗らないので,今ごろ2月号を取りに行ったのだ。ついでに新刊をチェックしていたら,グインの新刊が出ていたので,これも一緒に購入した。


 帰宅後,今日もスポーツクラブへ。先週から参加しているボディシェイプという筋トレの45分のプログラムに何とか間に合う。その後20分弱ほどマシンで早歩きしてあっさり帰宅。運動時間はちょうど60分ぐらい。これぐらいだと時間がかからずに運動量が稼げて良い。
 
 明日は,修理に出していた父のCDプレーヤーをH&Kに取りに行こうと思っている。私がアレンジしたミュージカル・フィディリティー(以下「MF」)のE-60だ。トレイがスムーズに出し入れできなくなったので,修理をお願いした。古いのに,修理を受けてくれたので助かった。父にアレンジしたのは,スピーカーがAADのトールボーイ(たしかE-20?)でCDとアンプがMFだった。もう10年は経っているが,気に入ってもらっている。


オフ会と・・・

 午前中は,オフ会に持って行くディスクを選んだり,初めてなので地図をプリントしたり,手土産を買いに行ったり。

 午後は少し早く出て,bmwk_rsさんのお宅に近い成田商会へ寄ってみた。残念ながら,放熱板は,小さなものしかなかったが,パーツを眺めるだけで勉強になる。時間をかけてじっくり選んでみたいものだ。取りあえず,スペーサーやラグ板や端子板などを買った。一個一個は安いが,数買うと意外にかかるものだ。

 それからbmwk_rsさんのお宅に向かう。ブログの写真で予想していたより大きかったもの,それはスピーカーではなく,水槽だった(笑)オーディオだけでも荷重がかかるのに,2階に,こんな巨大な水槽を置いて大丈夫だろうか(これは後で思ったこと。)

 マルチチャンネルの要はサンバレーのSV-12D真空管使用ディバイダーだった。今朝になって中域用アンプと高域用アンプを交換したとのことで,中域が300B使用のエレキットTU-873LE,高域がオーディオ専科のアンプ(名称を聞き漏らした。)低域がアムクロンDC-300AⅡだ。スピーカーは低域がフロントホーンの38?2発(ALTEC 817Aボックスに515Eユニット),中域がセクトラルホーン?(288-16G),高域もGAUSSのホーンツィーター。

 聞かせていただくと,とにかく我が家では考えられない大音量である。我が家も隣との距離はあるが,家族がいるときはさほどの音量は出せないし,いないときでも,いつ何時誰かが帰って来るかと思うと,気が気でなくて,楽しめない。大音量が心配なく出せて羨ましいという気持ちと,慣れていないので落ち着かないという気持ちが半々だった。

 ホーンの特徴なのか,音離れが良く,スカッと鳴る。ブロンボやロリンズはとても生き生きと鳴っていた。それに駆動するアンプは違うのに,音は統一されていた。

 私は東欧ジャズと北欧ジャズが特に好きなのだが,今回は知らないノルウェーのボーカルCDを2,3枚聞かせてもらった。こういう新しい発見がオフ会の効用である。

 アナログはマイクロのSX-5000Ⅱ超弩級システムで,個人宅で見たのは初めて。素晴らしかった。そのケースは自作,パワーアンプのうち2台とチャンデバもキットで,さらにエレキットはチューンされていて,工作の先輩であった。

 初訪問から長居してもと思い,2時間半ほどで辞去したので,使いこなしの話などができなかった。次回はチャンデバの使いこなしの実演をしていただけるようなので,大いに楽しみである。

 帰ったら,アマゾンマーケットプレイスで注文したコリン・ウィルソンが届いた。
アトランティスシリーズという感じで,1996年(原作刊行年。以下同じ)の「アトランティスの遺産」,2000年の「アトランティス・ブループリント」,そして今回入手したのが,2006年の「アトランティスの暗号」だ。前ほど熱意はないから新刊では買わないが,やはりコリン・ウィルソンの作品はつい手に入れてしまう。


 ところで,あいかわらず読書はお風呂でしかしていないが,今読んでいるのは,「新版聖徳太子」(梅原猛著)だ。その前読んだのが「白い杖のひとり旅」(小寺洋一著)で,その前が「原点回帰オーディオセッティング&メインテナンス」(佐藤浩義著)という順になる。

 「白い杖のひとり旅」は2度目であった。オーディオの友人で,話しているとおっとりした感じの小寺さんだが,とにかく,見習って頑張らねばという気にさせてくれる。
 自分に置き換えて考える習慣は大事だが,まだまだ想像力が不足していることを読んでいて痛感した。あっと気付いたのが,道案内してくれた人が,横断歩道の途中で,小寺さんの身体の向きを(こっちだよという感じで)変えてしまったという話。スイカ割りで目隠しをしてくるくる回された場合を考えてみると分かるだろうか。下手をすれば横断歩道に沿って歩けず,車の方に向かってしまいかねないのだ。
 自分の目が不自由になった場合,小寺さんと同じようにアグレッシブに生きられるだろうか。








明日はオフ会

 今日はちょっと仕事の密度が低く,持ち帰る予定の案件を時間中に一つ処理できた。
 夕食は久しぶりに妻とサイゼリヤへ。パエリアもどきの「地中海ピラフ」を選ぶ。値段を考えればそこそこかな。白のグラスワインが100円なのでついつい飲んでしまう。

 その後スポーツクラブへ。今週は2回だった。本当は4回行くといいのだろうが,仕事が詰まっているので当分は難しい。

 明日は初めてbmwk_rsさん宅に伺う。オフ会で何軒かのお宅に行っているが,スピーカーは,自作も含めて,ほとんどディバイディングネットワーク方式で(大阪の師匠はノーチラスだから当然マルチアンプだが。),マルチアンプの個人のお宅,特にユニットを組み合わせている方は初めてである。ホーンの音も,個人宅ではJBLのスピーカーシステムのホーンしか聞いたことがない。どんな印象になるのだろうか。とても楽しみである。


ああ疲れた

 普段は,持ち帰り仕事はあっても残業はないのだが,今日は珍しく2時間半ほど残業せざるを得なかった。協力してくれる部下の段取りとか,諸々の事情が重なって時間がかかったのだ。自分だったらもっと早くやれるのにと思うが,チームで仕事をする場合は,人の分担まで手を出すわけにはいかない。それをじっと見ているのは,いわば我慢比べのような面がある。じれったい。

 そんなわけで,家に戻ってからは,音楽を掛けながらネットを眺めていた。心の緊張を解すため,お風呂の後は,焼酎のお湯割りをゆっくり飲みながら(弱くなってしまって,茶碗一杯で気持ち良くなる。),PCオーディオで夢で逢いましょう/村上ゆきを聞いている。久しぶりのPCオーディオだが,僕には十分な音だ。ハイレゾは別格だが。とはいえCDでしか聞けない音源が圧倒的多数であることは当分動きそうにない。




今日も仕事

 今日は先日入手したWAONレコードのHigh Resolution Audio Data Sample DVD(から,オーディオ用PCに楽曲データ(WAVファイル形式)をコピーし,CubaseST4にプールしたもの)をじっくり聞いた。特に感じるのはチェンバロってこんなに重低音が出ているのかということ。言い換えればデータとしては重低音が入っているが,それが今まで取り出し切れていなかったのだと感じる。もっとも,WAONのCDが手元にないので,結局厳密な比較ではないが。しかし評論家ではないので,厳密さがなくとも明らかに良いと感じればそれで構わないではないか。

 このところ音楽を聴く時間が減っていて,欲求不満だったが,一応満足したので,仕事を始めた。今後の予定を考えると,土曜日にオフ会に行くためにも,少しでも在庫を減らしておかないといけないからだ。
 エアコンによる暖房を付けていると,五月蠅い上に,上の方だけ妙になま暖かいだけで,下は寒いので,良くない。前ほど寒さが厳しくないこともあり,エアコンを切って,足温器と膝掛けで暖を取っていると,頭がすっきりして仕事が進む。ああ床暖房があればなあ。私の理想は外断熱の家だが,当分実現しそうにない。


お知らせ

 jillartさん(役に立たないオーディオ歳時記)とPC_Audio さん(PC_Audio's blog)がほぼ同時にGoogleのBloggerに引っ越されたので,リンクを追加しました。それぞれ今までのブログのリンクの一つ上に追加しております。
 今さら私が言うまでもありませんが,ヒントに満ちていて,参考になりますので,ぜひご覧ください。今までのブログのリンクも残しておきます。


Daily Memo

 久しぶりにスポーツクラブへ。今日はスタジオでバーベルを使う筋トレのプログラムに参加した後,25分ほどルームランナーで競歩。これぐらいやるとしっかり汗もかくし,十分運動したという実感がある。何時も参加している月曜のエアロに行けなかったのは残念だが,このプログラムもなかなか良い。

 今日はマルチフォーカスチューニングのとき手伝ってもらった昔からのオーディオ仲間のHさんが,仕事の関係で来所されたので,久しぶりに歓談する。彼も4月異動ということで,残念ながら入れ違いになってしまうが,また飲もうと約束する。
 今はラックが足りないため,部屋がごちゃごちゃしているので(そのため,最近全景写真が出せない。),片付いたらお招きすることにした。いつになるのか見通しが立たないが。


山と谷

 仕事は,量も難易度も波があるが,今は高山状態。毎週締切りがあって,遊んでいてもどこかで仕事のことを考えている。
 今日は難しい案件で判断に迷い,持ち帰ってしまった。

 遅くなっても充実したものと,早くて中身が薄いものとどちらが良いかと言えば,中身が薄くても早い方が良いと思う。早くやれば,周囲の意見も聞けて,それを基に修正して,より良いものができるが,遅くなると顧客からは良い内容が期待されるのに,実際は時間が掛かっても,内容が充実できるとは限らないし,ミスを見落とししがちである。結局失望を招きかねない。
 ということで集中してやったら意外と早く第一稿ができたので,こうして記事を書くことができた。

 今日の仕事のBGMは先日買ったDVDのKARAJAN  IN CONCERT。普通に日常用PCからアナログ出力で出してSONY SRS-Z1で再生するのだが,デスクトップではそれなりに迫力がある。曲は「のだめ」のお陰か,聞き慣れたものが多い。カラヤンの指揮は,ビジュアルに力を入れた人というイメージからすると,思ったよりストイックでドイツ的だった。好きか嫌いかと言えば,まだ答えるのは早い。保留しておこう。


今日の出来事

 朝から妻と名岐駅伝を見に行く。息子が出ているので応援に行ったのだ。上位入賞は最初から無理と分かっているが,せめて親ぐらいは応援しないといけないので。
しかし昔は通勤したこともあるとはいえ,岡崎から岐阜は遠い。特急で1時間強かかるのだ。よく通勤していたものだ。

 夕方,チェーザレ6/惣領冬実と蛇王再臨/田中芳樹著が届いた。貯まったポイントの消化もあって注文したもの。シリーズ物は,よほどつまらなくなってしまった場合以外は最後まで付き合うことにしている。前者はまだイントロという感じもするし,展開が読めない。後者は例の遅筆で,ちょっと間延びしてしまったが,読み始めると終わるまで止められないのが田中芳樹の文章だ。

 話は変わるが,Takさんのサイト Soundtherapyがリニューアルされていた。
特にMusicPCの項目がUp to Dateされていたのはうれしかった。私がPCオーディオを始めたとき大変参考にさせていただいたが,めまぐるしいPCの進化によって,現状にマッチしない部分も出てきていたようだ。このリニューアルで,これから始める方には必読になるだろう。ただしリッピングがメインなので,私とはちょっと流儀は違うが。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。