長年の趣味であるオーディオを中心に,ジャズボーカルなどなどの音楽,読んだ本や日々の出来事についての雑感などを書いていきます。
長年の趣味であるオーディオを中心に,ジャズボーカルなどなどの音楽,読んだ本や日々の出来事についての雑感などを書いていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


贅沢なBGM

 今日は期限を忘れていた仕事があり,平日としては久しぶりに家でまとまった仕事をしている。ネットにPCを繋ぐと情報流出の危険があるので,ネットに繋いでいないオーディオ専用PCで仕事をやっている。しかし問題があって,Cubaseで音楽を聴きながら一太郎で起案すると,CubaseがPCの能力をフルに使うため,一太郎の動きが耐えられないほど緩慢になるのだ。

 そこでやむなくPCオーディオではなく,DV-60→SNOWWHITE→エレキットTU-879S→モニターオーディオRADIUS180のラインで,SACDを小さく流しながら仕事をしている。でもこれが結構良いのだ。余り聞き惚れると仕事にならないので,ボーカルはやめてバロックを聴いているが。つい手が止まってしまう。
 今は先日買った曽根麻矢子のバッハを流しているが,録音も演奏も素晴らしい。



スポンサーサイト

ジュリアーノ・カルミニョーラ/ヴェネツィア協奏曲集

 昨日は,記事を書いた後,午後3時過ぎから5時までテニス。夜にはFirewireAudiofileとDAC1もすんなり嫁入り先が決まったが,その関係の連絡などで落ち着かなかった。

 今日は定番のオッター&コステロを流していると,はっとするほど音が良くなっていた。楽器の実体感(まるでそこで楽器を演奏しているような感覚を指す)が強まり,音離れも良くなった。FF400のブレイクインが急に進んできたようだ。

 夕方,ブック・オフ オンラインからSACD1枚と,CD1枚が届いた。SACDが与世山澄子のインタリュード,CDがジュリアーノ・カルミニョーラのヴェネツィア協奏曲集だ。今回は一部で話題のカルミニョーラを家でじっくり聞いてみたいという気持ちが強く,送料の関係で与世山澄子のSACDも一緒に注文してみた。
 これから聞いてみよう。




FF400ファームウェアアップデート完了

 ちょっと前から身体が不調で,喉が痛かったり,熱っぽかったり,頭が痛かったりしている。風邪だと思っていたら,妻から花粉症のせいではと言われた。実は,ずっと前から,朝起きたとき,目が腫れぼったいというか,膜ができたような感じはあって,AGタイプの目薬を差していたが,それ以上ではなかった。花粉症は体内に抗体がある水準以上溜まると急に悪化するというので,それなのかもしれない。

 25日にファームウェアのアップデートがうまく行かないと書いたが,実はうまく行っていたことが分かった。実に単純なミスがあって,「アップデート後,FF400をリセットする必要があります。FF400の電源をオフにした状態で数秒間放置してください。コンピュータの再起動は必要ありません。」という文章を見落としていたのだった。コンピュータの再起動だけは何度もしたのに,FF400の電源をオフにした状態で数秒間放置するという作業は一度もしていなかったのだ。
 先ほどやってみたら,無事バージョンは1.67になっていた。

 昨日からFF400の分厚い取説を読み始めたが,まだ一部しか読んでいないのに,この点を含め,いくつか発見があった。大阪の師匠が力説されるとおり,これは熟読しないともったいない。



FF400 ブレイクイン

 一昨日からFF400を通電状態にして,できるだけ「ながら聞き」をしている。現段階ではオーディオインターフェースとしての評価であるが,もちろんFirewireAudiofileより優秀であることは分かるが,明らかに良いとまで行かないところをみると,まだまだ本領発揮とまでは行ってない気がする。戯れる会の巡回試聴のときも時間がかかったので,もう少し辛抱しよう。

 昨日から,今日にかけて,FF400の資金捻出のためヤフオクに出品することにした,M-Audio FirewireAudiofileとインフラノイズDAC-1の出品のための撮影をしたり,ヤフオクの出品文を考えたり,梱包をしたりして,今日の夕方一応終了した。
 
 今はstill_crazyさんお薦めのバッハのCD(ヴァイオリン 渡辺玲子)を聞きながら書いているが,SACDではないかと思うぐらい良い録音だ。これがFF400の効果なのか,録音自体が良いからだろうか,聞いているときはそういう詮索はしたくないが。




RME Fireface400

FF400,ようやく入手した。下の写真が当面の設置状態である。
Fireface400

 あ 床にベタ置きではないので念のため。下にフロアスタビライザーが敷いてあります。上に見えるのは何と単なる文鎮です。
 これでようやくもう1本のFire7Cableの出番が来た。

 ところで,巡回試聴のときはすんなりできたドライバーとファームウェアのアップデートだが,今日はどうしてもファームウェアのアップデートができず,取りあえずVer1.65で聞いている。
 電源は無線用定電圧電源をそのまま(絹巻コンデンサーは1個パラってあるが,)使用している。
今日のところは音が出せただけで良しとしよう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

システム紹介を更新しました。



CDドライブ振動対策完了

 今日はホームセンターでM5×80のボルトナットを探したが見つからず,手持ちのM6×80のボルトナットに適合するよう穴の径を大きくすることにして,DAISOでドリルビットを探したが,鉄工用は最大5.8ミリまでしか置いていない。そこで用心して6.5ミリのコンクリート用ビットも買った。戻って試してみると5.8ミリでは僅かに足りないので,まず5.8ミリで穴開けしておいて,その穴をコンクリート用ビットで拡げることにして試してみると,何とか成功した。1カ所だけちょっと欠けたが,ここは大目に見てもらいたい。
 万力も二つ買い足したので4カ所でがっちり2枚を重ねて固定して,通しで穴開け作業ができた。
 そしてM6×80のステンレス製ボルトナット+プラスティックワッシャーで6カ所で固定した。今日の工作は終了である。この状態が下の写真である。
cddrive

 貫通したボルトの下に革製インシュレーターを敷いてみたが,ここは色々試すと良いかもしれない。
 一聴して言えるのは,小音量で聞いても低音部がしっかりしたということだ。
 後は,クロックケースの台をコ-リアンで作れば,CDドライブケース関係の振動対策は一応完了である。
 次は電磁波対策とコンデンサーアレイかな。



グーグーだって猫である

 今朝は,コーリアンの板の穴開けに着手した。
 千枚通しで目印を付け,2枚を重ねてタガネで固定し,電動ドリルで2枚一気に穴開けをした。幸い1回で綺麗にできた。ところが,ここで準備不足が露呈するのだが,ボルトより穴のサイズが小さかったのだ。穴のサイズを大きくするとなると手持ちのドリル刃では不足なので購入しないといけない。逆に穴のサイズにあったボルト(M5以下)で80ミリの長さのものはホームセンターになかったような気がする。いずれにせよ明日は日帰り旅行なので明後日まで工作はお預けになってしまった。

 夕方から妻のお供で映画館へ。「グーグーだって猫である」を見た。主演は小泉今日子だが,上野樹里が出ているので,見たのだ。淡々としたストーリーで,人が死なないので,安心して見ることができた。ただちょっと盛り上がりには欠けるかもしれない。予想どおり上野樹里は快演であった。
 ところで,唯一トシを取って良かったと思えるのが,夫婦50割引が使えるようになったこと。夫婦のうち一人でも50歳以上であれば,入場料が一人1000円になるのだ。おかげで最近は割と映画館に行くようになった。



業務報告

 午前中に書店に定期購読のSTEREOを取りに行く。PC_Audioさんお薦めのトランジスタ技術も購入した(難解な感じだが)。また,落札したものの代金も払い込んだ。

 午後は2時間ほどテニスをした。まだまだ暑い。真夏には余り気にならなかったが,最近蚊が出てきている。テニスの休憩中は,汗に引き寄せられるのか,つきまとわれて難儀した。

 夕方は自宅の草刈りをした。先日の大雨で雑草が生き生きとして,放置できなくなってしまった。電動草刈機なので,振動と重さで両手がだるくなる。テニスの前に草刈りすると,握力が落ちて,テニスにならないのだが,逆なのでまだましである。

 疲れたので,夕食後,近所のスーパー銭湯へ行った。残念ながら本物の温泉ではないが,歩いて10分かからない近さが利点だ。最近のお気に入りは炭酸泉だ。
 そんなわけで今日は色々懸案事項をこなした。

 オーディオの面では,実は昨日,カットしたコーリアンの板をPremium2の下に敷いてみた。単に敷いただけなので,あまり期待していなかったが,満遍なく音が良くなった。
 そして今日は,昨日2枚目もカットしたので,Premium2の上にも置いてみた。まだこれから穴開けと連結をしなくてはならないが,これだけのことでも意外な良さがあった。明日は切断面の処理と,穴開けにチャレンジしよう。



工作(続き)&

 今日は,夕方,家族が誰もいないときに大音量でBjorkのVespertineを聞いた。CorneliusのSENSURROUND(DVD5.1Chだが)と並んで,今までで最高のマルチディスクだ。初めて,空間で浮遊している感覚を味わった。このディスクは,これからも家族が出かけたときに大音量でかけて世界に浸りたい。

 そして夜,コーリアンの切断作業(その2)をした。1回切ると腕がだるくなり,とても続けてやる力はない。これでドライブの上下用のコーリアンは裁断できたので,この休みにドライブサンドイッチを完成したいものだ。

 そして先ほど,ついに念願のものの一つを落札してしまった。しかし,また落札と資金繰りの順番が逆になってしまった。今から手持ちのブツを処分して金策せねば。



SACDマルチ

 このところ,日記的な内容になっているが,もともとオーディオネタだけで埋まるほど毎日あれこれやっているわけではないから,そうなることは最初から予想していた。だからブログの内容説明にも「長年の趣味であるオーディオを中心に,ジャズ(小唄路線),クラシック,ポップス,ワールドなどなどの音楽,読んだ本や日々の出来事についての雑感などを書いていきます。」と書いて,予防線を張ったわけだ。
 本当はコーリアンの切断作業もやりたいが,結構五月蠅いので,遅い時刻にはやりずらい。

 最近は,夕食後,消化と減量のため妻と早足で散歩することにしているが,途中買物もしたりして,家に戻ると結構な時間になっている。そうすると,今までほど時間の余裕がないのだ。

 今日はamazonからSACDマルチが2枚届いた。
 しばらく品切れでアメリカから直輸入するしかないかと思っていたBjorkのVespertine,そして2枚だと10%オフになるので一緒に買ったRickie Lee JonesのThe Sermon on Exposition Boulevardだ。
いずれも大天使心得さんの「SACDマルチお薦めディスク」のリストに挙がっているもの。
 まずRickie Lee Jonesから聞いているが,期待したとおりのディスクだった。比較的ナチュラルなマルチイフェクトで,小音量で聞いて心地よいディスクだ。




赤坂由香利/ブルー・プレリュード入手

ブルー・プレリュード

 今日,待望のCDが届いた。赤坂由香利のブルー・プレリュードだ。
 数年前,ミュージック・バードのオープン・セサミ(少し前まで放送していた日のライブハウスのライブを生録した番組)で,たまたま当時単身赴任していた山口市にあるポルシェというライブハウス(実際は行かずに終わった。)での赤坂由香利のライブをオンエアしたのを聞いて,親しみもあり,気に入っていたが,このCDは入手出来ずじまい。廃盤であるし,ヤフオクでも一度競り負けた。
 今回ブックオフオンラインで,在庫をじっくりチェックしていて発見し,すぐ購入したわけ。思わぬ拾い物であった。
 そのほか荒巻義雄のアトランティス大戦2,3,4,渡辺香津美のギター・ルネッサンス3「翼」(SACDステレオ)も同時に購入した。
 今やヤフオクの方が高い買物になる(こともある)時代になってしまった。

閑話休題
昨日鳥人間コンテストを見た。ほぼ毎年見ている大好きな番組だ。
しかし,まさか往復してしまうとは。36キロも飛んだのだ。凄い時代である。



工作再開

 今日は自宅から出ずに一日を過ごす。そうするとWebショップでついついポチっとしてしまうことが多い。そのせいか今月はソフト係数が高くなっている。そのうち,アマゾンとHMVに頼んだものは,今月中に届くかどうか微妙である。無事届いたら報告します。

 今日は,いよいよ次の工作に取りかかった。先日ヤフオクで入手したデュポン・コーリアンの628ミリ×188ミリ×13ミリの2枚だが,切断して,ドライブとクロックとエレキットのアンプに使おうと考えている。それでもまだ少し余るが,使い道は検討中である。

 まず,うち1枚をエレキットのアンダーボードとドライブのhamondさん式のドライブのサンドイッチの上板にすることにして,切断した。金属用の鋸で切ったのだが,なかなか進まず,心配になったが,右手がだるくなったころ,ようやく切り終わった。切断面は,わずかに曲がっていて,下手である。家族がいないときに面取りのため,やすりがけをするつもりだ。
 下の写真は,とりあえずエレキットの下にボードを敷いた状態の写真である。
879S2


SHM-CD

 今日は,妻とランチバイキングの店へ。私は食べ過ぎを怖れて日替わりランチ+ドリンクバーにしておいた。きのこのオムライスだったが,期待以上においしかった。良い椅子で照明も適度で良かったが,騒ぐ子供を放置する家族がそばの席にいたので,落ち着けなかった。腹立たしい。
 その後は2時間ほどテニスをした。まだ直射日光は強いがだいぶしのぎやすくなった。

 夜は初めて入手したSHM-CD=キース・ジャレットのケルン・コンサートをじっくり聴いた。昨日届いていたのだが,朝新聞を取るとき気付いたのだ。
 現代の音の良いCDに比べると,SHM-CD化されても,音は今一つだった。ECMレーベルは,SACD化されなかったので,今度のSHM-CD化には期待していたのだが。音質についてはまだ断定はしないでおこう。昔買ったCDとの厳格な比較はしていないので。



おくりびとetc

 昨日は,家族用のパソコンのウイルスソフトの期限が切れるので,購入済みの,一家3台までOKの別のソフトをインストールしようとすると,途中で電源が切れて再起動する現象がおきた。結局諦めて,別の試用版のウイルスソフトをインストールしてお茶を濁したが,深夜まで別の部屋でかかりっきりになっていて,ブログの更新もできず,もちろんオーディオ関係の動きもなかった。
 今考えると,そのパソコンは内部のDVDドライブに不具合があって,外部ドライブでソフトのインストールをしていたものだった。それで,当初インストールしようとしたソフトが,各ドライブまでチェックしようとするので,内部DVDドライブをチェックしようとするとき,電源が切れて再起動するようだ。

 今日は久しぶりに妻と映画を見に行った。「おくりびと」だ。妻が本木雅弘の大ファンなのでお付き合いしたのだが,僕もモッくんの映画は嫌いではないというか,結構好きだ。神妙な中にも,どこかファンシイダンスを思わせるダンス的演技で,くすりとさせる笑いがあった。久しぶりに「まだ終わらないのかなー」と思わないままTheEndになった。

 そして夕方,来週の日帰りバス旅行の代金を納めに行ったとき,同じ建物内のホームセンター「ケーヨーD2」でステンレスボルトナットM6-80㎜を6組と,プラスティックワッシャーを購入した。
 最近色々パーツを買うようになると,車で20分以内にある4つのホームセンターの中でもケーヨーD2の品揃えは群を抜いていることが分かった。ただし,電子部品はどこも駄目で,これは成田商会に行くか通販しかない。
 これで一応役者は揃ったので,サンドイッチの設計図を引いてみようと思う。いざ取りかかると,足りない物が出てきそうだが。


CDなどのデータベース化

 今日は良いお風呂の日(11日と26日で「いいふろ」という語呂合わせ)で入泉料が半額だったので,近くのスーパー銭湯に行った。最近少し運動不足で血行が悪いので,エステ風呂(強い水流で,指圧のような効果)とか炭酸泉を中心に入り,さっぱりした。

 そして先日購入したCDやSACDを登録した。CDの整理はMicrosoft Accessの音楽コレクションをカスタマイズしたものでやっている。
 今調べてみたら最初に始めたのは1999年だったから,もう10年経つ。始めた動機は,持っているCDを2度買いしてしまうことが重なったことだった。
 こういう作業は,完璧にやろうとすると挫折するし,既にある程度の量のCDを持っていたので,それを全て遡って登録することは断念した。そして今後購入するCDだけは,購入したらすぐに登録するというルールにした。もちろん,暇があるときには少しずつ遡って登録することにした。
 登録しているのは,タイトル,アーティスト名,音楽ジャンル,収録メディア(CDかSACDかDVDか),購入日,収録曲数,発売日,レコード番号である。曲名まで入力しようとすると絶対挫折するので,やめておいた。また,発売日は,CDのケースにも日付まで書いていない場合が外国盤の場合ざらであるが,そのときは1月1日発売という形で登録しておいて,何かの機会に日にちが分かれば書き換えることにした。ここに拘ると,いつまで経っても登録できなくなるからだ。

 ちょうど一昨日買ったものを登録して900枚になった。以前買ったもので,登録漏れもあるだろうし,実家のLP(百枚前後)も登録していないので,実質1000枚は超えているだろう。
 しかし最近は,前よりも好みでないCDを処分することに抵抗がなくなったことと,コクヨのメディアパスというソフトケースに少しずつ移しているので,ラックが増殖して部屋を圧迫することはない。


グイン122巻

 今日は仕事がハードだったので,帰宅後はネットを見たり,妻の買物に付き合ったりして,だらだら過ごす。

 今お風呂で読んでいるのはグイン・サーガの122巻だが,ストーリーの展開上やむを得ないとはいえ,陰惨な展開で,読むのが苦痛でなかなか進まない。グインには,時々こういう巻がある。
 しかし,ストーリー自体が自分で進行していくのを栗さんが書き留めているような話なので,仕方がないのだろう。そう思って,嫌な描写にも付き合っている。
 栗さんも,あとがきで見る限りはまだ続きを書いていけそうで,身体をいたわって,長生きしてグインの世界を持続させてほしい。 


色々入手した日

 時たま特異日というか,色々な物が集中して手に入る日がある。といっても,配達されて届くのと,買ってしまって手に入るのと二つあるわけで,今日はそれが重なったわけだ。
 まず,昼間,注文していた中古CDが届いた。still_crazyさんお薦めの曽根麻矢子と渡辺玲子のバッハだ。そして夕方,今日は当地方でのオーディオ・ベーシック48号の発売日なので,定期購読している書店に取りに行った。ついでにその横にあるタワレコに寄ってみたら珍しくセールをしている。いつもはセールでもJAZZは置いていないのだが,今日はJAZZもたっぷり。しかも半額だ。本屋とタワレコが入っているショッピングセンターが大拡張する関係で,テナントは一時閉店するから,そのためだろう。
 そこでじっくり見ていたら,JAZZ以外の魅力的なCDが混じっていた。カエターノ・ヴェローゾとマリーザ・モンチだ。結局JAZZは差し置いて,買ってしまった。
 これから順次聞いていこう。


電動ドリルドライバー購入

 今日ついでがあったので,ホームセンターに行き,電動ドリルドライバーを物色した。ちゃんとした物は結構高いことが分かる。
 しかし,今回は家計費で買えるので,妥協はしないことにして(自腹だと妥協ばかりだが),最高トルクが高く,トルク可変で,回転数が2段階のほぼ同価格の3機種の中から選ぶことにした。
 やはりカタログだけでは,持ちやすさ,重量バランスなどは分からないもので,実際に手に持ってみて,結局NATIONALのバッテリー式12V充電ドリルドライバーEZT 113YKYを選んだ。
 帰ってパソコンをみると,大天使心得さんから,AC駆動がお薦めとのコメントが。残念!一足違いであった。


電子工作準備

 昨日(9/5)jillartさんが書かれているとおり,自作にはリスクと試行錯誤がつきものだろう。今までのところは先達のご協力を得て失敗もなくやってこれたのだが。
 そう考えると,使えなかった部品を置いておく倉庫どころか押入もなく,さほど資金に余裕もない私では手に負えないかもしれない。本格的にやるのは,次の住居移転を伴う異動以降になってしまうかな。

 昨日から今日にかけては電動ドリルドライバーについて研究した。手持ちの松下電工のものの,充電器が行方不明で,充電器だけ購入しようかなどと考えていたが,可変式定電圧電源が充電器として使えることに気付き,4.8Vにして充電してみたが,結局バッテリーが駄目になっていたことが分かったからだ。
 インパクトドライバーとの相違と長所・短所など,検索してみれば,そういうことまで解説してくれるHPさえ存在するのだった。結局僕の考えるアルミシャーシの穴開けと電動ドライバーとしての用途であれば,インパクトドライバーでなく,電動ドリルドライバーが良いようだ。回転数可変の12VかAC駆動のものが良さそうである。今日はホームセンターに行こうと思っていたが,行きそびれた。試させてくれるといいのだが。


逆説の日本史(井沢元彦著)12巻読了

 昨日,逆説の日史(井沢元彦著)12巻を読了した。豊臣滅亡~江戸幕府体制確立の時期の話で,相変わらず少々くどいけれども,視点は凄い。各時代史の寄せ集めでない,通史を専門とする学者がいないことが,井沢さんの独壇場を許している。

 日は1枚CDが届いた。TMD(東京銘曲堂)のセプテンバー・ソングだ。どこが良いのか,先鋭的なサックス奏者川嶋哲郎とオーソドックスなギタリスト岡安芳明が,名手上村信のベースをベースに(親父ギャグ),スタンダードを演奏するのだが,川嶋が吹きすぎず,抑制が効いてかつリラックスしているのが聞いていて心地よいのだろう。もちろん岡安のギターが好みだというのが前提だが。
 TMDのファーストライブを入手しそこなって,ずっと探しているがなかなか見つからない(適正な値段のものがないという意味で)。




マニア未満

 久しぶり(といっても1週間ぶりぐらい)にカエターノ・ヴェローゾのノイチス・ド・ノルチを聞いてみたら驚いた。前よりぐっと各楽器やボーカルの分離・定位が良いのだ。空間にそれぞれの位置でピシっと定位する。それに今までより小音量にしても楽しめる。
 そうなった原因を考えると,最近変化したところということで言えば,Winチューニングか,ドライブとインターフェースの各定電圧電源にパラった絹巻きコンデンサーか,DACのPhaseを正相にしたことか,MITのスピーカーケーブルにしたことだが,どれが効いているのだろうか。
 そこで追究モードに入るほどまめではないので,つい聞き惚れてしまうのだ。


ぼちぼちイコか

 風邪は,初期で治まった。それなりにオフ会に向けて緊張していたのだろうか,緊張から解放されると,身体の弱いところが表に出ることが多い。

 オーディオは,次を色々考えているが,何かを処分しないと,とても大物は購入できないので,AとBを処分してB'を買うか,Aだけ処分してCの修理代に充てるか等あれこれ検討している。

 他方エレキットについては,色々教えていただいて,改良のポイントはいくつか定まっているが,パーツを注文するならできるだけまとめた方が良いので,これも思案中だ。

 もう一つ,ドライブケースについては,大阪の師匠の方法による強化を検討しているが,これは多少まとまった時間が必要なので,土日しかできそうにない。設計をしっかりしないと,途中で止まりそうだし,材料・パーツが不足するかどうかも分からない。ドリルドライバーの充電器が行方不明で,これは新規購入するしかないかもしれない。

 しかし,PCソフトウェアチューニングしてから,より明晰でくっきりしているのに,音の消えぎわもきちんと聞こえるようになったので,急いで改良しないといけないという意欲は湧いてこない。まあぼちぼちイコか。


Winチューニング

 一昨日アステアさん宅で大阪の師匠が実演指導されたWinチューニング(お手軽チューニングメニューその他による。)を,昨夜自分のオーディオ用パソコンにも適用してみたところ,音の透明感が増し,雑味が減って,明らかに良い方向に変化した。自分の手間以外コストをかけずにチューンできるのだからとてもありがたい。
自分のオーディオ用パソコンも,TakさんのHPの,「OSのチューニング ~ コントロールパネルから ~」や「OSのチューニング ~ レジストリエディタから ~」や lmst さんのHP大阪の師匠のHPなどあちこちのHPやブログをつまみ食いして,冒険にならない範囲(技術力のない私でも理解可能な範囲)でチューニングしていたつもりだったが,まだまだやることはあったということだ。

 ちょっと疲れが出たのか,風邪の初期のように感じる。今日は薬を飲んで早く寝ることにしよう。といっても日付は替わってしまうが。



床下異常なし

 今朝,床下の点検があった。苦労して畳,下板,断熱材を取り去ると,下は土であった。つまり水は一応引いていた。コンクリートベタ基礎ではなく土であったので,水を吸収してくれたのだろう。しかし,いったん水が入った形跡があり,それは基礎より上,土台の枠組みより上まで来ていた。つまり相当危なかったが,ギリギリセーフだったということだ。
 今後同程度以上の雨が来たときは危険であることは間違いないが。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。