長年の趣味であるオーディオを中心に,ジャズボーカルなどなどの音楽,読んだ本や日々の出来事についての雑感などを書いていきます。
長年の趣味であるオーディオを中心に,ジャズボーカルなどなどの音楽,読んだ本や日々の出来事についての雑感などを書いていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


前夜祭?

 明日から長い休暇に入る。毎年,他の人とのバランスで,休める時期が変動していて,今回のようにまとめて長期というのは,転職以来初めてだ。
 休みというのは,前夜が一番楽しいのだが,今回はそうでもない。仕事上の宿題をいくつか抱えているせいだろう。思い切って先に着手して,心置きなく前に掲げた課題に専念したいものだ。
 エレキットはどうも来週到着になりそうなので,それまでは仕事の宿題とオーディオ以外の課題をこなしておこう。
 オーディオ以外の課題としては,軽度の運動(お腹の引締めのため)と,読書がある。風呂では読めない大型本を読む好機だからだ。そして再読の価値がない本は処分して身軽になろう(これが実は難しいのだけれど)。

スポンサーサイト

夏休みの工作第1弾決定

昨日深夜,ついにポチッとしてしまった。
エレキットの6L6GCシングルステレオパワーアンプTU-879Sだ。
ザ・キット屋のWebShopで注文した。
Quad405-2のローンが終わったと思ったら,これである。何時まで経っても,貧乏症から脱出することはできそうもない。
しかし,これで少しはスキル向上ができそうである。
無事完成した暁には,お借りしているリア用アンプの代役に使えればと考えている。


読み終えた本と届いた本

 毎日オーディオネタを書けるほど工作力や資力がないし,(だからこそミドルリミッターと称している。)。それ以外にも書いておきたいことがあり,オーディオネタが続くとそういうテーマが溜まってしまう。

 読書関係も,いくつか書き漏らしているが,余り時間が経つと自分の中の鮮度が下がってしまって,意欲が湧かない。しかし,今日はちょうどタイミングが良い。
 god-zi-lla さんではないが,通勤時間がほとんどないので,読書時間が減っている。
メインの読書タイムは,前にも書いたとおり,長風呂中である。しかし夏になると暑すぎて風呂が短めになるので,なかなか読書も進まない。

 そうした中でも昨日ようやく読み終えたのが,イタリアからの手紙(塩野七生著)だ。短編集だが,昭和47年(1972年)発刊だからもう36年も前のイタリア各地とイタリア人についてのエッセイ集で,解説者が書いているように「味がある」「多様なエッセイ」の集合体で,決してイタリアとイタリア人を美化しているわけではないが,愛が籠もった視線で見ていると感じられる。しかしべとつかず,爽やかである。ローマ人の物語のような長編だけでなく,短編もお薦めである。

 そして今日届いたは下の2冊。谷甲州の「覇者の戦塵シリーズ」の空中雷撃と田中芳樹の野望円舞曲第7巻だ。
 谷甲州の理系的というかシステム工学的アプローチによるSFや架空戦記は大好きで,ほとんど揃えている。
 田中芳樹については説明は不要であろう。しかし当に遅筆で,続きを読みたいのに停まっているシリーズものばかりである。共著になってもいいから続きを読みたいな。




夏休みの課題

夏休みに何をしようか考えながらCDを聞いている。
例の如くリストを作ってみたが,腰の重い私のこと,どこまでできるだろうか。
1 アンプキット購入&作成
  これが今一番の懸案で,ザ・キット屋オリジナル品やエレキットを色々眺めている。

2 工作読書
  つまみ食いはしているが,キットを作りながら読むと理解が深まりそうである。


3 PCチューン(ノイズ対策)コンデンサー付加,ツイスト等
  アンプキット作りで技術力が上がってくれば,手をつけられるかもしれない。

4 CDドライブ+クロック ケース作成
  これも超弩級にすることもできれば,簡易にもできるが,メインソースであるから,最終的には完璧にしたいものである。

5 積み残しの課題 
 ・ チューナーACケーブル交換
 ・ CSPCMチューナーACケーブル交換
 ・ TAOCボード ヤフオク出品
 ・ SONYコードレスヘッドフォン出品
 ・ TAOCボード ラック下から取り外してみる
 ・ スピーカーのスパイクにfoQを貼ってみる
 ・ スピーカーバスレフポートチューニング


メモ+エージング経過報告

 11時ごろから12時半まで少し仕事が入ったが,その後は暑いのと昨夜の寝不足で昼寝をしてしまい,夕方から妻と買物へ。昼間は外出するには暑すぎるので,どうしても行動が夜型になる。

 昨日予定していたコンデンサーテストだが,少し準備が必要なことが分かり,今日は諦める。今週末からは時間があるので,急ぐ必要もない。
 それにXO-2と定電圧電源の相乗効果で,二段階ほどステップアップした音を楽しめているので,不満もない。

 ところでエージングだが,XO-2についてはどうも落ち着いてきたようだ。元々中古品なので,初期エージングは不要なわけで,販売店で在庫している間休んでいたので,少し慣らしてやればよかったわけだから,更なる進展はないのかもしれない。
 中古品であるという点では外部定電圧電源GSV1200についても同じである。こちらについてはまだ2日経過なので,結論は保留しておこう。
 一つ付け加えると,実は昨日より確実に音が良いのだ。ただし導入当初ほど段違いの変化ではなく聞き慣れたオッター&コステロだと分かる程度だが。

エージング経過報告(XO-2・6日経過+GSV1200・1日経過)

 機器を更新したり手を入れたりしたとき,本当は,一度に一つずつ試していって,どの機器がどういう効果があるのか聞くべきであることは重々承知している。そして馴染むというかブレイクインというかエージングに数日あるいはそれ以上必要なことも。
 しかし,先日のjillartさんとのオフ会で,外部定電圧電源の威力が分かっていたので,XO-2の4日目と重なるのにGSV1200を導入してしまったわけだ。どちらの効果か分からないのは自分の責任だが,今日気付いたのは,ベースの低音が更に出るようになってきたことだ。空気を振動させる力が上がったようだ。
それと音にかかっていたベールが取れたようなクリアな音になっている。
 先ほど,GSV1200の出力をバックパネルのネジ止め式に繋ぎ替えた。今日のところはこの状態で行って,明日はhamond商会謹製の絹巻きコンデンサーをパラってみよう。


GSV1200到着

 毎度のことだが,人がちょっと出かけると,その間にやってくるのがYとSだ。
 今日もそんなことだろうと思っていて,戻って郵便受けを開けてみるとGSV1200(以下「GSV」)の不在配達通知が入っていた。一刻も早く聞きたいので,先ほど取りに行ってきた。
 少々汚れているので(写真で予想していた。)SACT(SUPER AUDIO CLEANING&TUNING WATER)を吹きかけてシルコットで拭いてから通電する。正常に動作して取りあえず安心。

 GSVの出力端子は,スピーカーのようなバネ式端子とシガーライターソケットだ。そこで,ドライブケースの付属品の小さなACアダプターの出力ケーブルを途中で切って使うことにした。これをドライブケースに繋ぎ,他方の端は皮剥きをして定電圧電源の出力端子(スピーカーのようなバネ式端子になっている。)につなぐ。もちろんテスターで+と-を確認するのと,出力が12Vになっていることの確認を済ませておく。

そして接続・・・・・・・・無事認識した。
一安心である。
深夜であるし,トランス式電源であるから,すぐに評価はしないが,既に良さが現れている。明日普段の音量で聞くのが楽しみである。


落札

 ようやく落札した。
 それはトランス式定電圧電源で,第一電波のGSV1200だ。本来の用途はアマチュア無線用だ。
 日曜日のjillartさんとのオフ会で,PremiumⅡの電源として試させていただいたところ,とても良い結果だった。そこでヤフオクで探してみると,1台だけ出品されていたので早速入札し,本日落札の運びとなったのだ。
 jillartさんも,もう1台欲しいと言われていたが,遠慮してくださったのだろう。ご協力ありがとうございます。
 既にディスコンだが,在庫は探せばあるようだ。入手できれば安価にグレードアップできるだろう。KENWOODの定電圧電源は友人宅で前に聞いたことがあり,これも効果的だったが,手元にないので,比較はできない。
 音の変化の方向は,XO-2を入れたときと同方向で,入れるとその効果は歴然である。この電源のCPは圧倒的である。到着は明後日くらいだろうか。大変楽しみである。
GSV1200



エージング経過報告(2日経過)

 通電だけは続けているが,音出しは,朝と夕方~夜だけ。昨日から明確な変化は感じられない。
 ただ,聞き慣れたCDをいくつか流していると,愛聴盤の澤野商会のマリエル・コーマン&ヨス・バン・ビースト/BETWEEN  YOU AND ME(AS043)を聞いていたとき,今までメインボーカルばかり聞いていたのが,バックのハイハットやシンバルが刻むリズムがクリアに聞こえだし,こんな音も入っていたのだと感心する。

 jillartさんhamondさんほどPathological Modifyling(病的改造)の症状が進行していないので,毎日半田コテを握らなくても手が震えることはない(笑)。平日は,CDをうっとり聞きながら,ネットを眺めたりしていると時間が経ってしまう。
 そんな中でも,暫定配置のCDドライブとクロックをどうしようかとか,夏休みの工作は何をしようかなどとあれこれ考えている。この時間が結構好きなのである。


エージング経過報告(1日経過)

 XOー2導入による音の変化で一番気付くのは,音の出方が滑らかというかスムースになったことだ。今まで何となくゴツゴツとした,尖った音がしていたのが,いわゆるシルキーな,連続して変化する様子が表現される。
 声であれば,クレッシェンド,デクレッシェンドしていくときの滑らかさが違う。声の消え際・裾が伸びる。もちろん音場は広く,深く,高くなり,定位はピシッと決まる。これでもまだブレイクイン途中なのだから末恐ろしい。
 普通ならネタ切れを怖れて1日1記事しか書かない私が2回目の記事を書くのだから,信じてほしい。


システム紹介更新しました。

システム紹介を更新しました。
ここをご覧ください。
これを見るとPCオーディオ関係しか進展がないのがよく分かりますね(笑)。

大進化

 今日jillartさんに拙宅に来ていただき,ミニオフ会をした。
 jillartさんはご自宅以外の個人宅の音を聞くのは初めてのはず(違っていたらご指摘ください。)で,人の音を聞くのは,自分の立ち位置を確認するのに良いことだと思い,お誘いした。ただし,既にjillartさんの音を聞いている自分としては,jillartさんの参考になるレベルではないという自覚はあり,jillartさん宅には導入されていない,SACD+DVDサラウンドとSACDステレオを体験していただこうという気持ちが中心だった。
 感想は後日jillartさんが書いてくださるだろう。

 前回マンペイさんとアンナさんに来ていただいたときと同様,jillartさんもサラウンドに対してやや否定的(導入したいというきっかけにならなかったという意味で使っています。)で残念だった。
 慣れの問題なのか,私のサラウンドがまだ始めたばかりで不十分なせいなのか。サラウンドの,音に包まれて心の鎧を脱ぎ捨てる感じが,音楽に真剣に対峙するという2Chリスニングと違いすぎるせいなのか。
 心の鎧を脱ぎ捨てるに時間がかかるためではないか,というのが,今のところのわたしの仮説である。

 で昼食(好評で安心)後,市内の無線ショップ成田商会へ。今は無線機本体は止めてしまったようだが,豊富な品揃えで,適当なサイズのタカチのケースその他を購入した。jillartさんにも好評で,色々購入されていた。

 そして本命の工作教室だ。前日までに色々打ち合わせしていたが,現物と合わせながら,結局,小さめのタカチのアルミケースにLcAudio XO-2とDENTEC PPU12を入れ,PremiumⅡドライブの横に置くことに決定。
 実際には,レイアウトと配線を想定する作業が最も時間がかかることが分かった。ここで失敗すると後でリカバーが大変なのだ。
 次いで,アルミケースの穴開けだ。初めての金属工作だが,最初の穴はお手本を見せていただき,2つ目は自分でやってみた。ポンチで位置決め,電動ドリルで穴開け,リーマーで穴を拡大,ヤスリで仕上げという手順だ。金属屑が出るので炎天下に外で作業,jillartさん,暑い中ありがとうございました。
 そしてACからPPU12への配線,PPU12からXO-2への配線を済ませ,jillartさんが持ってきてくださったオシロでクロック出力がきちんと出ていることを確認した。

オシロ


 いよいよPremiumⅡのクロック外しだ。予備半田をし,2つの半田コテで一気に両端の半田を溶かし,その間中ピンセットで軽く引っ張っていると,自然に浮いてくるのだ。この作業は,一人でやると大変だが,二人でやれば何とかなると感じた。ただし,一度目は経験者と一緒にやると安心である。

基板


 そして,ドキドキしながら電源ON。PCがドライブを認識するのを確認できた。そして音出しである。
   ・
   ・
   ・
   ・
   ・
   ・
   ・
   ・
無事に音が。
しかも,いきなり全ての項目で明らかな向上がある。
jillartさんのお話では5日ほど経つと更に良くなるとのこと,これは凄い。
そしてjillartさんの無線用定電圧電源に替えると更なる向上が。これは買わないといけません。これも全ての項目で向上する。
 jillartさん,1日お付き合いいただき,ありがとうございました。お疲れになったでしょう。今日はゆっくりお休みください。
 そして背中を押してくださった,PC_Audioさん大阪の師匠どうもありがとうございます。


盛り沢山の一日

 午前中は,粗大ゴミを処分場に持ち込んだ。前々からの懸案だった。そして帰路ホームセンターに寄り,明日のための買物(パーツ類等)をした。
 午後はテニスをしたが,あまりの猛暑に,皆の意見が一致し,1時間早く切り上げることに。そしてクラブハウスでビール。さすがに運動後の一杯目は美味い。
 夕食後,今度はDAISOへ。完璧にイメージと合うものは無かったが,一応の準備は整った。これで,部屋の片づけと端子クリーニングの続きを終えれば,明日のミニオフ会の準備は完了(完璧とはほど遠いが)である(まだ当分寝れそうにないなあ)。
 今日買ったもの=熱収縮チューブ4種,アルミ板(0.3㎜厚)×3,細い銅の針金,リングスリーブ,内部配線用ケーブル2色各50㎝,鰐口クリップ,プラケース。


ようやく・・・

 今日は,ようやく2つオーディオ関係のことをした。
 第1に,クアドラのラックにスパイク受けをあてがった。今まではTAOCのボードに直置きだったが,気になっていた。馴染むまで時間がかかりそうなので,明日音を聞いてみよう。
 第2に,接点磨き=端子クリーニングだ。いつものテクニカのクリーナーとシルコットと綿棒だけで磨いた。まず,プリアンプ,オーディオインターフェース,DACの端子と接続ケーブルを磨いて時間切れとなった。まだパワーアンプ,スピーカー及び関連ケーブルが残っている。
 ここで時間切れとなって今はGUINESSを飲みながら記事を書いているというわけだ。


夜討ち

 今晩こそ暇なはずが,急な仕事と急な家庭サービスで,あまり時間が取れなかった。ここのところ睡眠不足が続いている。明日に備えて今日はもう寝よう。と書いていたら次の仕事の電話が・・・。


時間不足

 今日は昼間は研修の講師で,夜はその関係の懇親会。鮎料理で,美味であった。
 今週は仕事も忙しく,夜も何かと忙しい。
 本当は20日のミニオフ会に備えて工作したりしようと思っていたのだが,なかなか問屋が卸さない。
 明日からは,夜は手が空くはずなので,できる限りの準備をしよう。こういう機会でないと接点磨きもしないぐうたらな私である。


通夜の祈り

 今日は同僚のお通夜に参列した。キリスト教流のお通夜(「通夜の祈り」と言うようだ。)を初めて体験したのだ。コメントは差し控えるが,日本的にアレンジされているように感じた。
 考えてみれば今年逝去した祖母が99歳であったから,34年も若い。現代の平均寿命からすると早すぎる。
 家に着いたのが9時半で,風呂から出てようやく一息ついて,この記事を書いている。寝るまではワインでも飲みながらゆったりとした音楽を聞いて,高ぶった神経を和ませよう。


突然の訃報

 同期生(一回りほど年上だが,一緒に現職任命時の研修を受けた仲間)が亡くなった。先日早期退職したばかりで,健康を崩しているとは思ったものの,それほど悪いとは知らなかった。私も健康には気をつけないと。急に休むと多くの人に迷惑がかかるし。

 今日は,夕方DAISOに行き,XO-2のケースとして使えそうなものを物色した。なかなかズバリというものは無いものだ。迷った末,何とか使えそうなものを見つけ,レジで会計しようとしたら,財布の中がスッカラカンで赤恥をかいた。何となく小銭で分厚くなっていたので,入っていると思ってしまったのだが,昨日急な出費があってお札が底をついていたのだ。
 しかし熱収縮チューブの細いものもあったし,全く無駄な時間ではなかった(と思いたい。)。
とはいえ夕方も蒸し暑さが残り,戻ったらグッタリである。
 ようやく回復してきたので,記事を書いている。

 この調子だと,土曜日までに工作に取りかかれるか微妙である。

ルビコン川を渡る

 今日はテニスを2時間弱。真夏の日差しで日焼けした。とても蒸し暑かった。

 そして,昨日から今日にかけて,仕事を後回しにして,LcAudio XO-2とDENTEC PPU12の取り付け,配置,配線等を考えた。CDドライブケースの筐体を開けてみると,内部にクロックや電源を納める場所はもうない。既にIEEE1394基板用の三田電波のクロック+電源が入れてあるからだ。やはり別のケースが必要なことが分かる。
 次にPremiumⅡのシールを剥がして内部を確認し(もう修理は効かない。),クロックを取り外してからの配線の取り回しを考え,jillartさんにもアドバイスを得て,ケースや配線について考えている。明日にでもDAISOに行って適当なケースに成り得るものを探そう。
 そして大阪の師匠hamondさんからはコンデンサーについて有力なアドバイスをいただき,加えてhamondさんからは噂の絹巻きコンデンサーを拝領する。
 本当に私のPCオーディオは先達の智恵とご協力なしでは成り立っていない。深く感謝するとともに,私のような文系人間でも,ちょっとした学習で何とかやれるという過程を記録していきたい。


YASUYO LIVE at SATIN DOLL

 昨日は岡崎市内のJAZZBAR SATIN DOLLで行われたYASUYOさん(ボーカル)のライブに行ってきた。帰宅が12時近く,更新できなかった。
 久々のライブ。生はいい。前は嫌いだったドラムだが,PAを通さない音であれば,聞けるものだ。YASUYOさんは上手い歌い手で声域も広い。残念ながら少々私の好む傾向とは違っていたが,来ていた皆さんには大好評であった。
 最近オーディオで良い音が聞けて不満がないため,出不精になっていたが,ライブも聞かないといけない。
 ライブというと,世界一小さなライブハウス=高田馬場のホットハウスが思い出される。狭いが故にPA無しで聞けるので,楽器の本当の音,ヴォーカリストの生声がどんなものか分かる。声量のない歌い手には厳しいかもしれない。数年前聞いた酒井俊は凄かった。


行くモノ来るモノ

 今日はFF400,タイムロードのアブサリュート2とも発送した。直前に聞いたFF400単体再生がとても生き生きとしていて,手放し難い気持ちにさせた。

 去るものがあれば,来るものありで,リア用アンプが再修理を終え(前回の修理が不完全だったので,無償修理に出していた。),サラウンド環境も戻ってきた。

 そして2つのブツも届いた。
 1つはjillartさんからで,まだ秘密である。jillartさんご協力ありがとうございます。
 もう一つはこのだ。


 これも先日のオフ会のとき,jillartさん宅にあったのを,抜け目なくチェックしておいたもの。
さあお勉強だ。


アンテロープOCX旅立つ

 今日仕事帰りのstill_crazyさんに拙宅に寄っていただき,短時間一緒に試聴してから,アンテロープOCXを手渡しした。正直もっと繋いでおきたかった。
 OCX,いつか入手したいものだ。ただし順位はまだ低い。高精度水晶導入と同時と行きたいし,当面はローゼンダールでも不満はないから。
 まずはFF400導入かな。ヤフオク出品を再開しないと。


更なる変化

 昨日,もう一日経つと更に化けるかもしれないと書いたアンテロープOCXだが,本当に良くなった。2日+αでは不足だったようだ。

 そして今日,いよいよこういうものが届いた。
XO-2

LcAudio XO-2(中古品)とDENTEC PPU12だ。
PC_Audioさん大阪の師匠に何度も背中を押され,jillartさんの身近な実例を見せてもらい,ついに重い腰を上げることにしたのだ。
しばらく眺めながらレイアウト,配線,必要なパーツをじっくり考えてみたい。


比較試聴

 予定通り,午後から休暇を取り,FF400,アンテロープOCX,AETとタイムロードのデジタルケーブルの比較試聴をした。変数が多すぎて,ベストな組み合わせを選ぶには半日かけても時間が足りないという現象が起きた。
 そして結構M-Audio FirewireAudiofile+Rosendahl Nanosyncs+Perpetual Technologies PA-3A(改)も健闘していることが分かった。ただし,OCXは丸二日+α通電だから,もう一日経つと更に化けるかもしれないが。

 意外だったのが,デジタルケーブルで,あるケーブルについての評価が逆転したのだ。山本耕司さんが6月17日の記事に書いておられるが,
デジタルケーブルaとbを入れ替えて、こうなった、アンプAとBと入れ替えてこうだったというその時々の結果が絶対ではないということをわかってほしいと思う。色々な条件や状況が変わると、同じお宅でも評価が逆転するなんてことがよくある」のだ。僕の場合もそうなった。


音出し開始

 昨夜は,深夜3時までかかって,音出しに成功。本日のコーヒーさんに習って,FF400のドライバーとファームウェアのアップデートをしたのと,2度目なのに前回やった設定を忘れていて,少々試行錯誤があったからだ。
 今日は慣らし運転で,BGM的にずっと音楽を聞いている。クロックはローゼンダールのままで聞いている。
 午後2時間ほどテニスをして家に戻る。ちょっと遅れ気味の仕事をやらなければいけないが,結局手を付けたのは夕食後だった(今も進行中。休憩代わりに記事を書いている。)。

 そして今日は,巡回でタイムロードのアブサリュート2(デジタルケーブル)も届いた。
 明日の午後に休暇が取れたので,それまで慣らし運転をしてから,じっくり比較試聴するつもりだ。


アンテロープOCX・FF400同日到着

 暑い一日。今日は夕方草刈りをした。暴力的な勢いで雑草が伸びる土地なので,周囲から文句が出ないよう,時々草刈りをしないといけない。今は電動のこれを使っている。前は同じ電動のナイロンカッターを使っていたが,ナイロンの消耗が激しく,交換作業がとても大変なので,物色していたら目に留まった。使ってみると鋸爪ブレードの持ちが良く,交換も楽なので,とても気に入っている。
 
 朝方,予定どおりアンテロープOCXが届き,早速通電を始める。
 午後の遅い時間にFF400も届く。嬉しい悲鳴である。ちょっとセッティングに迷いがあり(同時に届いた場合を想定していなかった。)まだ音出しできていない。
 別の悪だくみも検討中で,そちらの手配も色々としているが,これはそのうちに。



いい音してます。

 今日は仕事がきつかったので,無事終わって一息ついた。少々肩が凝っているのは,無意識に緊張していたせいだろう。緊張性の肩凝りである。

 夕方Tea&家族サービスして,9時ごろ家に戻り,オーディオ電源を入れ,久々にやや大きな音量でPCオーディオを聞いてみる。
 驚いたことに前より明らかに良い。声の実体感が増した。定位もピシっとしている。小工作その1その2その3の相乗効果が出たのだろうか。そうだとすれば嬉しい誤算である。

 明日には音と戯れる会の巡回でクロックジェネレーターのアンテロープOCXが届く。3日ほど安定するまで電源を入れておかないといけないようだが,手元のローゼンダールとの比較が楽しみである。
 さらに今回は,偶然(別に巡回されている)Fireface400も間もなく届く予定で,FF400にアンテロープを繋いだ状態を試聴できる。
 しかし,借金解消の1年が増加の1年になってしまいそうで,ある意味恐怖である。怖い物見たさという言葉もあるけどね。


小工作その3

 6月30日に書いたテーマのうち,「プリアンプ ACアダプターケーブル電磁波対策」をしてみた。他のACアダプターの場合と同様,アダプターから本体への出力ケーブルにMSI-30Tを巻いただけのことだが。
 しかし,期待した以上に効果があり,一聴しただけでバックグラウンドの静かさが増したことが分かった。

 それからWebを見ていたら,あちこちから背中を押されていて,お金がなくても何とかしなければと思っていたテーマ=プレミアムⅡのクロック交換にjillartさんがいよいよチャレンジされたとのこと。私もDクロックは無理でもせめて三田の水晶振動子への交換をしようかなどという考えも頭をよぎる。
 まあ,落ち着いて,何から手をつけるかじっくり考えてみよう。



新規リンク

 いつもアイデアを参考にさせていただいているcantea さんのブログ「~何分不慣れなもので~」と,とてもセンスが良く,上質なユーモアがあるmono-mono さんのブログ「MONOmonologue」にリンクさせていただきました。たまたま同じ日になってしまいましたが,お二人のブログ,傾向は全く違いますね。そこが面白いところだと思います。でもどちらも私は好きです。見栄えはmono-mono さんのように美しく,アイデアはcantea さんのように湧いてくるといいのですが。なかなかそうは問屋が卸しません。


手詰まり感

 ここ二,三か月,オーディオ以外の記事を除けば,ちょっとしたアイデアと簡易な工作だけで記事を書いてきた。昨日書いた中の,資金なしでできる項目は引き続きやっていくが,それ以上となると,手詰まりである。やはりある程度の資金がないと遅々とした進展しかできないものだ。

 どしどし実験できる友人たちは羨ましいが,私には失敗を許容する資金的余裕はないので,そういう方の貴重な成果をいただいて1周遅れでついていこうと思う。

 これからの1年は,「負債解消と資金作りの1年」と位置づけて,CDの購入を抑え,手持ちのCDをじっくり聞き込んで選別したり,アンプキット作りを通じてスキルアップをしたりすることにしよう。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。