長年の趣味であるオーディオを中心に,ジャズボーカルなどなどの音楽,読んだ本や日々の出来事についての雑感などを書いていきます。
長年の趣味であるオーディオを中心に,ジャズボーカルなどなどの音楽,読んだ本や日々の出来事についての雑感などを書いていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ノー・リグレッツ/岡安芳明


研修中に唯一買ったのがこのCD
岡安芳明を最初に好きになったのは,ミュージックバード(CS-PCM放送)のJAZZ8(現The JAZZ)のオープン・セサミ(日本のライブハウスでのライブを生録して放送する番組)で聞いたときだが,その後,上京したとき高田馬場のホット・ハウスでライブを聞いてますます好きになった。
CDはすぐ廃盤になってしまうので,まだ全部手元にある訳ではないが,どれも僕には好ましい。



スポンサーサイト

日記のような

 もう深夜3時になろうとしている。
 昼間掲示板に書き込みをしたり,テニスをしたり,久しぶりに自宅の音を聞いたりして遊んでしまったので,皆が寝静まってから仕事をした。
 せっぱ詰まると集中力が違う。追い込まれなくてもこの集中力が出せればいいのだが。

 実は研修前から原因不明の不調が続き,回復してきたのが金曜日ぐらいからだ。
 男にもあるという更年期なのか,花粉症が新段階を迎えたのか,単なる風邪だったのか,不明のまま一応治った。
 だからいつもなら研修中の夜はライブハウス三昧なのだが,おとなしくしていた。

 その間にstill_crazyさんお薦めの,「しゃばけ」(畠中恵著)を読んだ。
なるほど面白い。これは続編も読まなければ。

再開&再会

 お久しぶりです。ようやく気力が戻ってきて,記事を書く気になりました。

 実りある研修(笑)が終わって,一息つく暇もなく,戯れる会例会,Kさん宅オフ会に出掛け,昨夜10時40分ごろ帰宅。

 たまの上京なので,ついあれもこれもと欲張りすぎて,消化不良になってしまう傾向がある。一応後悔はするが,次に行くまでには,忘れてまた繰り返してしまう。本当に学習能力がない。自分でもあきれてしまう。

 そういいつつ,事前の目標にしていた,シルクチューブ,ゲルシートその他目的のブツは全部入手できた。PC_Blogさん本日のコーヒーさんありがとうございます。
 いよいよ材料が揃ったので,後半の連休にはIEEE1394ケーブルの作成をしてみよう。

 ところで,今,自宅の音を1週間振りに聞いているが,十分楽しめる良い音だ。厳密な比較をすれば,StudioK'sやKさん宅の素晴らしい音より劣っていることは分かっているが,聞いている分には気にならない。オフ会に来ていたIさんとも話したのだが,今聞いている音に不満があるわけではない。しかし,ちょっと手を加えるだけで,更に上質な音を出せることが分かっているので,現状に立ち止まることができないだけだ。


お知らせ(更新一時休止)

 今日から研修で不在にしますので,しばらく更新ができません。再開は27日の予定ですが,疲れていたら28日にずれ込むかもしれません。
 色々ネタを仕込んできますので乞期待


日記

 書き漏らしたが,昨日,グインサーガ120巻とSTEREO5月号を購入した。
グインサーガの後書きによれば,取りあえず栗本さんの手術は成功したようだし,入院中にも原稿を2冊半も書いたとのこと(超人的)。回復を祈念します。


 今日は通販で貯まった段ボールほかの資源ゴミを回収に出した後,研修の荷造りをした。

 それと楽天ブックスから「Cornelius / SENSURROUND」と「真空管アンプ・スピーカー作りを楽しむ」が届いた。
 SENSURROUNDは上質なデザインの薄型紙パッケージで,いかにも良い音と映像が入っていそうなDVDだ。研修終了後の楽しみとしよう。
 「真空管アンプ・スピーカー作りを楽しむ」は図書館で借りてみて,良かったので,購入したもの。大いに電子工作の参考にしたい。




秋葉原行きの準備

 今日は,研修中の秋葉原行きに備えて,買い出しの準備をした。
肝心の研修の準備はどうなってるの?と突っ込まれそうだが,研修先にはネット環境がないので,ネットで調べておきたいことをまずやっておかないと。

 本日のコーヒーさんのアドバイスで,シルクチューブ(9㎜のもの)はオヤイデに取り寄せを依頼しておき,研修中に受け取りに行く形にした。これで確実に入手できそうである。

 PC_Audioさんに教えていただいたとおり,高域電磁波吸収熱伝導ゲルシートは販売元のジャパンバリューのサイトでの直販はあるが,特約店のT-ZONEのWebサイトには見あたらない。一応T-ZONEに行ってみて,なければ通販にするしかなさそうだ。

 来週はテニスができないので,今日2時間ほど練習に参加した。曇りのはずが晴れて日差しが強く,日焼けしてしまった。しかし,汗をたっぷりかいて,気持ちがよい。これだからテニスはやめられない。


落ち着きません。

 一昨日は家庭内のごたごたで,昨日は歓迎会で,投稿できなかった。
 来週は研修があるので,その準備もしなければならない。旅支度+研修の資料読みである。
 と言いつつ,その合間にCubaseLEのインストールをしてみようと思っている。 それから,研修中に秋葉原に寄る時間がありそうなので,ここ(1.12の記事)で書かれているIEEE1394ケーブルの作成準備のため,高域電磁波吸収熱伝導ゲルシート,シルクチューブ,熱収縮チューブを入手したい。


システム活性化

 今日音と戯れる会で巡回中だったAETのEVOシリーズラインケーブルを次の人に発送した。
 そして今は元のAET SCR-LINE(初期型)でCDを聞いている(PCトランスポート使用)。

 すると,以前マークレビンソンの№38SLが巡回されてきて,返却後,元のアンプに戻したとき感じたのと同様の効果が表れた。やけに音が良いのだ。EVOをブレイク・インするつもりだったが,逆にEVOによってシステムが活を入れられたようである。

 デジタルだけかけているシステムに,アナログを入れるとシステムが活性化されるという話は,あちこちで聞くが,この経験からしても頷ける話である。


SACDマルチ待望の音出し

 結局,リア用スピーカーケーブル(DENON AK-2000)の端末処理と配線は今日にずれこんで,2時間以上かかり,ようやく終了。
 大阪の師匠にお借りしているリア用プリメインアンプ(CreeK A-50iR)の設置(セッティングを詰めたわけではなく,置く場所を決めただけ。)と配線を行い,ついに音出し。
 しかし,問題が。プリアンプ(SNOWWHITE)のボリュームをリモコンで操作すると,CreeKのボリュームまで反応してしまうのだ。それも,どうもCreeKの方が大きく変動する。プリアンプのボリュームを少し上げようとすると,リアのボリュームがもっと上がり,逆もしかりで,バランスが崩れるのだ。
 違う国(ドイツとイギリス)の,違うメーカーで,こういうことが起きるとは。
 当面,CreeKのリモコン受光部を塞いで,手動で操作するしかなさそうである。

 そういうわけで,SACDマルチの的確な評価ができる状態ではないが,リアとフロントの音質的な違和感はなく,細かいことを言わなければSACDマルチの良さは十分感じられた。ただし,AVアンプを持っていないので,厳密な比較ではないから念のため。


やっとスピーカーケーブル購入・Samplitudeデモ版使用方法追補

 送別会のお陰で部屋はすっきりした。やはりすっきりした部屋は精神的にも良い。
 今日はリア用スピーカーケーブルを,近くのEidenで買ってきた。DENONのAK2000というメートル380円のものだ。値段の割に太い平行ケーブルで,ケーブルとケーブルの間にケーブルをもう1本挟んだぐらいの幅の緩衝材がある。そこが気に入った。これから端末処理をしよう。

 忙しかったり熱を出したりしたので,まだSamplitudeデモ版からCubaseLEへの移行ができていない。しかし,Samplitudeデモ版も相当音が良いので不満はない。操作性も上々だ。
 ところで,前にSamplitudeデモ版の使用方法を書いたが,使っているうちに分かったことがある。どうもこのソフトはウインドウズの休止状態に対応していないようで,ソフトを立ち上げたまま休止状態にして復帰すると動作しないのだ。その場合,いったんソフトを終了してもう一度立ち上げ,最初から順に操作をすると何事もなく動作する。
 それと24Bitしか駄目と書いたが,32Bitにしても動作したので,この点は訂正しておきたい。

久しぶりの発熱

 一昨日(8日),歓迎会の終わり頃から突然寒気がして,帰って寝ようとしたが,寒気が止まらない。次に額がとても熱くなった。おかしいと思い体温を測ったら,37.9度もあった(ちなみに平熱は36.2度前後)。薬を飲んで早く寝たが,汗をかいてのどが渇き,二,三度起きたりした。運良く翌朝には36.8度くらいに下がっていたが,午前中はどうしても休めない仕事があったので,何とかこなし,午後は休暇を取って寝た。お陰で今日にはほぼ全快した。
 しかし明日は遅い送別会(3月中に日程調整ができず4月にずれ込んだもの。)があるので,また体調を崩さないようにしないといけない。

 明日のため部屋の片づけもした。食事してから拙宅に寄ってもらい,音楽を聴きながらワインでもと思っているからだ。いろいろグレードアップしたおかげで,音楽に聴きいってしまうので,片づけるのは億劫になる。来客でもないと片づける決心がつかない。そういう意味でも自宅オフ会(今回はオフ会ではないが。)を開くのは,よい機会だ。


システム紹介

昨年秋以降もいろいろ変遷があったので,このあたりで私のオーディオシステムを改めて紹介しておきます。
1 CD再生システム
  プレクスター/プレミアム2(2008.7.20よりLC-AUDIO XO2 33.8688MHz+DENTEC PPU12を追加)COOLMAX/ドライブケース(IEEE1394伝送用に三田の24.5760MHzクロック基板をインストール済み+2008.7.25よりトランス式定電圧電源GSV1200から給電)
   ↓ 2008.5.13よりIEEE1394ケーブル(Cat7LANケーブル使用シルクチューブ付き)
   ↓
デスクトップPCメモリーを1.5ギガに増量済み,2008.12.9より再生ソフトCubaseSTUDIO4 / 2008.6.9よりケースをAntecP182に変更
   ↓ 2008.9.24よりIEEE1394ケーブル(Cat7LANケーブル使用シルクチューブ付き)
   ↓
   ↓ クロックジェネレーター Rosendahl/Nanosyncs
   ↓       ↓
  オーディオインターフェース2008.9.24よりRME Fireface400+2008.8.7よりトランス式定電圧電源GSV1200から給電)
   ↓
  DAコンバーター Perpetual Technologies PA-3A(改)
   ↓
  プリアンプTRIGON/SNOWWHITE
   ↓
  パワーアンプQUAD/405-2
   ↓
  スピーカーB&W/Nautilus804
   
 
2 SACD2Chシステム
  クロックジェネレーターRosendahl/Nanosyncs
   ↓
  ユニバーサルプレーヤーESOTERIC/DV-60(アナログ2Ch出力)
   ↓
  プリアンプSNOWWHITE  
   ↓
  パワーアンプとスピーカーは1と共通

3 SACD,DVDサラウンドシステム
  クロックジェネレーターRosendahl/Nanosyncs
   ↓
  ユニバーサルプレーヤーESOTERIC/DV-60(アナログ6Ch出力)
   ↓(フロントL,R,C,Sub出力)     ↓(サラウンドリア出力)
  ノイ・ボックス(アナログダウンミックス)  リア用アンプ2008.8.15よりエレキットTU-879Sに変更
   ↓                        ↓
  プリアンプSNOWWHITE    リアスピーカーMONITOR AUDIO /RADIUS180
   ↓
  パワーアンプとフロントスピーカーは1と共通

4 放送受信・録音
  CDR YAMAHA/CDR-HD1300
  DAT SONY/DTC-ZA5ES,Pioneer/D-05
  CS-PCMTuner MDR-2000
  FMTuner ONKYO/T-425AT
  2008.8.6よりBEHRINGER/サンプリングレートコンバーターSRC2496を追加(DAT,CDRのデジタル信号のジッター低減とアップコンバートに使用)

5 Accesory
  多数

RADIUS180到着

Radius180

MONITOR AUDIO のRADIUS180を発注したのが土曜日だが,もう到着した。
素早い対応で,ありがたい。
取りあえず梱包を解いてスタンドに取り付けてみた。
配線はまだである。設置してから長さを測ろうと思って,ケーブルをまだ入手していないので,できないのだ。音出しは週末かな。

コーネリアス

monomonoさんのブログで見たのだが
コーネリアスのこのビデオクリップ↓は凄い。
sensiousが音が良いということで名前だけ知ってはいたが,センスも素晴らしい。
DVDはあるのだろうか?調べてみないと。


MONITOR AUDIO のRADIUS180注文

 昨日はああ書いたが,その時には在庫の問い合わせのメールを出していて,今日在庫ありとの返事があったので,セカンドハンズ新宿中古センターでMONITOR AUDIO のRADIUS180を発注してしまった。
 お金が無い無いと言いながら,早くきちんとしたサラウンドを聞きたいという欲求には勝てなかったのだ。

 どなたかが,「迷っていると書いたときにはもう決まっている。」とブログに書いていたが,名言だとしみじみ思う。これで年頭の目標の第1は一応完了である。まだリア用アンプがないじゃないかと突っ込まれそうだが,実はお借りしたアンプがあるのだ。その辺りはまた後日。(続く)

リア用スピーカー選び

 ここのところずっとサラウンドのリア用スピーカーを何にしようか迷っている。とにかく安くて,そこそこの音質で,奥行きが短いもの(なにせ6畳洋間なので)。
 アンソニー・ギャロの目玉(ADIVAかMICRO)を推薦していただいたが,思い切って壁面取付けにしてもいいが,壁の強度に難がありそうなので二の足を踏んでいる。
 そうするとスリムなトールボーイか,コンパクトを机とかラックの上に置くか,迷うところである。
 現在考えているのは,MONITOR AUDIO のRADIUS180(コンパクト型,スタンド付きの中古)かAudio ProのImage40(トールボーイ型,中古)である。
 ついでに格安スクリーンと格安のデータプロジェクターも買って一緒にローンを組んでしまおうかと思いつつ,ローンを組むのは7月以降でないと無理だという現実に気付き,思い留まっている。


一期一会

 大阪の師匠が,「理系・ビョーキ系・手技派をめざす人にささやかな情報提供」ということで,「フリーウェイコッピングソー」という興味深い工具を紹介してくれたので,在庫が少ないとか限定品とかいう言葉にとても弱い上に,理系をめざす文系の僕は,すぐさま東急ハンズのWebShopで注文してしまった。師匠,いつも情報ありがとうございます。
 そういうわけで今見たら在庫は1個だけになっていた。まあ後で補充されることもあるので,古書や中古CDと違って一期一会までのことはないかもしれないが,後で探すのに苦労した経験は多いので,無理をしてでも買っておいたほうが吉であろう。

 探すのに苦労したと言えば,一番最初にJAZZ VOCALに興味を持つきっかけとなったのは,二十数年ほど前に友人宅で聞かせてもらったErnestine AndersonのHello Like Beforeだが,それをきっかけにErnestineのCDを全部集めようとしていた。しかし,デビュー作にして最高の名盤と言われるHot Cargoだけは,ずっと探していたのだが,見つけることができなかった。
 ところが昨年,AMAZONのお知らせメールで復刻を知り,ようやく購入できた。これもWebのお陰だろう。

 聞いてみると確かに良い盤だが,ベスト盤とは思わない。僕にとってのベスト盤はやはりHello Like Beforeである。黒人特有のドスのきいた感じがなく,しっとりと唄いあげる歌唱力は魅力であった。最近は北欧系やPops系VOCALに好みが変わってきていて,あまりCDをかけることはなくなったが,たまにかけるとやはり良い。


4月1日

 毎年4月1日は,エイプリル・フールというより辞令交付の日だ。だから4月は重苦しい。慣れ親しんだ人との別れがあり,新しい人とうまくやっていけるだろうかという不安があるからだ。自分が異動する場合は,これに新任地への不安も重なる。そういうわけで,エイプリル・フールとして楽しめた試しがない。

 でもgodzilla さんの記事には驚かされた。前から脱出願望があるように聞いてはいたが,本当になるとは。これが良い船出になることを祈るばかりだ。

 我が身を振り返ると,45歳のとき内部で転職して,今の仕事は自分に合っているから,次は考えていない。でもかすかな脱出願望は相変わらずある。
「オーディオマニアは,不適応者である。」という説は本当ではないかと,自分を見ても思う今日この頃である。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。