FC2ブログ
長年の趣味であるオーディオを中心に,ジャズボーカルなどなどの音楽,読んだ本や日々の出来事についての雑感などを書いていきます。
長年の趣味であるオーディオを中心に,ジャズボーカルなどなどの音楽,読んだ本や日々の出来事についての雑感などを書いていきます。

オーディオPCメモリー追加とSamplitudeデモ版インストール

 先ほど(3/20の夜)オーディオPCに1Gのメモリーを追加した。相性も問題もなく認識してほっとする。そのとき,ついでに内部ケーブルも目に余るところだけ結束バンドでまとめてみた。

 そしてラムディスク(ソフトはRAMDisk Tweakerを使用)のサイズを1Gにした。これも増加がうまくいかず,一旦アンインストールして再度インストールしてようやく成功。
 近い将来Cubaseを導入するためだが,当面PC_Audioさんお薦めのSamplitudeデモ版をラムディスクにインストールしてみた。これはすんなり成功した。

 音は,今まで使用していたLilithで感じていた僅かな荒さがなくなり,良い意味でまろやかになった。さらに,Lilithだと曲間に無音状態が挟まるため,クラシックなどでは興が削がれたのだが,それもない。これは良いソフトだ。
 ただし設定は少々分かりにくかった。
第1 初期設定
メニューのOptionよりSystemを選ぶと設定ウインドウが表れるので,
⑴ Playback Deviceには「ASIO」を選ぶ
⑵ 私のインターフェース(M-Audio FirewireAudiofile)に合わせて,ASIO DEVICEは「M-Audio FW ASIO」を選ぶ
⑶ Clock Sourseは「See Control Panel」にする(Control PanelをクリックするとM-Audioのコントロールパネルが表れるので,hardwareタブ中のSync Sourceでexternalを選んで,ローゼンダールのクロックをデジタル入力につなぎ,クロックを流入させる。)。
⑷ Device Resolution は32bitにする(24bitでもどちらでも好みの方で良いらしい)→後記のとおりM-AudioFirewireAudiofileの場合は24bitでないといけませんでしたので訂正します。
第2 CD読み込み,曲目選択
 メニューのFile項目の「Load/Import」項目からLoad AudioTrack(s)をクリック→表れるウインドウに,Title(曲番号)をクリック→プレイボタン(右向きの▲)をクリック
 これだけやれば,DTMのための分厚い説明書は読まなくても良い。

追記
 昨日偉そうに書いたのに今日Samplitudeデモ版で聞こうとしたら,立ち上がるし,CDの読み込みはできるが再生ができない。
 しかたなくLilithに戻って聞いている。

再追記
今日,Device Resolution は24bitにしてみたら,無事CDがスタートした。しかし音が出ない。
そこでM-AudioFirewireAudiofileのコントロールパネルを開いてじっくり確認してみると,
mixerタブのspdif rtnのoutではspdが青色(アクティブ)になっていないといけないのが,いつのまにか灰色になっていた。それでspdをクリックすると青色になると同時に音が出た。これで解決である。



スポンサーサイト