長年の趣味であるオーディオを中心に,ジャズボーカルなどなどの音楽,読んだ本や日々の出来事についての雑感などを書いていきます。
長年の趣味であるオーディオを中心に,ジャズボーカルなどなどの音楽,読んだ本や日々の出来事についての雑感などを書いていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


個々の機器(3)プリアンプ

SNOWWHITE

 現在のシステム構成(その1)で触れたとおり,プリアンプにはTRIGON SNOWWHITE(白雪姫)を使用しています。
 これも逸品館のお勧め品です。
逸品館の商品テストや評価,特に他社製品のテストや評価は,お世辞もないし,駄目なものは駄目というので,信頼しています。
 その評価で,約100万円のFMアコースティック“FM155”を超えると評され,加えてリモコンも使えるし,サイズもデザインも好みだったので,試聴無しで決めてしまったのです。

 届いてみると,期待通りの性能,操作性でした。
 特に液晶表示は,消灯するとゆっくりフェードアウトしていき,操作後も同様です。これがなかなか美しい。レベル調整も0-99までと刻みが細かく,希望する音量が指定できます。

 性能については厳密な比較はしていませんが,逸品館の「ソフトで耳当たりがよいけれど、解像度も高い。広がりが豊かで、音場の立体感に優れる・・・私が求めるプリアンプとしてかなり理想的な音質で「何よりも「音楽を楽しく聴ける!」それが一番嬉しい性能です。たぶん、100万円以下の予算でプリアンプを探したら、これ以上に音楽を楽しく聴ける製品はまずないと思います。」という評価は的を射ていると思います。

 唯一気になるのが電源部で,いわゆるACアダプタータイプの別電源なのですが,これ自体プラスチックの一体成形の小型のもので,高級感はありませんし,そこから本体までのケーブルが,細い電話線のようなものなのです。端子はLANケーブルと同一規格でした。
 この電源部を分解して,カテゴリー7のLANケーブルと交換できる技術力をはやく身につけたいものです。

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。