長年の趣味であるオーディオを中心に,ジャズボーカルなどなどの音楽,読んだ本や日々の出来事についての雑感などを書いていきます。
長年の趣味であるオーディオを中心に,ジャズボーカルなどなどの音楽,読んだ本や日々の出来事についての雑感などを書いていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


個々の機器(1) PCオーディオ(その1)

CDプレーヤーの置き換えとして使っているPCオーディオの構成は,先に書いたとおりです。
このうち,まず自作パソコンについて説明します。
この自作パソコン,自作といっても自分の自作ではありません。今年の7月に他人の自作パソコンの中古品をヤフーオークションで入手したものです。2004年ごろ組んだもののようで,構成は次のとおりです。
 ケース=MT-Pro1200
 マザーボード=A-Open i855GMEm-LFS
 CPU=ペンティアムMプロセッサー 1.70GHz
 CPUクーラー= ファンレスタイプ
 メモリー=512Mb(そのうち増強しなくてはなりません。)
 電源=ファントム400350(ファンレス)

 ヤフオクの写真ではイメージできませんでしたが,届いてみて巨大な筐体(高さ46㎝奥行50㎝幅19.5㎝)にビックリしました。
 早速置き場所に困ってしまったのですが,マルチフォーカスチューニングの取材の中で,モノの処分を宿題とされ,随分処分したお陰でスペースができていたので,最終的にはCDラックを移設した後の右壁際に何とか納まりました。

 別に仕事,ネット閲覧用パソコンがあるので,このパソコンはCD再生専用としました。
 LANにもつながないので,ウイルスソフトも要りません(再生ソフトのバージョンアップや曲名の取り込みができないので不便ではあります。)。
 再生ソフトの動作を軽快にするために一般的に言われている方法(XPをクラシックスタートメニューにする/背景をブルーバックから黒バックにする/クリーンインストール/RAM-DISKに再生ソフトのLilithを入れる等)はできる限り行い,コストをかけずにやれる音質対策は施してあります。
 こうした対策には,大阪の師匠をはじめ,多くのサイトを参照させていただきました。ありがとうございました。

 その後やはりヤフオクで玄人志向のNo-PCI+を落札し,装着しました。

 No-PCI+を導入したとき,室内で蛍光灯を点灯するときなど,音楽再生が一時中断するという現象が起きました。No-PCI+のコンデンサーが入って電圧が下がったところに蛍光灯点灯時の高電圧がかかり、気絶したのだと推測しました。電源ラインを考えてみると,容量一杯まで使っているからではないかと思えたので,別室の電化製品の電源を違う系統から取ることにしたところ,この問題は解消しました。

 今後の課題としては,当面は,再生ソフトをCubaseAIかST4.1にする,これに対応するためのメモリーの増強,電磁波対策,ノイズ対策です。
 次の段階として,PCの筐体が弱い感じがするので,ケースを日本バリューかアンテックなどの静音ケースあるいは外国産のHTPC用のケースに交換しようと考えています。この段階はオーディオローンが来年夏に一段落してからボチボチやろうと思っています。

2007.12.13 オレンジ文字部分追加しました。
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。