長年の趣味であるオーディオを中心に,ジャズボーカルなどなどの音楽,読んだ本や日々の出来事についての雑感などを書いていきます。
長年の趣味であるオーディオを中心に,ジャズボーカルなどなどの音楽,読んだ本や日々の出来事についての雑感などを書いていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


マルチフォーカスチューニング

季刊オーディオ・ベーシック誌のマルチフォーカスチューニングという記事は,山本耕司さんとシステムの所有者が協力して音を良くしていくという企画で,とても面白く,前から楽しみにしていた。
時にはスリリングな展開になって,早めに終わってしまうこともあって,それはそれで読者としては楽しめた。新製品を読者に買わせようという企画でないところが特に気に入っていた。

 ちょうどAIRBOWのUX-3SE2やTrigonのSNOWWHITEを導入して,自分のシステムもまあまあになったのではないかという自惚れ(うぬぼれ)が生じていた昨年の9月,オーディオ・ベーシック40号に「マルチフォーカスチューニング希望者募集」という小さな囲み記事が掲載された。

 そこで自分の自惚れが,単に自惚れに過ぎないのか,それともそこそこのものなのか,第三者の耳で確かめてもらい,さらに一緒に音を良くするヒントをもらえればという気持ちで,応募することにした。東京から遠いという不利を自覚していたので,精一杯丁寧に応募の手紙を書き送った。

 そして応募して1月も経たないうちに,金城編集長から採用するというメールが届いた。
 応募者の中では一番遠隔地だが採用するとのこと,嬉しい驚きであった。

 それから約10か月間の激動の日々が始まったのだ。

 マルチフォーカスチューニングの経過については,オーディオ・ベーシック誌41~44号を読んでいただければ幸いです。


スポンサーサイト

お預け

今日は珍しく明日の仕事の準備をしている。
最近仕事が忙しく,土日のどちらかは仕事をする(一日中ではないので念のため)。
しかし平日の夜まで仕事をするのは久しぶりだ。

書きたいテーマはいろいろあるが,今日のところはお預けである。

紅茶好き

もともとコーヒーも紅茶も好きであった。
コーヒーに関してはマニアというほどのことはなかったが,仕事中,やや薄目のストレートを何杯も飲んでいた時期が長かった。

紅茶に関しては,中学の同級生だが成人してから再び親しくなったY君の影響で,一時はいろいろ蘊蓄(うんちく)を傾けられるようになっていた。
独身時代に名古屋に一時住んでいたときなどは,名古屋市覚王山にある「えいこく屋」にもよく通っていた。
Y君は,ティスティング(紅茶の評価)のアドバイザーとして,えいこく屋の荒川さんと親しかった。

その後,Y君は,ネット上で紅茶の取り扱いを始めた。
さらに最近はインドの会社と直接交渉して輸入したり,Tasteaというブランドまで作り,会社化してしまった。

最近はコーヒーが身体に合わなくなってきて,もっぱら紅茶を飲んでいる。
コーヒーを飲むと身体が冷えて,紅茶を飲むと身体が温まるのがはっきり分かるようになって,冷え症の私としては,大食らいの後ぐらいしかコーヒーが飲めなくなったのだ。

私が使っている紅茶は,普段使いのものを除けば,Tasteaから購入しているものがほとんどである。
とにかく美味しいし,同レベルの味の他社のものと比べ安いからである。

よいダージリンをストレートで飲む時間を大切にしている。


電気工作の勉強(その1)


 毎日いろいろなオーディオ系ブログやHPを見て回っているが,そこでせっかく色々なヒントを与えられているのに,理解,利用できない自分の工作力のなさに嫌気がさしてきた。

 そこで少しずつ勉強していこうということで,とりあえずこのを読んでいる。

 大阪の師匠には,アンプのキットを作ってみるとよいと言われているが,当面軍資金がないので,とりあえず知識から入ろうということである。


テンプレートを変えました。

 今までのテンプレートは,公式テンプレートの中では気に入っていましたが,縦長になってしまうので,3カラムのテンプレートを探していました。

 このテンプレートは見やすくスッキリしているので,採用してみました。
 いろいろ試行錯誤していますが,何分初心者ですのでお許しください。



なぜまだDATなのか

 昨日のシステム構成その2で,DATが2台もあるのを見て,なぜ今時DATかと思われた方が多いと思います。
その理由は,昨日も少し触れましたが,CS-PCM(衛星ラジオ放送)=ミュージックバードのJAZZ専門チャンネル「The JAZZ」中の「PCMJAZZ喫茶」を録音するためです。
 The JAZZの番組は,PCMJAZZ喫茶を含めて,1時間又は2時間単位のものがほとんどで,そういうときMDやCDRの74分,80分といった録音時間だとコレクションしにくいからです。今でこそJAZZ喫茶も1時間番組になってしまいましたが,ずっと2時間番組でしたので。

 DATより音質が良く,2時間番組を分割せずに録れて,保存性も良いものが出れば,いつでも替えるのですが。

 PCMJAZZ喫茶,特に安原顕さん存命当時のものについては,あかぎ小次郎さんのHP「JAZZの細道」の人気企画「PCMジャズ日記」に,そのまま記録がされていることは(一部で?)有名ですが,この安原さんと寺島靖国さんのトークにはまってしまい,以来,ほとんど欠かさずDATに録音しているのです。

 残念ながらPCMJAZZ喫茶を知ってから1年ほどで安原さんが亡くなられてしまい,再放送で初めて聞いた回の方が多いのですが,口は悪いけれど,気遣いは十分な二人のトークはとにかくスリリングで,知的刺激に溢れたものでした。

 当時はそのほかにガッツプロダクション笠井代表のJAZZ万歳,寺島さんのインタビュー番組「JAZZ道場破り」と,トークで引きつける番組がJAZZ8(The JAZZの旧名)には揃っていました。
 最近路線が変わってしまい,今や最後の砦(とりで)となったのがPCMJAZZ喫茶です。

 ところで,月2100円でチューナーとアンテナが無料で入手でき,クラシック専門チャンネルを含め全10チャンネルが48K(一部は32K)16ビットとCDより良い音質で聞けるミュージックバードを見逃すのは本当にもったいないと思います。

現在のシステム構成(その2)

 PCオーディオ,ユニバーサルプレーヤー以外の入力機器は次のとおりです。
 ① CS-PCMチューナー MDR-2000
 ② HHD内蔵CDレコーダー ヤマハ CDR-HD1300
 ③ DAT ソニー DTC-ZA5ES
 ④ DAT パイオニア D-5(予備機)
 ⑤ Tuner オンキョー T-425AT

 ⑤のタイマー機能で,①と③(又は②)を連動でオンにし,ミュージックバード・The JAZZの「PCM JAZZ喫茶」をタイマー録音しています。

 数年前,DATの新発売が休止されたので,④1台だけでは不安になり,③を買ったのですが,使い勝手が良いので,逆に④が予備機となりました。

ケーブル,アクセサリーについては別稿で。


現在のシステム構成(その1)

 現在のオーディオシステムの構成をまだ説明しておりませんでしたので,話が分かりにくかったと思います。申し訳ありませんでした。

 それでは,まず全体の構成から。

第1 CD試聴時

CDドライブ PLEXWRITER PremiumⅡドライブケース
↓ IEEE1394接続
自作パソコン(再生ソフトはLilith)
↓ IEEE1394接続
オーディオインターフェース M-Audio FirewireAudiofile
 (「電源は大事」で触れたACアダプターは,ここの電源に使ったのです。)
↓ 同軸デジタル接続
ORTHO SPECTRUM インフラノイズ DAC1
↓ RCAケーブル AET SCR LINE
プリアンプ TRIGON SNOWWHITE
↓ 
パワーアンプ QUAD405Ⅱ
↓ 
スピーカー B&Wノーチラス804

第2 SACD,DVD試聴時

ユニバーサルプレーヤー 
AIRBOW ESOTERIC UX-3SE Supreme Emotion
↓ RCAケーブル=レッドローズミュージック SILVER ONE
プリアンプ TRIGON SNOWWHITE(以下同じ)
です。

それ以外の機器やケーブルについては,次回に。
また個々の機器についてはおいおい書いていきます。



プリンター更新



 一昨日プリンターを購入した。
前のプリンター(CANON BJ-F660)は5年以上使用したので,紙送りが不良になっていた。
年賀状の時期も近づいてきたことだし,替えることにした。

 機種はキヤノンのip4500,プリンター専用機である。
 昨年,ブラザーの電話・FAX・コピー・プリンターの複合機を買ったときの経験からして,複合機はどうも総花的で中途半端な感じがしたので専用機にしたのだ。

 セッテイングしてみると,動作音も静かになっている。CDレーベル印刷とか両面印刷もできるらしいが,使いこなしはこれからである。


電源は大事-PCオーディオ

ACアダプター2



 今日still_crazy さんが,我が家に寄ってくださった。昨日東京出張に行かれたとき,秋月電子で買ってきていただいたDCプラグ変換プラグを届けてくださったのだ。

 先月買った秋月電子のACアダプター(60W級スイッチングACアダプタ 12V 5A )(写真の上のアダプター)は,DCプラグの内径が2.1㎜なのだが,PCオーディオのインターフェースとして使っているM-AudioのFirewireAudiofileのDCジャックは,プラグの内径が2.6㎜だったのだ。何も考えずに購入して挿そうとしたら,奥までいかず,初めて気付いた次第。
 そこで秋月のホームページをじっくり見たら,変換プラグがあった。それでちょうど出張されるstill_crazy さんにお願いしたのだ。

 変換アダプターはバッチリ適合した。最近の愛聴盤アンナケイTSUKIなどをを聴いてみると,低音がしっかりして,細かい音まで良く聞こえるようになり,重心も低くなった。

たった1700円+80円でこんなに良くなるとは。
やはり電源は大事である。
他の感想はここ(11月22日の記事)で。

オーディオ再開とノーチラス804導入

 5年ほど前に,職種が変わり,初めての単身赴任をした。愛知から山口県山口市へ。大いなる不安を抱えての赴任であったが,案ずるより…であった。向こうの職場の人たちは温かく迎えてくれた。

 そのとき当局の都合で,世帯用宿舎を割り当てられた。そこは2階建ての2階部屋だったが,1階は当初空き部屋だった。そこでオーディオの血がうずいたのだ。

 結婚当初の実家での生活ではそこそこ音を出すことができたが,実家を出て宿舎に移って以来,気兼ねしながら音を聞く状態が長く続いた。その間も,オーディオに対する興味はあったが,もっぱら「読むオーディオ」になっていた。

 それが,ようやく,こころゆくまで音楽が聞ける状態になったのだ。
それで,再びちゃんとしたスピーカーを購入しようという気持ちになった。

 幸いなことに山口にはJという専門店があった。家から数キロ先で,自転車しか持っていかなかった私には遠かったが,試聴会に行って店の人と顔見知りになり,CDを数枚持参して,じっくり3時間以上比較試聴をさせてもらった。

 当時気になっていたのが,B&Wのスピーカーだった。最初はノーチラスシリーズなんて高嶺の花ならぬ高値の花で,その下のグレード(たしかCDM-NTシリーズ)を買おうと思っていた。しかし店の人の策略に引っかかってしまった。ちょっと比較してみようとノーチラス804を聞いてしまったら……。もう,これを買うしかないという気持ちにさせられてしまった。

 それにスタイルが好きなのである。これを「チョンマゲ君」と名付けていた人もいたようだが。バッフル以外,角がないラウンドスタイルが先進的だった。ツィーターのノーチラスチューブも好きだった。

 それにしても高い買物である。妻に相談して,「家庭内ローン」を組むことにした。
 きちんと試聴させてもらえたので,いささか値引きは悪かったが結局Jで購入した。

 そして搬入である。マランツの広島営業所の人がセッティングに来てくれた。12畳くらいあるリビングに置いたためか,最初から良い音で鳴りだした。

 あれから5年。
 まだ804は私と共にある。徐々に他の機器をグレードアップしてきたが,まだ804が他の機器に比べて劣るようになった感じはしない。むしろようやく能力を発揮させることができてきたという感じである。
 ノーチラス804君 これからもよろしく。


食わず嫌いは駄目よ。[Rickie Lee Jones / POP pop]

POP pop
ブログのサブタイトルに書いたように,私はJAZZ,特にヴォーカルが好きである(小唄路線)。
しかし,戯れる会の例会に出たとき,このCDを初めて聞いた。
とても良い曲だったので,確かめてみたら,このCDだったのだ。
どの曲だったかは,覚えてはいない。
それで名前を見たらリッキー・リー・ジョーンズではないか。
ポップスの人だと思っていたので,意外であった。

それで後日入手して聞いてみたら抜群に雰囲気が良い。

結局,ある曲がJAZZヴォーカルであるか,ポップスであるかはどうでもいいと思っている自分に気付いた。
ただ,バックがきちんとスイングしてくれれば,もっと楽しくなることが多い。
しかし,Pops系のバックをうけつけないかというとそうでもないようだ。

やはり食わず嫌いは駄目である。

ミドル・リミッターとは

「ミドルリミッター」とは,「ハイエンド」に対する言葉で,「StudioKsで音と戯れる会」で知り合った友人の造語です(もちろんタイトルに使うに当たり,承諾は得てあります。)。

 究極(エンド)を目指すには,資力の制限がある(リミッターがかかっている)し,「ハイ」は無理だから「ミドル」ということです。

 安月給の私にピッタリだと思い使わせてもらいました。
 無理のない出費で,良い音を出そうという心意気であります。

ブログ一年生

 メインの趣味であるオーディオや音楽について,毎日たくさんのブログやホームページを訪れて,多くの情報を得てきた。

 恩返しの意味も含め,私なりの情報を発信すべきではないかという思いが日に日に高まり,何の記念日でもないが,思い切って一歩踏み出すことにした。

 価値のある情報が発信できるかどうか自信はないが,どうぞよろしくお願いします。

 目標はほぼ毎日更新ですが,続けることが自己目的になっても負担なので,公約はしません。

 どうぞお暇なとき寄ってください。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。