長年の趣味であるオーディオを中心に,ジャズボーカルなどなどの音楽,読んだ本や日々の出来事についての雑感などを書いていきます。
長年の趣味であるオーディオを中心に,ジャズボーカルなどなどの音楽,読んだ本や日々の出来事についての雑感などを書いていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


最近のお気に入り

最近のお気に入りの女性ボーカルと言えば、二つ前の記事で取り上げたリリー・アレン。それとFEIST(ファイスト)だ。
リリー・アレンでお勧めだったSomewhere Only We Knowだが、シングルCDのカップリング曲になった。
他のCDも聞いてみたが、悪くはないが、お勧めとまではいかなかった。


FEISTは、その前の記事で取り上げたKING OF CONVINIENCE のCD「Riot on a Empty Street」で2曲ゲストに入っていて印象的だったので、調べてみたところ、カナダの人で(雰囲気はスコットランドかアイリッシュだが。)、カナダでは有名らしい。
それで2枚のCDがセットになったのを買ってみたが、当たりだった。

スポンサーサイト

J-Wave

さて、10月、11月はオーディオイベントの季節で、休みになると出かける日々が続き、書きたいことは増えるのに、書く時間がないというジレンマに陥っていた。
そうしたイベントの記事もおいおい書きたいけれど、とりあえず身近な記事から。

最近StudioK'sの山本さんの影響でJ-Waveを聞きながら料理を作ったり、皿を洗ったりすることが増えた。
ピストン西沢の放送で思わず笑わせられたり、最近のヒット曲を聴く機会も増えた。

そうした中で昨日、ふと心を打たれたのが、リリー・アレンのSomewhere Only We Knowだ。
アルバムの曲ではなくシングルだったので、iTunes Storeでダウンロード購入した。
興味を持つと別のアルバムも聴きたくなるのが僕の性で、下のアルバムを早速注文した。到着が楽しみである。




紅茶と水

IMG_1495_convert_20131010194842.jpg
商談で東京に来ていたTasteaの山口君と会った。
宿泊先が半蔵門駅のそばのホテルだったので、近くのカフェバーに当てずっぽうで入った。
そこで見つけたのがこの照明だ。
前にインテリア雑誌で見かけて、気になっていた照明。
いつかは欲しいけれど、これにあった部屋を構築するのは大変そうだ。
そして、BGMには、最近の愛聴盤KING of ConvenienceのRiot on a Empty Streetが流れていた。


更にメニューには、ヒューガルテン(絶品のベルギービール)がある。
ここまで好きなものを揃えてもらうと、参りましたという感じだ。
店の名前は「HEARTS」という。
また何かの機会に利用したい。

さて、紅茶のプロである山口君の話は、水の重要性というものだった。
確かに紅茶でも、コーヒーでも99%は水分なのだから、考えてみれば当然かもしれない。
軟水というと口当たりがやわらかいのではと思ってしまうが、実は軟水ほど硬く感じるそうだ。
お勧めは和歌山、三重県の水で、特に熊野古道の水、菰野の水が良いそうだ。
その他白神山地の水、立山の水、豊田市の水道水も。
大手ではサントリーの水(取水地が三つある。)の中の大山のものが良いそうだが、関東ではなかなか手に入らない。
あと富士山の水は、井戸によって、地下水の経路の岩質によるのか、味も硬度もバラバラらしい。
アルカリイオン水は、最悪で、紅茶には酸性水が向いているそうだ。
これからは、コーヒー、紅茶には、ミネラルウォーターを使うことにしよう。

リピート

CDをリピートしたまま聞くことが多い。嵌まると何度聞いても飽きない。何度も聞いているうちに、段々ディテールにピントが合ってくる。
聞いていて段々好きになってくるのが本物だと思う。
そのようにして最近お気に入りになったのが、erin mckeownだ。
最初にerin mckeownを知ったのは昨秋オフ会で伺ったWさん宅だった。
戯れる会やオフ会の効用の一つは、こういう自分では見つけられない盤を知る場であることだ。



リピートに耐えないCDは、棚に収まってしまって滅多にきかない。
そうやって考えていくと、こんなに多くのCDが要るのだろうかとも思う。

ところが、自分にはコレクター的なところもあって、ある歌手が好きになると、そのCD全部を集めたくなるのだ。
あと一枚とか二枚がなかなか手に入らない場合、執念が生まれる。
そしてようやくコンプリートした場合、手放し難くなる。
Meredith d'Anbrosio(メレディス・ダンブロージオ)などその口である。

私はジャケット写真につられてCDを買うことも多い。
ところが、残念ながら、良い写真のCDの歌手が、マンネリにならずに、良いCDを出し続けることは少ない。
同じ調子で同じような曲想の歌ばかり歌っていては、飽きるなといっても無理である。
しかし、Meredith d'Anbrosioのジャケットは、絵がほとんどである。
昔から活動しているので、今は本人は妙齢の女性だが、以前からジャッケット映えしないことを認識しているのだろう。
それでもMeredith d'Anbrosioを買ってしまったのは、決して上手いからではない(ヘタウマの範疇だろう。)。その素朴な飾らない声に惹かれたからだ。
有名な歌手とは言えないかもしれないが、手に入れて一度聞いてみてほしい。
一人でじっくり聞くと心に染み渡る。

今手に入るCDを下に並べておく。ここに掲げた以外は、結構高額になってしまっている。


どうもmono-monoさんのブログを見に行った後は、ついついスタイルを無意識に真似してしまうようだ。
それだけすぐれた文章だからだが。お許しください。






河村尚子リサイタル(11月25日)

hk

 というわけで,去る11月25日に行われた河村尚子の名古屋リサイタルから。
 Kapellさんが一押しの河村尚子であるが,私のクラッシック鑑賞力が不十分なせいか,実は2枚買ってあるSACDからは,その良さが伝わらなかった。うまいことは分かるのだが,それ以上ではなかった。しかし,ライブはCD以上だと聞いていたので,それを確かめたいという気持ちがあった。そして職場のクラシック好きの友人を誘って出掛けた。
 当日のメモには,「正確なピアニズム,深い響き。しっかりとした低音に,華麗な高音,JAZZ的に言えば,ドライブ感たっぷりで,乗りもよい。アンコールは,3曲も。
 女性だからというエクスキューズが一切不要な,力強さ。しかし,それをひけらかすのではない。
 ピアニシモでは,コントロールして繊細に弾くが,フォルテになると,抑えていた情熱が迸るようだ。」とある。
 この人のライブは,聞き逃せない。






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。