長年の趣味であるオーディオを中心に,ジャズボーカルなどなどの音楽,読んだ本や日々の出来事についての雑感などを書いていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


謹訳源氏物語(林望)

 仕事始めから2日目だ。昨日(4日)は道も電車も空いていて,普段と同じ時刻に出発したのに,20分ほど早く職場に着いた。しかし,今日は普段通りになっていた。

 前回書いたEvernoteのWeb版の件だが,職場で確認すると,Evernoteのサイト自体がセキュリティーポリシーにより閲覧禁止サイトになっていて,見ること自体できない。私の目論見は不発に終わった。

 1月3日に久しぶりに横山信義の仮定戦記物(鋼鉄の海嘯/南洋争覇戦)を買ってしまった。読み出すと止まらないのは相変わらずだが・・・。太平洋戦争について,日本の失敗を分析し,もしそれが違う方向であればどうなったかをシミュレーションするというスタイルは変わらず,それがマンネリ感を招いている。
 しかし,過去の敗北・失敗を分析するのは正しい方向だ。失敗に目を瞑り,原因の分析を怠ると,同じ失敗を繰り返すことになる。議論自体を避けるのは言霊主義で,良くない。議論をしないから,ポリシーも一貫せず,それが外交での失敗を招いている。

 本と言えば,ブログを書かなかった11月下旬から12月中旬の期間に読んだ中で,一番楽しめたのは謹訳源氏物語(林望)だ。品格を保ちつつ,意味を変えないようにしつつ,現代語で新しい源氏を創造したと言ってもよい。歌の部分は,原文と現代訳が並べられているが,本文には注が全くない。それで意味が分かるように文章が練られているということだ。
 歌の部分はお風呂で声を出して読んだが,それで本当に味わえた感じがする。意味と発音を十分に知悉しつつ,同じ発音の別の言葉の意味を重ね合わせる「究極の語呂合わせゲーム」と思えた。
 そして,露骨な書き方は一切してないが,性的な想像力をかき立てるという意味で,世界最古のポルノグラフィーともいえる。現在4巻まで刊行されているが,次が楽しみなシリーズである。
 製本も,「コデックス装」という開きやすい綴じ方で,書誌学者の面目躍如たるものがある(僕の文体までリンボウ風になってしまった。)。文庫になるとこういう味わいは出せないと思うので,これは単行本で味わってほしい。



スポンサーサイト

正月のパターン

 今日は,妻と実家へ日帰り。車で40分ほどの距離である。実家の近くの菩提寺に墓参してから実家へ。両親と一緒にサイゼリヤで食事をしてから,いつもの如く家電の修理屋さんをやる。今回は各種デジタル時計の時刻合わせ,電池の交換など。妹ら夫婦が機械に暗いせいか,僕がその担当になっている。
 そして自室の本を3袋ほど持ち帰った。年月を経ると陳腐化する情報を載せた雑誌とか,興味が他に移ったため不要になった本や雑誌がそこそこ出てきたので,資源ゴミ回収に出すことにした(古い上に変色していて,売れそうにない。)。
 前回同じようなことをした後で,アレルギー症状が出たので,今回は完全武装(マスクと軍手)で臨んだ。お陰で,症状は出ていない。

 夜,「アスキー.PC」(ドットピーシー)2月号の付録の「クラウド大活用事典」を読んだ。ツイッターやエバーノートについて,新しい知見があり,得るものがあった。
 エバーノートは,Web版が,ソフトをインストールしなくても使えるようになったことを知った。つまり,ソフトのインストールが禁止されている職場のPCからも使えるということだ。これは嬉しい。それとToDoリストの作り方も分かった。
 ツイッターは,お気に入り登録ができることは知っていたが,その一覧を見るやり方を知らなかったのだが,それが分かった。
 ほかにもグーグルのGメールやカレンダー,検索,マップ。ユーストリームなど最近のトレンドは一通り解説されているので,使えるかどうか,じっくり読んでおこう。
 実はグーグルカレンダーは,まだ使っていない。現状では,カレンダーを使うような仕事場の他のメンバーとの共同作業もないからだ。使うとしても,せいぜい,職場で仕事の予定を書き込み,自宅で私用を書き込んで,それが連動できるという程度の利用方法になるだろう。Gメールは,PCが不調のときのバックアップとして有用かもしれない。

もう2日も終わってしまう。ああ,もう明日で休みが終わる。




青い薔薇

bara

 さて我が家に珍しいものがやってきた。青い薔薇である。先日限定発売されるとメールニュースで知り,薔薇が好きな妻へのサプライズプレゼントにしたのだ。実際は好奇心を満たしたい気持ちが主だったが。天然には存在しない青い薔薇をサントリーが開発したというニュースは以前見たことがあった。

 花言葉も知らずに買った青い薔薇だが,調べてみたら,開発が実現する前は,「不可能」「ありえない」だったが,実現してからは,「奇跡」「神の祝福」に変わったという。
 良いことも,悪いこともあった今年だったが,これからの一年が不可能を可能にする一年,神に祝福された一年になりますように。

 そして皆さんご無沙汰いたしました。例の如く筆が重くなってしまい,間が空いてしまいました。その間に書き残したいことはいくつか溜まりました。時間を空けると,日記的に書き散らしてしまう雑多なことは記憶から消えてしまい(老人力でしょうか),残したいことだけが残ります(もっともEvernoteのお陰で,雑多なことも記録されて私的には残っていますが。)。
 そのようにして残ったことを少しずつ,できれば間を空けずに書いていこうと思います。これからもよろしくお願いいたします。


継続は力なり。

 さてさて,ご無沙汰してしまいました。書かなければ書かないほど,筆が重くなるもので,前のように気軽に書けなくなってしまいました。

 他にも理由があります。日記的なメモは,Evernoteに書いて満足してしまいます。Evernoteは超便利で,出先ではiPhoneから,自宅ではPCから書き込めて,同期するし,Webのページも取り込んでメモできるしで,ブログをメモ代わりにする意味が薄れています。ちょっとした感想とかで,共有したいものは,ツイッターにあげておいて,これもEvernoteに転送できます。Evernoteは,タグの付け方さえ自分のルールをしっかりしておけば,後で検索するのも容易です。データベース代わりにも使えるのです。

 そうすると残るブログの意味は,ツイッターのような短文(140文字以内)では表現しにくい,ある程度のボリュームのある記事を書けるということと,ツイッターだとTL(タイムライン=自分がフォローしている人たちのツイートが時系列で並ぶもの)の中で埋没してしまい,少し古くなると見るのも困難になる状況から逃れられることでしょうか。

 最近,ツイッターを見ていると,フォローしている人を多くしすぎたのか,読み切れないと感じてしまいます。実際,平日は電車の中でTLを見ていますから,何とかついていけますが,土日など,活発な議論には置いてけぼりです。
 幸い,私が使っている「ついっぷる」には,フィルター機能があるので,特定のツイートが多すぎる人をいったん見えないようにできるのですが,TLを発言数の多い人が埋めてしまうのは,ツイッターが本来想定していた使い方と違うのではないでしょうか(これが本来の使い方だという納得できる説明があればご教示ください。)。

 そしてもう一つの理由として,平日5日のうち,原則3日はスポーツクラブへ行くので,そして行くと2時間強時間を取られるので,時間が足りないということもあります。

 そして仕事の方も,時々ですが持ち帰りはあります。正直夏までより少し楽になったのですが,持ち帰りゼロとはなかなかいきません。

 そうはいっても,これはブログに書いておきたいという出来事もいくつかありますし,これからもあるでしょうから,このブログは続けていこうと思います(Mr.T2さんの継続力には脱帽です。)。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。