FC2ブログ
長年の趣味であるオーディオを中心に,ジャズボーカルなどなどの音楽,読んだ本や日々の出来事についての雑感などを書いていきます。

一段落

 昨日で仕事関係の行事も終わり,役目も果たせたので,肩の荷が下りた。
 夜は懇親会があったが,料理そのものは悪くないのだが,店側の段取りが悪く,ご飯を食べ終わるころにみそ汁がきたり,お茶が冷めていたりと,こちらが気をつかってしまった。

 飲んだ帰りは,つい買い物をしてしまうのが常だが,たまたまブックオフでCDバーゲンをしていたので,クラシックのCDを5枚購入した。
 タイトル,演奏者をメモしておく。
 ○ モーツァルト 交響曲35番,36番,39番/パイヤール指揮,イギリス室内管弦楽団
 ○ ベルリオーズ 幻想交響曲,序曲ローマの謝肉祭/ミュンシュ指揮,ボストン交響楽団
 ○ ショスタコービッチ 交響曲5番/ロジェストヴィンスキー指揮,ソビエト国立交響楽団
 ○ ブラームス ピアノ協奏曲2番,リスト ピアノ協奏曲1番/ルービンシュタイン(P)オーマンディ指揮,フィラデルフィア管弦楽団ほか
 ○ ベートーヴェン ヴァイオリン協奏曲/レオニード・コーガン(Vu)パーヴェル・コーガン指揮,交響楽団

 今日は,先週雨でやれなかったテニスを。顔から汗が噴き出す高湿度だったが,気分転換にはなった。5時までなのだが,4時55分に急に大雨に。もともと大雨の予報が出ていて,やれたこと自体ラッキーだったので,文句は言えない。
 ちょうどクラブハウスでセールをやっていたので,ガットを購入した。高価だがフィーリングの良いBabolatのナチュラルガットだ。使用中のガットのフィーリングがあまり好きでないので,そのうちに変えようと思う。

 キット屋さんの店主日記で知ったのだが,Stereoの7月号に,何とスピーカーユニットのキットが付録で付くという。早速夕方未来屋書店に行ったら,まだ在庫があったので,買い求めた。
 定期購読を止めたStereoだが,こういった良い企画をしてくれるなら,また考えたい。たとえば,アクセサリー関係(CDスタビライザーとか,薄型インシュレーターとか,接点復活剤とか,薄いものだと流通しやすいのでは。)とかはどうだろう。CDはAB誌が付録にしているので,同じでは芸がない。
 もうひとつ,以前あった面白い連載(音の館,PCMStereo探検隊等)に匹敵する連載がほしい。唯一の月刊誌であるから,SJのようにつぶれてほしくはない。

 さてSJだが,とうに読まなくなっていたが,保守的なJAZZファンを相手にこのまま続くのかと思っていた。
 それにしても,いきなり休刊せずに,季刊にするとか,方法はなかったのだろうか。理由が広告の減少というが,部数が出れば広告に頼らないやり方もあるだろうに。
 もっとも,いつまでもワンパターンでは駄目で,時代と並走する姿勢がないと,いつかは同じことになるだろう。

 明日は名古屋ブルックナー管弦楽団の第16回演奏会(於 愛知県芸術劇場コンサートホール)に行く。知人が出ているのだが,ネットでサーチしたところ,レベルの高い楽団のようで,楽しみである。
 久しぶりに大学時代の友人とも会えるのも楽しみである。まあお互いいいトシになっているわけだが。うまくトシをとっているだろうか。


ご無沙汰しております。

 さて、ようやくPCへのソフトウェアの再インストールも進み,こうしてブログも書けるようになってきた。
 とはいえ,まだ一太郎の単語辞書(自分で作った分)とか,メールのアドレス帳(PCの中のどこにあるのか,探索中)とか,ファイアフォックスのアドインとかまだインストールできていないものもいくつかある。

 SSD導入で,とにかくストレスという面では,大幅減少である。ただでさえ静音対策がしてあったオリオスペックのPCであるが,HDDのCドライブをSSDに,Dドライブをノート用の音の静かな2.5InchHDDに変えた結果,正にほとんど無音(PC自体にはファンは,ケースファンとチップセット用4㎝ファンが各1個だけで静音タイプ。耳をすませば音はするが。)になり,起動やソフトの立ち上げも迅速になった。

 ところで,SSDも2.5InchHDDもSATA接続なので,マザーボード上の2個しかないSATA端子を使い切ってしまった。そうするとSATA接続のDVDドライブが繋げない。そこで,山本さんお勧めの外付けDVD=パイオニアDVR-X162Jを購入することにした。なるほどアマゾンでは倍以上の高価になっていたが,幸いPCデポでまあ安いものが見つかり,注文した。
届いたのが5月29日である。
 以前のDVDドライブと違い,DVD再生をしていても,気になるほどの騒音ではない。iTunesへのリッピングも速度の上限を設定すると,それほど五月蠅くない。
加えておまけのソフト(CyberLink DVVD Suite8)で,DVDも読めるし,いろいろできるようだ(まだ詳細は調べていない。)

 さて書かないでいるうちに,色々読んだり,届いたりしたので,備忘録として日付順にメモを。☆は行動関係,○は購入関係である。

5/18
 ○SSDが届いた日だ。
 ○シベリウスの交響曲5番6番(コリン・デイビス+LSO)も届いた。シベリウスの叙情性と哀愁のある旋律は,好みに合う。
5/17-21 ☆この週は,3回スポーツクラブに行けた。
5/22 ☆久しぶりに友人とテニスを。暑かった。
5/24-26
 ☆職場の健康診断だが,大所帯のせいか,血液検査,肺のレントゲン,心電図が別々の日で,とても手間がかかった。効率的とも思えない。
5/27 
 ☆天竺熱風録(田中芳樹著)読了 傑作とまでは言えないが,佳作ではある。
 ○ソフマップ名古屋駅なか店にて2.5InchHDDとマウンター購入
5/28 ○外付けDVD=パイオニアDVR-X162J到着
5/29 ☆SSDのインストールようやく成功
6/1  ☆スポーツクラブへ。
6/2  
 ☆スポーツクラブへ。
 ○Ubuntu マガジン4購入。
 ○ブックオフにて建築家からの贈りもの(芝田宏明著),三匹の子ぶたが間違っていたこと(田鎖郁男,金谷年展著)購入。
6/3~7 
 ☆歯が浮いて頬が腫れ上がってしまった。痛み止めを飲むと4時間は持つが,それが過ぎると寝ていても目が覚めるほどの持続的な鈍痛。6/4の金曜日は抜けられない仕事があったので,痛み止めを飲んで,何とか終了。掛かり付けの歯科医に頼み込んで,夕方診療を受けた。そのときにも言われたとおり,痛みは続き,4日分の痛み止めを使い切るときにピッタリ痛みはおさまった。4日分の痛み止めは,ピッタリ賞であった。原因は親知らずかと思ったら,噛み合わせの問題らしい。そういえば3年ほど前にも同じ症状に見舞われたのだった。
6/4 ○DVDのだめカンタービレ最終楽章 前編(長ったらしい名前)到着
6/5 ○野望円舞曲9(田中芳樹著)到着
6/7 
 ○HMVより下記CDが届いた。
 Jasmine/Keith Jarrett+ Charlie Haden
 Swedish Lullaby/Sidsel Storm 
 ショスタコーヴィチ::交響曲第7番/ヤンソンス&コンセルトへボウ管
 チャイコフスキー:交響曲第4番/イヴァン・フィッシャー&ブダペスト祝祭管
6/8 
 ☆Teasteaの主催者Y君と久しぶりに源で会う。早期退職して,Teasteaに専念するとのこと,成功を祈念している。お勧めの紅茶を2種類購入。確かに美味である。
6/9 
 ☆スポーツクラブへ。
 ○オーディオ・ベーシック,男の隠れ家増刊「音楽の空間」,WinPC7月号を購入。
6/12 
 ☆歯科医院へ。庭に除草剤を散布。
 ○MJ無線と実験7月号,パソコンの自作 夏号,WINDOWS100%7月号を購入。
6/14 ☆スポーツクラブへ。
6/15 
 ○日経PCビキナーズ7月号 特集タイトル「Cドライブの快適化」に惹かれて購入 おまけのCDROMが良さそう。
 ○HMVより下記CDが届いた。待ってました。
 Attitude & Orbit Control/Jeanette Lindstrom
 カルロス・クライバー/DG録音全集
 フィッシャー=ディースカウ/グレートEMIレコーディングス
6/16 DIME13号購入 今号は久しぶりのハズレ(あくまで僕的に)だった。




オフ会の余韻

 (オフ会の感想は土日にじっくり書きます。)
 無事オフ会も終えて,オーディオ関係も(少しは)意欲が出てきた。
 目の前には,CDドライブ(Premium2)が分解したまま放置してある。この機会に少しは手を加えようと思ったからだが,かといってすぐに手をつけるでもなく,まだ考えているだけである。
 もともと前に大天使心得さんの指導の下でIEEE変換基盤用クロックを付け替え,次にjillart さんの指導の下でPremium2用クロックを付け替え,その後通常ドライブケースからhamondさんの方式にヒントを得てコーリアン板で上下をサンドイッチするスタイルに(初めて自力で)変更し,絹巻き+カテゴリー7LANNケーブル使用IEEE1394自作をしたところで力尽き,満足してしまって手を加えることもないままになっていた。
 今回三島のKさんが興味を持たれていたので,どのような工作か説明するため分解したわけだ。

 前からの課題といえば,クロックの電源部に,コンデンサーをパラレルにすることとか,貧弱な電源配線ケーブルの強化交換とか,Premium2用クロックを入れたケースを,ドライブケースと一体化するとか色々あるのだが,全て課題のままになっている。今年の夏休み(あるいはそれまで)には,この辺りもやってみたい。

 ところで,昨日届いた本が2冊。畠中恵の「ちんぷんかん」と「リスニングルームの音響学」(石井伸一郎著)だ。いわゆる石井式とサーロジック式とでは,直感的には?-ロジックの方が好ましく感じているが,石井式のアプローチ方法を理解しておくのも意味がないことでもないだろう。



 そして今日は朝キヨスクに寄ったとき,SSD特集をしていた日経PC21とブルータスの居住空間学2010を購入。帰路,定期購読のMJを取りに行くついでにダイムとトランジスタ技術を購入と,色々散財してしまった。めったに買わないトランジスタ技術は,電源設計特集ということで,資料的に使えそう(今すぐにはともかく)な気がして買っておいた。

☆ 通勤で読んでいた畠中恵の「まんまこと」と,先日来風呂で読んでいた荒俣宏の「新帝都物語 維新国生み篇」をたまたま同日に読み終えた。畠中恵は,文章がうまい上に設定も結構奥深い。新帝都物語は,ちょっとストーリーがぶっとんでいる。


思わぬ出物

 今日は,思い切って午後から休暇を取った。名古屋駅で,家の用事を済ませて,近くにあるバナナレコード名古屋店に寄った。先日買ったLP用に,ビニール袋を買うためだ。といっても,行けば行ったで,結局掘ってしまう。
 今回は,思わぬ出物があった。それはEXTONレーベルの,マーラー6番(ズデニェク・マーツァル指揮:チェコ・フィル)だ。このソフトは同じ音源を,SACDマルチとDVD-Audioでそれぞれ録音したもののセットなのだ。SACDは1,2楽章と3,4楽章が別ディスクになっていて,DVD-Audioは1枚で全楽章だ。計3枚がセットなのだ。
 この二種類でどのように音が違うだろうか,興味津々である。

 ところで,調べて見たら,マーラーの3番も同じ形態で出ているようだ。いつか入手しなければ。

 実は先日「究極のオーケストラ超名曲徹底解剖66」というMOOKを買った。相当期待していたのだが,ちょっと想像と違っていた。
 レビューには,「簡潔なアナリーゼと名盤紹介」とあった。しかし,これが「アナリーゼ」だとしたら,ちょっとついていけない。楽譜を持っていれば,例えば「第134小節から加速し」と書いてあってもチェックできるかもしれないが,そこまでしないと楽しめないのだろうか。
 もちろんディープに楽しむことを否定するものではないが・・・。
 名盤紹介も,もう少し的を絞って欲しかったところだ。





週間出来事メモ

 昨日イレギュラーな記事を書いてしまったので,それ以外のことをメモしておく。
☆ 僕の仕事は,ある意味受け身で,山あり谷ありなのだが,ここのところは,ずっと高原状態が続いていた。ところが,先週を境に,谷の状態になってきた。この土日は久しぶりの持ち帰り仕事無しである。
 あれもやりたい,これもやりたいと思いながら手付かずだったことは山ほどあるのだが,腰が重い僕は,なかなか着手できずにいる。せめて本ブログのペースはもう少し上げたい。

☆ 3/25
 谷甲州の覇者の戦塵シリーズ最新作「マリアナ機動戦2」が届き,翌日読了した。通常年1作のペースが,今回は7か月で刊行されて,待たされた感が少なかった。
 話の内容に派手な動きはないが,「あの大佐」もチョロリと顔を出すし,甲州節(工学的・産業的観点からの戦争進行)は,健在であった。

☆ 3/26 
 3枚のSACDが到着した。ようやく,というか意外と早くというか,マイケル・ティルソン・トーマス(以下「MTT」)指揮サンフランシスコ交響楽団のマーラーの交響曲1番と4番が届き,これで1~10番と大地の歌が揃った。もちろんまだ聞いていなくて,iPhoneに入れただけである。
 次は,友人お薦めのラトル指揮ベルリンフィルのマーラーも聞いてみたい。
 一緒に,ゲルギエフ+キーロフのショスタコービッチSym1+15も届いた。
 
☆ 昨日(土曜日),久しぶりに妻とリサイクルショップに行った。今回は気力があったので,LPをチェックできた。成果は7枚。割引券を使って1枚当たり270円。ただし,状態は期待できない。えさ箱を漁っていると手が埃だらけになるほどだから。水洗い必須である。
 タイトルとアーティストを備忘録として挙げておこう。
1 ショパン:ピアノコンチェルト1番/中村紘子+LSO(ロンドンフィル)
2 ベルリオーズ:幻想交響曲/ユージン・オーマンディ+フィラデルフィア管
3 ブラームス:交響曲1番/カール・ベーム+BPO(ベルリンフィル)
4 バッハ:管弦楽組曲2,3/リヒター+ミュンヘン・バッハ管弦楽団
5 チャイコフスキー:交響曲5番/スベトラノフ+USSR STATE S.O.
6 SIGN OF THE TIMES/ボブ・ジェームス
7 愛の余韻/ジャニス・イアン