長年の趣味であるオーディオを中心に,ジャズボーカルなどなどの音楽,読んだ本や日々の出来事についての雑感などを書いていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


もう5月

 書こう書こうと思っているうちに5月である。
 前回以降の特記事項を備忘録として書いておこう。

4/23 風邪か花粉症か分からない症状が出始めた。普段の風邪ならば,喉が痛くなって,それから熱が出るというパターンなのだが,今回は鼻水から始まった。

4/24 風邪気味なのに天気の良さに誘われてテニスに行ってしまった。終わった後,参加者とクラブハウスでビールを。昨日は寒くてビールという雰囲気ではなかったが,今日はビール日和だった。ギネスがないのが残念だったが。
 
4/25 今日は,二度目の「のだめ」鑑賞。今回はあまり発見がなかった。
 戻ったらメール便が届いていた。中身はPCオーディオfan2だ。発売前に予約しておいたのに,発売日の3日も後に届いたのだ。これでは予約した意味がない。
 中身が濃そうで,全部熟読するのには時間がかかりそうだ。付録のMAレコーディングスの音源も良さそうである。



4/26 昨夜は鼻が詰まって寝付けず,体調最悪であった。司会をする予定の勉強会もやむなく欠席した。夜は市販薬を飲んで早々に就寝。

4/27 職場の医務室で診察を受け,薬をもらった。これが実に良く効いた。

4/28 ☆PC自作・チューンナップ虎の巻20092010が届いた。☆ブックオフにトランジスタ技術のバックナンバーが出ていたので,見ていたら,電源回路設計Q&Aが載った2009年9月号があったので購入した。☆神林長平の「蒼いくちづけ」を読み終えた。

4/30 のだめカンタービレ(コミック)24巻を入手し,読み終えた。サイドストーリーだが,1巻完結ではなかった。R☆S版のオペラに挑戦といったお話だ。

5/1(本日)連休の1日目は,車検の予約をして,買物に付き合い,明日両親が来るので,部屋の片づけを少ししただけで終わってしまった。この調子だとあっという間に連休も終わってしまいそうだ。


スポンサーサイト

のだめカンタービレ 最終楽章 後編



 少し前のことになるが,公開初日の17日に「のだめカンタービレ 最終楽章 後編」を妻と見た。
 以下は,ネタバレがあるので,未鑑賞の方はご注意を。
 とにかく期待以上だったことは言える。もう一度見ようと妻と話している。

続きを読む

冬休み

 オヤイデへの注文は,幸いにも在庫があったようで,今日発送したとのこと。これでこの休みのネタができた。
 そろそろ種明かしをしておくと,iPhone関係の小物とは,「HPC-D3.5 ポータブルアンプ用 オリジナル・ドックケーブル」である。これでiPhoneのヘッドホン端子の可変抵抗をスルーできる。
 近い将来には,
iPhone

オヤイデHPC-D3.5ドックケーブル

FiioE5 ポータブルアンプ

ヘッドホンaudio-technica ATH-CK90PRO
で,一応の完結とする予定である。だが,このヘッドホンは,取り寄せが1~3週間かかるということで,完結形は先の楽しみになりそうだ。

 今日は,日中は資源ゴミを回収所に持ち込んでから,ちょっとした買物をして家に戻った。夕方,ブックオフオンラインから荷物が届いた。本が2冊「火星のアトランティス2」(荒巻義雄著),「ついこの間あった昔」(林望著)とCDが1枚「新世界から」(ケルテス指揮ウィーンPO)だ。
 ケルテスは,エソテリックでSACD化されたことで,名前だけ知っていた。クラシックは,まだまだ知らない曲ばかりなので,少しでもレパートリーを広めたい。
 そしてまだ読み始めたばかりだが,「ついこの間あった昔」は,自分の生まれ育った昭和30年代には無くなりかけていた風景,記憶からはほとんど薄れている風景がそこにある。これは楽しめそうだ。

 そして夕食後,「のだめカンタービレ最終楽章 前編」を見に行った。二度目である。
 今まで同じ映画を繰り返し見ることはほとんどなかった。記憶にあるのは,ダ・ヴィンチ・コードぐらいである。この映画は少々難解だったので,再度見てようやく十分理解できた。
 「のだめ」の場合は,ディテールを楽しむのと,別の劇場の音響システムで音楽を聞くために見たかったのだ。漫画で予習してあるためか,新しい発見はそれほど多くなかったが,演奏場面は,さらに理解できるようになった。
 一つ文句を言うと,最初の楽友協会でのシーンは,もう少し豪華な内装の雰囲気が分かるようにしてほしかった。せっかく運良く撮影を許されたのだから。







音信不通あるいは

 音信不通あるいは消息不明と書かれても仕方がないほど間が空いてしまいました。その間見に来ていただいた皆様,申し訳ありません。
 言い訳になるので,事情は書きませんが,ようやく仕事も済ませて,忘年会もあと1本,28日を有給休暇にしたので,人様より早く冬休み入りで,書く余裕が出てきました。

 この間の動きとしては,
10日,11日,18日,25日,明日:忘年会
8日,16日:仕事関係の研究会
21日:「10年後も「定番」 いい音を選ぶ4」(MOOK21 オーディオ・ベーシック別冊),「たのしくできるやさしい電源の作り方」が届いた。
22日:「のだめカンタービレ最終楽章 前編」を妻と見に行った。
同日:「敵は海賊・短編版(神林長平著)を購入した。発売になっていたのに見落としていた。なんたることだ。
23日と本日:年賀状作成
といったところ。

 「のだめ」は,(家に完璧なサラウンド環境がある人は別として)ぜひ劇場で見るべきだ。前編なので,完結型ではないのだが,序曲1812だけでも見る価値がある。映画の演奏シーンで感動させられるとは思わなかった。

 さてボーナスの分け前は各種借金返済で跡形も無く消え去り,僅かに残った金額では大したこともできない。

 今考えているのが,ヘッドホン購入だ。ずっと候補はaudio-technica アクティブノイズキャンセリングヘッドホン ATH-ANC7bだったのだが,現物を見たところ厚さがありすぎて,ちょっと通勤電車で五十男がしているのは絵にならない。また音漏れについて否定的な評価も目立つ。実は音はとても良かったので残念だが。
 そこでインナーイヤー型で,実売価格が安く,評価が高いaudio-technica ATH-CK90PROが第一候補となった。まもなく注文することになるだろう。エージングが二百時間必要とのコメントも見かけたので,しばらく評価は保留することになる。
 もう一つiPhone関係の小物も考えているが,これは通販だと送料が本体価格の半分近くかかるので,他のものと一緒に注文したい。どれと一緒に頼むかで迷っている。このあたりは届き次第報告する。

 次はそれほど間を置かずに書けそうなので,乞うご期待








メイキング・オブ「のだめカンタービレ」とノーチラス

 今日は,両親が来宅したので,一緒に昼食をしてから,携帯電話の機種変更に付き合った。2年経ったので,安い料金プランに変えたいということだった。実際,月々1000円ほど安くなった。いざという時のお守りなので,一番安い料金プランで十分だった。。

 「のだめ」のメイキングだが,今日見ていたら③と④がアップされていた。





 ところで,昨日のメイキング・オブ「のだめ」だが,その①を再度見直したとき,アビーロードスタジオのシーンで,編集スタジオからの映像の中で,モニタースピーカーが映っていたことに気付いた。本当にB&Wノーチラス801だった(7分52~56秒)。804を使っている私としては嬉しい。スタジオがそう簡単にモニタースピーカーを入れ替えることはないのだが。

 今日ブックオフオンラインから長岡京室内オーケストラの「ブリテンとラテン」が届いた。届いたのはCDだった。私のミスなのだが,SACD(ハイブリッドでないタイプ)とCDが別々に発売されていて,私はSACDと思いこんで注文してしまったのだ。別にSACDを買うと,本当の意味での比較が出来るから,丸損ではないと自分を慰めておこう。iPhoneで聞いてみて,気に入ったとしたらSACDも買おう。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。